素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

KLARUS ST20

今年も残すところあと二日余り...
12/30の夜には居住している愛知から実家の熊本に自動車にて帰省する予定なので
どんなライトをお供にしようかの選定に頭を悩ませています
荷物になるのは避けたいので3本くらいに絞り込まねば...

あと忘れてはならないのが旅の相棒カメラ! F4s

F4s.jpg
                       Nikon F4s

歴史あるNikonの中でも6台しかないフラッグシップ機の4台目のモデル
昔から35mmフィルムはF4と決めています。生涯使い続けるために
F4を6台所有しています
もちろんデジタル一眼レフも持っていますヨ、このブログの写真は全部
デジタルです

さて小生の勘違いかもしれませんが、何だかこのところ、サイドスイッチを
搭載したライトが増えているような気がします

NITECOREのExplorerシリーズやZEBRALIGHT SCシリーズ、FENIXのLD12や22、
E25、SUNWAYMAN Tomahawkなどがそうです
まぁZEBRALIGHTは以前からなので流行に乗った訳ではないですが、
NITECOREやFENIX E25などの新商品は明確に順手持ちを意識した
コンセプトとして誕生したと見て良いと思います

どうして今サイドスイッチを搭載するモデルが多くリリースされるのか?ですが
これは一般ーザーである小生には想像することしかできませんが
ナショナルライトのように「順手持ち」することから趣味人以外のユーザーへの
アピールでは無いかと思います

具体的にはキャンプでの散策や夜間ウォーキング等に利用して貰おうと
言うことではないでしょうか?
そう言えば1AA、2AAやCR123などを使用する比較的コンパクトなライトの
リリースが続いているような気もします
(Dセルモデルは逆手使用は難があるので昔からサイドスイッチがあった)

ただコンセプトが曖昧なモデルもあります
以前レビューでご紹介したFENIX LD12などは点灯・消灯は逆手にて
テールスイッチで行い、モードの変更は順手によりサイドスイッチ操作で
行います
つまり点灯・消灯時それぞれ持ち替える手間が発生するのです
ハッキリ言ってこれは使い辛いと思うのですが、どうなんでしょう?

確かにON・OFFとモードの切り替えが別のスイッチであれば間違って消灯したり
ライト毎に違う半押し、長押しなどの操作性を覚える必要もなく、誤操作の
防止には寄与していると言えますし、順手持ちで夜間ウォーキングする際には
街灯の間隔に応じて頻繁にモード変更を多用するユーザーにとっては
使いやすいと言えなくもないカモしれません
またLD12では出来ませんが、付属のスチールクリップを逆向きに装着可能な
ライトでは帽子のツバなどに挟んで使用した場合、サイドスイッチでの
調光は非常に便利でしょう

要は想定するシュチュエーション次第なんですね

そんな事を考えていたら夜の屋外イベントのお誘いがありまして
丁度良いのでON・OFFテールSW、調光サイドSWのFENIX LD12を
お供にと考えていたら、長時間使用だと1AAは使い辛いのではないかと思い
同じ操作性の2AAライトの購入を考えるようになりました
(↑沢山持ってるんだから手持ちので何とかしろよ)

直ぐに思い浮かぶのは同じFENIXのLD22
1AAのLD12とは兄弟のような存在で、電池が増えて細長くなった以外は
外観デザインも操作性もまったく同じ!
しかしあまりにも芸がなさすぎるので他を検討しました

そう言えば以前から気になっていたライトがありました
KLARUSというブランドなんですが、前に見付けたショップ以外では
取り扱っているのを見かけていません

何が気になっていたのかと言うと、単純にデザインだけです
タクティカルライト然とした外観に惹かれていたに過ぎないのですが
改めて詳しく見てみると今回探していたテールとサイドSWを搭載した
モデルだったのです

「これは天命」 (←んな訳ねーだろ)と思いさっそく購入!

しかしだいぶ前にもう2AAのライトは買わないと決めていたのに
それから何本購入したのやら...

と言うことで購入しました、KLARUS ST20

ST20 Fr

                KLARUS ST20

ST20 Rr
                 リヤビュー

諸元は以下になります

単3アルカリ電池×2
CREE XP-G R5
ボディ:アルミ製
ヘッドの締め付け加減による2モード選択
・ライティング・モード(240lm、13lm、125lm)
・ハイデン・モード(2lm、SOS、Beacon)
※ランタイムは後の画像参照

繰り返しになりますが、操作方法は逆手で点灯させ、その後順手に
持ち替えて明るさを変更(モード変更)させます

ST20 gyakute
               <点灯・消灯は逆手>

ST20 junte
             <明るさの変更は順手>

基本的には多くの時間を順手で使用することを前提としていると思いますが
慣れれば逆手で点灯させたまま多少中指を移動させることでモードボタンの
操作も可能です

平坦な面ではヘッドを上に向けても下に向けても自立は可能です
珍しいものとして普通金属ボディのライトには表面に滑り止めのローレットが
刻まれていますが、このST20には灯身中央付近に片側2ヵ所計4つの
凹凸があり、指を掛けられるようになっておりグリップ力が向上しています
こういった細かい配慮は嬉しいですね

ST20 outotsu
                   本体中央の凹凸

テールスイッチの感触は少し固めですが、小生の場合はバッグの中などでの
誤点灯の方が心配なので個人的にはあまりマイナスポイントではありません
ちなみに通勤バッグに常備しているGENTOSのHW-833XEヘッドランプは
1週間で2回も誤点灯が発生しました。予備の電池も一緒に持ち歩いて
いるんですが、これ以上頻発するようだと運搬方法やモデルの再選定を
考えないとイケません

閑話休題

照射テストです

ジャリ道を照らします

ST20 low2
                    Low 13lm

ST20 Mid2
                    Mid 125lm

ST20 Hi2
                    Hi 240lm

続いて舗装路

ST20 low1
                    Low 13lm

ST20 Mid1
                    Mid 125lm

ST20 Hi1
                    Hi 240lm

照射角は広くもなく狭くもない。ただ中心光から自然に繋がる周辺光は
視認性が高いと感じました
所々に街灯のある住宅街の夜間ウォーキングであればLowの13lmも使えます
普通に使う分にはMidの125lmが程よい感じ!
Hi240lmは過剰とも言える明るさですが、万が一の場合に
あると安心です
しかし2AAで240lmという明るさは、クリプトン球のミニマグ2AAを使っていた世代から
すると驚愕です。時代は変わったんだなぁ~という思いです

諸元にも記載されていますが、ヘッドの締め方の違いで2つのモードを選択できます
体系的に表すと以下の通り!

ST20 MODE

車内で停車中に地図を確認したり、夜中に起きて時刻を確認したりトイレに
行ったりするのに使う場合はヘッドを少し緩めて「ハイデン・モード」にしておくと
一発で常に2lmから点灯するので便利ですよ
屋外で行動する場合はライティング・モードが普通のタクティカルライトの
感覚で使用できます

色んなライトを使ってきた人にとってはサイドSWの存在は一部もどかしい
操作性でもありますが、ライトに詳しくない友人などに貸す場合や
初心者に対してはライティングモードにして渡せば少なくともテールSWの半押しで
明るさを変更するモデルよりは直観的な操作ができるんじゃないでしょうか?

現実的に使う用途を考えてみると、自転車のナイトライドには最適に思います
というのは自転車の場合、後付けのライトはアタッチメントでハンドル部に装着
することになりますが、基本的に点灯・消灯は乗る前後に操作すことになり
操縦している間は路面状況に応じた明るさの変更が主だからです
こういった用途では点灯・消灯とは別に明るさ変更のためのボタンがあれば
誤操作防止になります
そういった用途には「最適」なライトのひとつになると思います

さてまだ一回ですがST20を使ってみた個人的な感想は

「使い難い」です

小生がもう10年くらい自転車に乗っていないことやウォーキングする趣味が
ないことも関係していますが、少なくとも小生の想定する
操作体系では、握りかえてのスイッチ操作は
ひと手間加わることになりストレスが溜まります
しかしコレが使い易いという一定のユーザー層がいることも確かなのでしょう
そうでなければメーカーがリリースするはずもありません

照射性能に不足はありませんが、操作性は前述の通り使う人を選びます
結局は個々のシュチュエーション次第ということですね...

自転車に乗る機会が増えれば考えも変わるかな?

このライトのように2013年は明るい年になるといいなぁ~


スポンサーサイト
2012-12-29 : KLARUS(クラルス) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる