素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

Panasonic LEDネックライト

実は2014年の秋口にPanasonic LEDネックライトを5本まとめ買していました

このネックライトには豊富なカラーバリエーションがあり、さらに 「東京スカイツリー粋モデル」 、
「ガンバ大阪応援モデル」等の「ご当地シリーズ」というものもあって、昨秋にはそれらに
amazonで500円割引のクーポンがつけられた状態で販売されていました


Pana LEDnekuraito01


クーポンの対象となっていたのはご当地シリーズの中でも全国のお祭りとコラボしたもので
おそらく秋を過ぎれば大きな祭りが当面なく商品の動きが大幅に鈍くなるので
在庫整理をしたかったんだと思う

小生が購入したのは以下の5本です


「仙台七夕まつり モデル」 イエローグリーン BF-AF10/TNA
「広島 宮島モデル」 オレンジ BF-AF10/MY
「仙台七夕まつり モデル」 イエローグリーン BF-AF10/TNA
「高知よさこいまつりモデル」 イエロー BF-AF10/YS
「岩手盛岡さんさ踊りモデル」 ラベンダー BF-AF10/SN


これらは通常量販店では1500円前後で販売されている
amazonでは通年で1000円くらいです
ちなみにモデルによってはクーポン利用前のamazon価格が978円とか中途半端なものも
あったので5本の最終的な購入総額から1本当たりの値段を割り出したところ
小生の場合は1本あたり445円で購入した計算になりました


このネックライトはCR2032型ボタン電池を2個使用するので、通常ならば小生はまったく
興味をしめさないところですが、1本あたりの500円をきる値段の魅力に押し切られ
またまた信念を曲げ5本まとめ買いした次第です

ただやはり小生が自分で積極的に使用することは想定していません
電池も内蔵されているので防災用に良いかと考え専ら譲渡するつもりで購入して
今年の正月に九州熊本の実家に帰省した際にも実家に2本置いてきました

コイツをつけて夜にウォーキングをしている人も結構見かけます
小生も試に何回か使ってみましたが、明るすぎず暗すぎず比較的都市部の歩道を歩く分には
充分な性能だと思いました。何よりすごく軽量で負担にならない

500円のクーポン割引はもしかすると今年もまたやるかもしれない(小生の勝手な想像)ので
欲しいけど文字通り値段が「ネック」になっている人は今年の秋まで待ってみるのも
良いかもしれませんね



スポンサーサイト
2015-02-08 : Panasonic : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

プチ非常事態

昨晩の事

何の前触れもなく浴室の電球が切れた...


綺麗好きという訳ではないのですが、小生は朝と夜の一日に2度シャワーを浴びる習慣がある
自宅の浴室は外窓が無いため、照明がないと真っ暗である


リビングではエアコンもTVもついているし、パソコンも問題ない
ただ一つ浴室の照明が切れたのだ

メシを食べるのは別にリビングでもダイニングでも構わない。寝るのもベッドでなくとも
ソファーで寝ることもできる、しかしシャワーだけは浴室でなければならぬ
さもないと大惨事になり下の階の住人に迷惑を掛けることになる

災害時でもないのに真っ暗の中シャワーを浴びるのは非常に惨めである
何か大都会の中で周りの人間は幸せを謳歌しているのに、自分一人だけ
不幸になった気分だ (被害妄想炸裂)


「くそぅ ちゃんと電気料金は払っているのに...中部電力の奴らは何て薄情なんだ!」


と憤ってみるが、もちろん中部電力に責任はない、浴室の電球が切れたのはまったくの不可抗力だ


こうなる事を想定して普段から替えの電球を備蓄しておかなかった自分の責任だな
ただ今回の件があっても小生は浴室の電球の備蓄はしないだろう
なぜかと言うと、別のもので十分代用可能だったからである
今回もそれで乗り切った

以前紹介したGENTOS EX-837NX

これを浴室に設置して新しい電球を調達するまでの繋ぎとした
防滴仕様なので浴室での使用も問題ない

EX837NX br1


さて浴室の電球がきれた状態だったのはほんの一日だけ
仕事帰りに速攻で家電量販店へ足を運び替えの電球を調達してきた

以前のは白熱電球であったが、今回は時代の流れにのってLEDとなった

Pana led 40w type

朝は起きてまだ寝ぼけた状態でシャワーを浴び始めるので、あまり明るいのは眩しく感じると思い
少し暗めの40W型をチョイスした。その方が値段も安いので
小生にとっては好都合 (それでも十分明るいが)


いや~一時はどうなるかと思ったが、懐中電灯やランタンを(無駄に)多く所有していて
本当に助かったぞ今回は

ただランタンの光の中で浴びるシャワーもその雰囲気は正直嫌いではなかった


EX837NX br2

                 頼りになるヤツだ


2013-11-18 : Panasonic : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Panasonic BF-158BK-W

前回ナショナルライトの旧製品FF-111Cを購入しレビューさせて貰いました
今回は最新のナショナルライトについて記事を書きたいと思います
※正確にはナショナルブランドはもう無くPanasonicと呼称すべきでしょうが、
  長年のニックネームで呼ぶことにします

小生は普段タクティカルライトしか使用しておらず、ナショナルライトを
使う機会はまず無いのですが、このブログで比較として何かと取り上げる
ことがあるので購入してみることにしました

今回購入したのはこのライト単一電池を2本使用するBF-158BKです

BF-158BK naname

BF-158BKgaikan.jpg
             BF-158BK-W

単一電池を2本使用というのは全ての家庭用懐中電灯の基本形だと思います
普通電池は2本、4本、8本単位でセット販売されているので、必要数なら2本セットを、
4本入りを買えば2本はライト本体にセットして残りはそのまま予備電池として
保管できる合理的な本数です
また単一電池2本使用までがライト本体をグリップしての使用が可能となる
サイズで、それ以上になるとボディが大きくなり過ぎるので別に取手が
備わります

単一を6本使うものになると持ち歩くには少し体力が必要になります
そのため単一6本以上のライトには普通ショルダーストラップが付属します
普段単三電池しか使わない小生にとって単一電池は非常に重く感じられます
それを6本となるとほとんどダンベルのような重さになります
BF-158BK Junte
使用方法はナショナルライト伝統の順手持ち
親指で操作するスライドスイッチも歴代共通です

もう一つ新旧の共通点を発見しました
テール部の収納式リングです
BF-158BK FF-111C fukku
              テールの収納式リング

これは壁のフックに掛けたり、紐を通して首から下げたりして使う為のものですが
形状は違えど30年前から変わらず装備されているようです
普通こういったオマケ機能はコスト削減の一番の矢面に立たされるものなのですが
確かにあれば便利でしょうが、そんなに必要なものなんでしょうかね?
子供のキャンプ、ボーイスカウト、夜の散歩とかで使うんでしょうが、小生には分かりません
メーカーの拘りを感じます

外観で特に目新しいものはありません、ベゼル部はゴム製ですが、これも多くの
家庭用懐中電灯に装備されているものだと思います

ということで照射テストです
BF-158BK haikou

何だこれは?

あまりに汚い配光ではないか...
リング状の光が幾重にも重なっており、中心光など芯がズレているではないか
まるで木の年輪のような配光です

ためしに前回レビューした30年前の同じナショナルライトFF-111Cと配光を比較してみました
FF-111C BF158 haiko

絶句です、たしかに明るくはなっていますが...

最新のLED懐中電灯の配光が、まさか30年前の同社製品に劣るとは...
一体パナソニックは技術の進歩を何に使っているんだ?

ライト前面には集光のレンズが成形されています
BF-158BK renzu

これは恐らく強めの中心光を生み出して飛距離を稼ぐためのものでしょう
レクレーションや防災用として広角の配光と遠方照射を無理に両立させた印象です
その結果リフレクターの開発には費用をかけられなかっのではないでしょうか?
中心光のズレはレンズとLEDの軸がズレているのか、または全面の成形レンズの
光軸方向がズレているのかもしれません

屋外でテストした結果では10m程の距離になると配光の汚さは緩和されます
また限界使用距離は15~20m程でした
しかしこの配光では近距離で見辛く作業性が悪くなり非効率なのは明らかです
「二兎を追うものは何とか」です

このBF-158BKの値段は1400円ほど、電池の値段も入っているので
ライト本体では1000円程度になると思います
確かに防災上必要なものを普及価格で提供するのは大切なことです
しかしいくら家庭用のライトと言えども「世界のPanasonic」ですからもう少し
マトモなものを期待していました
耐久性は海外のブランドよりも信頼がおけるのかもしれませんが、
30年前には実現できていた性能をダウンさせて展開するのは
とても納得できません

これで販売の「Go」を出す経営陣の神経が分かりません
こんなものを作っているようではPanasonicの復権はないと思わせるものでした
収益率の低いたかがライトと侮るなかれ、どのような商品だろうとブランドの名を
冠している限り、それを購入した消費者はブランドイメージを決めてしまいます

Panasonicよ もう少しマジメにモノ造りしないと日本人からも見放されるぞ!




2012-11-18 : Panasonic : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる