素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

小生の枕元

「転ばぬ先の杖」

転ばぬ先の杖とは、転んでから杖を手にしても意味がない
転ぶ前から杖を手に歩くべきという意味で、万が一に備えてあらかじめ十分な
準備をしておくことの例えです


6月18日午前7時58分頃、大阪府北部で震度6弱を観測する強い地震が発生しました

大きな地震になれば水、電気、水道などのライフラインは寸断されます
日本は断水しても自衛隊により即日給水が実施される
何とも恵まれた国です
しかしそれも災害の規模によりけり
複数の都道府県をまたぐより規模の大きな地震が起きれば
支援が行き届くまでには相当な時間を要すでしょう
あらためて日頃からの個人での備えが必要だと感じます

18日の夕方のNEWSでは被災地では夜へ向けて枕元に懐中電灯を準備して
おくようにとキャスターが視聴者ヘ向けて訴えていました
停電した中で避難するのに灯りは絶対に必要なもの 大切な事です

そこでふと小生の自宅の枕元を見てみました


makuramoto201806.jpg


懐中電灯だけはちゃんと準備してあります...過剰なほどに...

一応ことわっておきますけど、今回の地震があったからとか、ブログのネタにとかで
わざわざ懐中電灯を集めて枕元に置いた訳ではありません
手元のライトが多すぎて保管場所が見つからないライトの一時置場とした枕元が
いつの間にか常設場所になってしまっている 普段からこの状態なのです


被災しても照明だけは不自由する事がないと思います


そう言えば10年位前に散らかっていた部屋の床にマグライト3Dが転がっていて
それを踏んで転倒した事がありました
思えば小生がマグライトのあまりのアンチロール性能不足に勝手に怒りを覚え
マグライトに見切りをつけたのはこの時でした

そんなちょっと昔の事を思い出した梅雨の或る日でした


スポンサーサイト
2018-06-19 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

OLIGHT M1T RAIDER

OLIGHTにはS1、S2、H1R、H2Rなど使用電池の数で2つのライトを
ラインナップしている事が多いのでM2Tがあれば当然そのうちM1Tも
リリースされるだろうと思っていました

M1T_01.jpg
OLIGHT M1T RAIDER


しかしこれまで単セルでも2セルでも基本的に両者のデザインは
共通していましたが、M2TとM1Tにそれは当てはまりませんでした


M1T_02.jpg


近未来的な外観のM2Tに比べるとM1Tはずっとシンプルなデザインしてます
共通点は唯一テールスイッチくらいでしょうか

18650も使えるM2TとちがいM1TはCR123Aサイズにしか対応していないので
その分ボディ径が細くなっています


M1T_03.jpg


ボディに施されたローレットが通常の菱形ではなく螺旋状に切削されています

実用性はどうなのか懐疑的でしたが注射器持ちで点灯させた時
良い具合に滑り止めの効果が発揮されていました


M1T_04.jpg


搭載LEDはLUMINUS SST-40

去年くらいからJETBeamなど他社でもちらほら採用されている日本では珍しい光源です
LED自体は前方にコリメーターレンズがあるため見えませんがCREE XM-L2と
良く似たチップでXM-L2よりも5%程度効率の良いLEDになります



・明るさとランタイム
MODE1 500ルーメン/5min- 300ルーメン/120min
MODE2 5ルーメン/100h



明るさ調整は2段階でOLIGHTの他のライトに比べるとシンプル
テールスイッチを押すと5ルーメンで点灯、再度押すと消灯します
半押しでの間欠点灯が可能で、消灯状態から連続して半押しすると
5ルーメン→500ルーメン→5ルーメン...とサイクルしますの欲する明るさで
押し込むことで常時点灯可能となります
メモリー機能がなく消灯後2秒を経過すると次回は必ず5ルーメンが点灯します
テール部を1/6回転ほど緩める事で物理的ロックアウトが可能になっています




照射テスト



M1T_05.jpg
MODE2 5ルーメン


M1T_06.jpg
MODE1 500ルーメン


5ルーメンというとものすごく僅かな明かりの微光モードかと思われがちですが
車内だとか身の回りの近距離での使用であれば不足ない光量です
MODE2というと2番手で出力されるモードだと勘違いしてしまいますが
メモリー機能のないM1TでONして最初に点灯するのはMODE2の5ルーメンの方です

MODE1の500ルーメンは超絶な明るさですが5分で300ルーメンに減光します
パワーダウンしてもモデルチェンジ以前のSUREFIREパーソナルシリーズと
同程度のルーメン値なので特に問題はないでしょう


M1Tは5ルーメンと500ルーメンという両極端な2つの明るさに割り切った
簡潔な仕様なので5段階切替など煩雑なモード搭載に嫌気がさした人に
良いかもしれませんね
「RAIDER:侵入者、急襲者」という仰々しい名前が与えられていますがその中身は
ずっと大人しく、M2Tとは異なり明るさのメモリー機能もありませんので
5ルーメンを使う頻度が高い人向けのライトと言えそうです


2018-06-16 : OLIGHT : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

歴代LED LENSER P6がそろい踏み

LED LENSERの主軸ライトのひとつ2AAのロングセラーP6は
これまで3つのモデルがリリースされていますがそのすべてが
手元に揃いました

rekidaiP6_01.jpg

上から初代P6、P6.2、現行のP6

初代と3代目は同じ名前ですが型番が8406と500921で違います
2代目のP6.2は配光が綺麗になり外観の表面処理がザラザラとした
フローズン加工になったんですがキズが目立ったりあまり評判が
良くなかったのか3代目になる現行のP6では表面処理を初代に寄せて
やや艶を出したものに戻してきました


別に意図してP6の歴代モデルをコンプリートしようとした訳ではなく
気付いたら全てが手元に揃っていた感じです


rekidaiP6_02.jpg


初代は2011年頃に購入したと思います
後の2本を購入したのは割と最近で、H2TカスタムのLED換装サービスで
セールで安くなっていたP6.2をベースとしてXP-E2 PC アンバーを載せました
これが今年の3月の事で、たて続けに5月に同じくH2Tカスタムで
現行のP6をベースにXP-E2 2200Kへの換装を依頼しました
これによりまったく狙った訳ではないのですがP6の歴代モデルが
そろい踏みと相成った訳です

と言っても上記のように新しい方の2本はLEDを載せ換えているので
純粋にコンプリートした事にはならないのかもしれませんが...


SUREFIREのカスタムは道具としての愛着は沸きますがライト自体が元々高価なので
どうしても大事に扱ってしまいます、ですがLED LENSERであればそんな事は気にせず
実用重視でガンガン使う事ができるのが良いですね

2018-06-14 : LED LENSER : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。