FC2ブログ
素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ThruNite TH30 CW

ThruNite TH30はライト本体から光軸が90°曲がって照射されるタイプの
所謂L型ライトです
ついにヘッドライトも3000ルーメンを超える時代に突入しました

TH30_01.jpg
ThruNite TH30 CW


現代のL型ライトは光源がLEDとなり小さくなった事でリフもサイズダウンした結果
外観上は純粋にL型とは言えない形状になっています
(写真のヘルメットはTH30に付属しません)


TH30_02.jpg

単三(AA)のL型ライトEnergizer ベストライトとの比較


使用電池が18650なので頭一つ分くらい高さが違いますね
ベストライトは置く以外はクリップで胸ポケに固定して使う事しか出来ませんが
TH30はクリップ+ヘッドバンドが付属していますので、ヘッデンとして
ハンズフリーで使用が可能になってます


TH30_03.jpg


ThruNite TH30 CW 標準付属品

ライト本体、IMR18650Li-ion充電池、USBケーブル、Oリング2個、ゴムカバー、
クリップ、ヘッドバンド、スペア台座

USBケーブルは両端がType A、Micro Bの汎用のもの
ゴムカバーは本体USB端子の防水/防塵のための蓋ですがこれは多分
TC20などと同じものだと思います
ヘッデンのライトをマウントするゴム製台座もスペアが付属しますが、これは台座へ
ライトを脱着する際に台座の固定リングへ負荷がかかり損耗してしまうからでしょうね
構造的に仕方のない事ですのでスペアの付属は有り難いですね


TH30_04.jpg


搭載LEDはCREE XHP70.2
直径20mmにも満たない浅いOPリフレクターと大型LEDの組み合わせですので
想像通りの広角配光になります
色温度はCWとNWの2種類からチョイス可能


TH30_05.jpg


充電は最上部にあるUSB挿入口にケーブルを接続して行います
充電がはじまるとトップのスイッチが赤色に点灯し完了すると青色に変わります
紫色の点滅は異常充電状態を警告します(電池レスで充電した場合など)
残念ながら動作電圧が2.75V-4.2VなのでCR123A電池2本で使用することはできない



・明るさとランタイム

Low 25ルーメン/60H
Medium-Low 130ルーメン/14H
Medium 352ルーメン/5H
High 1275ルーメン/90min
SOS 645ルーメン/305min

Turbo 3350ルーメン/1.5min+103min
Firefly 0.5ルーメン/32days



操作は天頂部のスイッチを押すと点灯、再度押すと消灯します
点灯状態でスイッチを長押しするとLow→M・Low→Med→Hi→SOSと繰り替わります
消灯時にスイッチを長押しすると微光モードのFireflyへ移行
点灯/消灯時に関係なくスイッチをWクリックすると3350ルーメンのTurboに切り替わります

SOS、Turbo、Firefly以外のモードはメモリー機能が働き次回同じ明るさで再点灯します
1/6回転ほどテール部を緩めると物理的ロックアウトが出来ます

ちなみに点灯状態を10秒維持してスイッチを長押しすると必ず次の明るいモードに
移行するのかと思いきやそれはLowだけでMed-LowとMediumでは一旦Lowに
照度を落とした後にLow→M・Low→Med→Hi→SOSとなりました
誤操作で熱を帯びるHighになってしまう危険を防止するためでしょうかね




照射テスト



TH30_8.jpg




TH30_Low.jpg
Low 25ルーメン 近接照射


TH30_Firefly.jpg
Firefly 0.5ルーメン 近接照射



Low 25ルーメンは手元で何か確認する程度なら十分な明るさですし
余程暗い夜道でなければ足元を照らすのにも問題ありません

明るさに不安を感じたらMedium-Lowの130ルーメン出番になり一桁明るさがアップします
通常考えられる用途ではここまでで充分な性能ではないかと思います

上を見るとまだ3段分明るいモードがありますが、使ってもMed 353ルーメンまでで、
これ以上は明るさに反比例して実際にそれが必要な場面も少なくなり
一時的な使用になるでしょう
特にヘッデンとして使った場合1000ルーメン以上の超絶光は同じ場所で作業する
周囲の人の迷惑になる可能性があります (ToT)/

ま実際に使うかどうかは別にしてポテンシャルがあると言うのは心強くはありますね


このタイプに有りがちな固定用マグネットの類はまったく搭載されていませんので
バッグの中で磁気カードを入れた財布などと一緒に持ち運んでも比較的リスクは
少ないと思います

交換電池ですがTH30は放電電流10AのIMR電池を推奨しています
試しに非IMRのKEEPPOWER 3500mAhを装填してテストしてみましたがHighまでは
問題なく点灯するもののTurboモードは一瞬点灯したのみで消灯し、
再度点灯させようとしてもどのモードもまったく受け付けなくなりました
電池を元の付属IMRに戻すと通常通り点灯しましたのでやはり商品説明の通り
大人しくIMR電池を使った方が良いでしょう


L型ライトと言うのはランタンのような用途でも使用可能なので
前述した付属のバンドに装着する事でヘッデンとしても使える事と
あわせTH30は非常に広範囲の用途を1本でカバーできます

USBを介した充電機能がありますので本体から電池を抜く必要がなく
使用前後に充電ができる環境であればデイリーユースに最適ですね


TH30_07.jpg


ThruNiteウェブサイトストアで20%割引 →  (クーポンコード:20%)

Amazon URL → ThruNite TH30

スポンサーサイト
2018-08-20 : ThruNite : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

OLIGHT i3T EOS

OLIGHT i3T EOSは単四(AAA)電池を1本使用するコンパクトなライトですが
このクラスには珍しくタクティカル色の強いライトです

iシリーズと言うのかEOSシリーズと言うのか分かりませんが、OLIGHTの
この型番のライトはコンパクトなポケットライトというのが特徴です

i3T_01.jpg
OLIGHT i3T EOS



・明るさとランタイム
Mode1:180ルーメン/21minutes
Mode2:5ルーメン/16hours



i3T_02.jpg


ボディに施された螺旋状の滑り止めにモーメンタリー風のテールスイッチと
基本的なデザインはCR123Aの兄貴分ライトM1T RAIDERを踏襲しています


i3T_03.jpg


テールスイッチと標準装備の大型クリップ

1AAAライトは軽量なのでキャップなどに装着してヘッデンの代用として使用可能
クリップは不要なら外す事も出来ます


i3T_04.jpg


LEDはコリメーターレンズの奥にPHILIPS LUXEON TXが搭載されています
OLIGHTの小型ライトにはPHILIPSが載っていることが多いですね

一昔前はこういった小型ライトにはCree XP-Gが多く採用されてましたが
いつからかより大型のXM-Lが単三ライトなどにも載せられるようになり
背伸び感が半端なかったですが、やはりベゼル径が小さいライトには
身の丈に合った小さなLEDの相性が良いとしみじみ感じます


i3T_05.jpg


テールのネジ山部分には珍しくメッキが施されています

色的に金メッキだと思いますが一般に金メッキにも14金だったり18金だっとりと
種類があります
メッキをするメリットには電気伝導性・耐食性・耐摩耗性向上、接触抵抗低減耐
などが挙げられますがもっと価格帯の上のライトでもこの部分へのメッキ処理は
中々お目に掛かれません。セールスポイントにもしていないのにえらいコストを
掛けていますね


i3T_06.jpg


掌にすっぽり収まるサイズなので日常的に頻繁に使用するにはちょっとコンパクト
過ぎるかなという感じがします
サイズをいかしてEDCライトとして持ち歩くかいつもカバンの片隅に...
といった使い方が最も正解に近いかな と



・操作方法

スイッチの半押しで間欠点灯が可能
連続して半押しすることで実質Low/Hiの5ルーメン/180ルーメンを切り替えます
任意の明るさでスイッチを押し込むと常時点灯します

明るさのメモリー機能はなく消灯後2秒を経過すると次回Low5ルーメンで点灯します
テールを緩めての物理的ロックアウトはできません




照射テスト



i3T_Low.jpg
Low 5ルーメン


i3T_Hi.jpg
High 180ルーメン



Lowの明るさは5ルーメン、単四1本のライトとして至極まっとうな明るさです
目安として実用的なのは2、3mくらいの近距離でしょうか
光が届く届かないの基準で語ると10mくらいは飛んでいます

メモリー機能が非搭載なのもライトのクラスを考えれば特に文句の出る所でもなく
常に5ルーメンが最初に点灯するのはくむしろ安心感さえありますね

180ルーメンの方はサイズからすると充分過ぎるほどの明るさを放っており
タクティカルな用途にも対応可能な性能ですが、ランタイムが極端に短いので
本当に必要になった時のみの緊急用ですね
ま単四は4本パックの電池の重量もたかが知れていますので、予備電池を
持ち歩くならば躊躇せず180ルーメンを使うのも有りかも
ちなみにHigh 180ルーメンでの連続点灯は1、2分ではまったく問題はありませんが
5分を過ぎたくらいから急激に本体が熱を帯びてきて素手では持てないくらいの
温度まで上昇します 参考まで


単四1本のライトってテールスイッチを排して調光どころかON/OFFまでヘッドのツイストで
行うタイプが主流を占めていて、確かにコンパクトには仕上がりますけど片手操作を
犠牲にしておりそれ故運用思想から外れ選択肢から除外している人も多いと思います
優劣の問題ではなくてi3Eとi3Tという2つの選択肢を用意してくれるのは素直に
ありがたく感じますね

2018-08-02 : OLIGHT : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

小生の枕元

「転ばぬ先の杖」

転ばぬ先の杖とは、転んでから杖を手にしても意味がない
転ぶ前から杖を手に歩くべきという意味で、万が一に備えてあらかじめ十分な
準備をしておくことの例えです


6月18日午前7時58分頃、大阪府北部で震度6弱を観測する強い地震が発生しました

大きな地震になれば水、電気、水道などのライフラインは寸断されます
日本は断水しても自衛隊により即日給水が実施される
何とも恵まれた国です
しかしそれも災害の規模によりけり
複数の都道府県をまたぐより規模の大きな地震が起きれば
支援が行き届くまでには相当な時間を要すでしょう
あらためて日頃からの個人での備えが必要だと感じます

18日の夕方のNEWSでは被災地では夜へ向けて枕元に懐中電灯を準備して
おくようにとキャスターが視聴者ヘ向けて訴えていました
停電した中で避難するのに灯りは絶対に必要なもの 大切な事です

そこでふと小生の自宅の枕元を見てみました


makuramoto201806.jpg


懐中電灯だけはちゃんと準備してあります...過剰なほどに...

一応ことわっておきますけど、今回の地震があったからとか、ブログのネタにとかで
わざわざ懐中電灯を集めて枕元に置いた訳ではありません
手元のライトが多すぎて保管場所が見つからないライトの一時置場とした枕元が
いつの間にか常設場所になってしまっている 普段からこの状態なのです


被災しても照明だけは不自由する事がないと思います


そう言えば10年位前に散らかっていた部屋の床にマグライト3Dが転がっていて
それを踏んで転倒した事がありました
思えば小生がマグライトのあまりのアンチロール性能不足に勝手に怒りを覚え
マグライトに見切りをつけたのはこの時でした

そんなちょっと昔の事を思い出した梅雨の或る日でした


2018-06-19 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。