FC2ブログ
素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

妄想組写真 天空の城編


ryuunosu_06.jpg


幻の天空の城を求めて

ラピュタはきっとある




ryuunosu_07.jpg


いざ大空の彼方へ テイクオフ



ryuunosu_08.jpg


見晴らし良好 しかし進路の先には...



ryuunosu_02.jpg


あれは低気圧の中心? いや竜の巣だ!

ラピュタはあの雲の中にあるんだ



ryuunosu_09.jpg


背後には飛行戦艦ゴリアテが迫る



ryuunosu_05.jpg


嵐の中を不時着 そこで見たものは



ryuunosu_04.jpg


廃墟と化した文明の跡



ryuunosu_03.jpg


主のいない無人の遺跡は植物に支配されていた



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


と妄想はここまで お付き合いありがとう御座いました


先日ラピュタに出てくる竜の巣のような積乱雲を撮影できたので
小生が過去に撮ったそれらしい写真を組み合わせて繋げてみました

写真1 浜松エアパーク
写真2 浜松エアパーク
写真3 帰省の際に利用したFDAからの景色
写真4 愛知県豊田市より岐阜方面に発生した積乱雲
写真5 三笠公園にて戦艦三笠
写真6 神奈川県猿島
写真7 愛知県豊田市 百々貯木場跡
写真8 熊本県天草 西平椿公園のアコウの木


さすがにロボット兵の写真の在庫までは有りませんでした...

スポンサーサイト



2020-08-30 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

雲わく夏の午後

sekiranun_001.jpg


11日、小生の住む地域では一日中夏空が広がっていました
窓から遠くの空をみると立派な積乱雲が!

この時点で15時前、気温も37まで上昇していたが、何か目的を持って外出しないと
一日中自宅で過ごす事になってしまう、せっかくの夏休み休日の浪費は嫌だ!
と言う事で入道雲を撮影するだけのために炎天下の屋外へ
暑い中でデカい一眼レフを振り回すのも苦痛なのでフットワークの軽いG1X Mark IIと
PEN E-P3を持って車で近くの展望台、次いで河川敷へ向かいました


sekiranun_002.jpg


展望台で周囲を見渡すと名古屋から瀬戸方面そして猿投山にかけて
一面に積乱雲が沸き上がっていました
上の写真はE-P3で撮影したもの、知ってる人が見ればすぐに分かると思いますが
赤外線写真です。E-P3は赤外線領域が撮影できるように改造してあります
青空を背景にした入道雲は夏らしくて良いですが、この季節の積乱雲そのものの
迫力を楽しみたいので今回はモノクロを前提とした撮影です


sekiranun_007.jpg
比較写真(以前に別のカメラで撮影したもの)


赤外線領域の撮影では空は黒く逆に雲は白くコントラストが強調された描写となり
積乱雲の撮影に最適です。また最大の特徴として光を受けた植物の葉が
まるで雪が積もったかのように白く写ります


sekiranun_003.jpg


冒頭の写真のモノクロ変換トリミング&明暗強調

赤外線写真を紹介しておいてアレですが、これも結構な迫力ですね


これ以降はすべて赤外線撮影


sekiranun_005.jpg


もくもく

遠くからゴロゴロと稲妻の音がかすかに聞こえています
この空の下はきっと酷い夕立になっている事でしょう


sekiranun_0010.jpg


眼下に広がる豊田市のずっと先、名古屋方面の上空に発達する積乱雲


sekiranun_006.jpg


やっぱり積乱雲を赤外線領域で撮影すると一層迫力が増しますね

しかし猛暑の中での撮影はツラい
全身から汗が噴き出して短時間でTシャツがベッチョリに
水分補給のためドライブスルーで買った100円キャンペーンのKFCの
Lサイズドリンクも1口で飲み干してしまった程
猛暑に耐えかね後半の河川敷での撮影では冷房の効いた車内から
窓を開けて撮影する横着っぷり

まったく軟弱になった自分に呆れてしまう

2020-08-12 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

これからもP2X FURY

SUREFIRE FURYは確か2012年頃にデビューして2020年現在は3代目に移行しています

「FURY」とは激怒、狂暴などの意味

fury_1st_01.jpg


初代FURYはヘッド以外は6PXと共通のボディだったと思いますが、
そこから放たれる500ルーメンの光はパーソナルシリーズの320ルーメンと比べると
数値の差以上の衝撃を受けた
FURYの名の通りタクティカル色の強いSUREFIREの中にあっても
特別狂暴な存在に見えましたが、そのあっさりとしたデザインは
まさに羊の皮をかぶった狼のようだった
ちなみにCR123Aを3本使用して1000ルーメンの明るさを誇るP3Xというのもありました


fury_1st_02.jpg
奥からFURY初代 2代目 3代目


2代目までのFURYはP2Xという型番がついていましたが、現行の3代目は
P2Xの名前を冠していない、そのかわりFURY-DFT (Dual Fuel Tactical)となり
SF123Aリチウム乾電池2本かSF18650リチウムイオン充電池1本での使用が
公式に認められ、明るさは1500ルーメンにまで進化している


fury_1st_03.jpg


モデルチェンジの度にイカつくなっていくFURYすが、小生はスムースヘッドの
初代が好きで、これまで中古の出玉を見つけては買い漁ってきました
コンバットリングのP2ZXやディフェンダー(P2XD-A-BK)も混じってますが...
これ以外に未開封のままのが2つありますので、手元には現在10本のP2がある
気に入ったものは一生使う分を確保する、カメラではNikon F4で同じ事をやってます

この先、FURYはもっと進化するでしょう
たとえFURYというモデルが終了したとしても別のモデルがその後を継ぐ
しかし小生にとっては初代FURYこそが身の丈にあった生涯付き合える
ライトだと思っています

1000ルーメンとか2000ルーメンとか明るいのは結構ですけど、
誤点灯によって携帯するバッグが焦げ臭くなってしまうのは困る!
もしもの時に備えているものが危険の原因になるようでは本末転倒で
危なっかしいのをEDCなんて出来ない

いらぬ心配をするくらいなら初代でいい

2020-06-15 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる