素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ZEBRALIGHT SC52F Cool White

ZEBRALIGHT SC52Fは前モデルのSC51Fからデザインが一新しました

SC51F 18
                      ZEBRALIGHT SC52F Cool White


SC52F 2


左はSC51F 右がSC52F

単セルなので全体のサイズにさほど変更はありませんが
ベゼルの口径が大きくなり全体的に凝った造形になりました


SC52F 3



・諸元

搭載LED   Cree XM-L Cool White
H1   266 Lm (0.9 hrs) 、 H2 163 Lm (1.7 hrs) / 102 Lm (3 hrs) / 4Hz Strobe
M1   47 Lm (7.5 hrs) 、 M2 23 Lm (12 hrs) / 11 Lm (27 hrs)
L1   2.5 Lm (4 days) 、 L2 0.32 Lm (3 weeks) / 0.05 Lm (2 months) / 0.01 Lm
                                                    (3 months)
サイズ    全長78.2×径23.6mm
重量     40g
防水性能  IPX7
作動電圧  0.7-4.2V
バッテリー 1.5V AA×1 、ニッケル充電池可、3.7V 14500×1
実売価格  7000円前後 (2014/5月購入)




SC52F 7


アバラ骨のようなデザインは好き嫌いが分かれる所でしょう
ヘッド部はサメのエラのようで全体的に水中生物や爬虫類的な雰囲気を
醸し出しています



SC52F 4

クリップの形状はSC51Fと変更は無いようです

SC51Fには付属していたヘッドバンドはSC52Fには付いてきませんでした
あれが有ればヘッデンにもなるので重宝してたんですけどね


SC52F 5


スイッチはZEBRA共通の奥まった所に配置され誤点灯を防止します


SC52F 6


ランヤードストラップ用の孔はありません、と言うかZEBRALIGHTでは
見たことがありませんけど


SC52F 11


数多有る1AAライトの中でも非常にコンパクトです


SC52F 9


外れる部品と言えばこのテールキャップと+ネジで固定されるクリップくらい
非常にシンプルな造り

そうそうこれまでのZEBRALIGHTは本体のどこにもブランドロゴや型番の記載が無く
使用電池や配光、色温度で判別するしかなかったのですが、SC52Fにはボディに
しっかりと明示されてます


点灯/消灯はスイッチの短押し
点灯状態でスイッチを長押しするとHi → Low → Mid → Hi ...とサイクルする
Hi、Mid、Lowそれそれに明るさの違う2つのモードを選択でき、点灯状態でWクリックすると
モードを変更できる
ちなみに短押し点灯するとHiからですが、やや長押しするとLowからの点灯となる


SC52F 8


フロストガラスにより拡散光を生み出します




それでは照射テスト


距離 約0.5m

SC52F 12Low
                             L1 2.5Lm


SC52F 13Mid
                             M1 47Lm


SC52F 14Hi
                             H1 266Lm


ZEBRALIGHT特有の中心光がほとんど発生しない綺麗な配光です


続いて資材棚に向け照射 距離 約1.5m

SC52F 15Low
                             L1 2.5Lm


SC52F 16Mid
                             M1 47Lm


SC52F 17Hi
                             H1 266Lm


L1の2.5Lmでも手元の状況確認であれば結構使える明るさです

街灯の無い夜道だとM1 47Lmくらいあると充分でしょう

H1 266Lmだと作業灯でもイケそうな感じです


ただ266Lmだと数分でライト本体が熱をもってきます (火傷する程ではない)
1.7hとランタイムも長くなり体感の明るさの差があまりないH2 163Lmのほうが実用的でしょう


搭載LEDが、XP-GからXM-Lに変わりルーメン値がスペックの上では向上しましたが
SC51Fと照射比較してもそこまで明るさの違いは感じられません
ただヘッド径が大きくなった分、拡散範囲は広くなったようです

配光から見ても分かる通り遠くを照らすのは苦手で、近距離を広範囲に照射する
用途に向きます


しかし我が物置部屋ながら散らかってますなぁ~


SC52F 10



スポンサーサイト
2014-08-16 : ZEBRALIGHT : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

ZEBRALIGHT SC51F

SC51F 21
                     左 H502   右 SC51F


ZEBRALIGHT(ゼブラライト)の型番ではSCは通常のフラッシュライトでHがアングルライト
続く数字は使用バッテリーで5は単三電池、3がリチウム電池になり、600番台は18650専用モデル、
その後にFが付与されればフロストガラスによる拡散配光になります
最後の小文字英数字がwならニュートラルホワイト、cが高演色光という具合、
c はCool Whiteではないので注意が必要です


なのでSC51Fは単三電池を使用する通常のフラッシュライトで拡散光タイプと言うことになります


SC51F 24

SC51F 25



・諸元

搭載LED      Cree XP-G Cool White
明るさ/ランタイム  H1 190lm (0.9H) M1 28lm (12H) L1 2.4lm (3day) eneloopでの数値
           H2 95lm (2.4H) M2 7lm (39H) L2 0.2lm (16day)
バッテリー    単三アルカリ、ニッケル水素充電池 (14500リチウムイオンは不可)
サイズ      直径×全長 22×80mm
重量       36.5g(電池除)
表面処理    ハードアノダイズド加工 (Type III Class I)
購入日      2013/8/30   5988円




SC51F 3


H502と背比べ

全長はH502の方が短いです


SC51F 5

クリップの本体への固定方法が違うようで
H502は良くある溝にランドルト環のようなリングをハメ込むタイプですが
SC51Fは+ネジで固定されます

※ランドルト環 = 視力検査のアレです


SC51F 6
                   SC51F クリップ固定部拡大


SC51F 7


スイッチはZEBRAのこだわりで奥まったところにあり誤点灯を防止しています


SC51F 8


風防はフロストガラスで拡散光を生み出す


SC51F 23


放熱フィンの働きをすると思われるヘッド側面のデザイン
加工精度は流石です


SC51F 22



SC51F 9


テールを外して単三電池を装填します
テールをわずかに緩めるだけでロックアウトが可能です



ZEBRAの他のライトと同じくヘッドバンドが付属しているのでヘッドライトとして
使用可能なのですが、光軸が真っ直ぐなSC51Fは頭部のサイドに装着するスタイルになり
俯角仰角を自由に変えられないのでヘッドライトとしての使い勝手はH502に軍配が上がります


SC51F 11
                       ZEBRALIGHTS H502


SC51F 12
                       ZEBRALIGHT SC51F




照射テスト   ライト~照射面まで30cm


SC51F 13
                          L1 2.4lm

SC51F 14
                          M1 28lm

SC51F 15
                         H1 190lm


写真だと中心光が強いように見えますが、これは照射距離が30cmと極端に近いせいです
拡散配光なのでこのくらい接近させないと配光がカメラの画角に収まらなかったのです

普通の距離で使えばフロストレンズにより中心光など全く確認できない均一な配光です


ZEBRALIGHTの他のモデルと同様SC51FもHi、Med、Lowとは別にそれぞれが
ランタイム重視のやや暗いサブモードの設定ができます

小生の場合どうしても微光モードのランタイムに注目してしまいます
モード1を使用していますが、それでも2.4lm 3日間の連続点灯が可能です



どのモデルにも共通してZEBRALIGHTは単セルに凝縮された機能美が素晴らしい

ブランドコンセプトもぶれないですし、所有する喜びと求められる性能を上手く融合していて
間違いなく値段相応の価値があると思います


2014-05-08 : ZEBRALIGHT : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ZEBRALIGHT H502



H502 gaikan1
ZEBRALIGHT H502 Cree XM-L Cool White 6300K

タクティカルライト自体がかなりマニアックな領域で、一般の人、特に女性などは
一生手にする機会が無いかもしれない部類の道具ですが、その中にあっても
かなり異色のライトが今回ご紹介するこのZEBRALIGHT(ゼブラライト)です

種類としてはハロゲン球の頃からあるL型ライトやアングルライトと呼ばれるものです
テーブルに立てたり、クリップで胸ポケットに装着したりして
ハンズフリーで正面を照らすことが出来ます

何が凄いかってこのZEBRALIGHTというブランド、小生の知る限り
単セルのみのラインナップなのです
つまり単三電池やCR123A電池を一本のみ装填する(モデルしかない)ことです
またどのモデルを見ても非常にコンパクトで突起のないデザインになっていて
鞄やポケットに入れて持ち運びするのに最適なライトです
メーカーの尋常ではないポリシーを感じずにいられません

さらにどのモデルも非常に似た外観をしており、ライト本体には
ブランド名はおろか型番さえ表記されていないので、底蓋を開けて使用電池を
確認したり、実際照射して配光や色を見てみないことにはライトに詳しい人でも
モデル名の判別に迷うような、そんな変なライトです

使用電池は単三電池1本
つまり1AAということになりますので、サイズ的にはコンパクトなのは想像できると思いますが
実際に手にするとあまりの小ささに驚愕します
H502+Tan3.jpg

ほとんど単三電池と同じ大きさなんじゃないかと錯覚してしまうほどコンパクト
H502+SN 1A

他メーカーの1AAライトと比較しても大きさの違いは歴然です
H502 RIF

このモデルの大きな特徴はリフレクターを搭載しておらず、LED単体の能力だけで
照射することになり、120°の超広角で均一な配光が得られます

H502 Yakou

さらにLED周辺は蓄光素材になっており、消灯後はボンヤリと緑色の光が残ります
標準でヘッドバンドがセットになっていてヘッドライトとしても活躍しそうです

H502 HeadBand

特性上遠方への照射は苦手で実用は5m以内でせいぜい10m程度と
いった感じです
搭載LEDは6300Kと結構高めの色温度なのですが、ムラのない配光は
夜間のウォーキングやガレージでの作業などの用途に最適です

テントの中など狭いスペースでは一時的にはランタンのような使い方もできそうです
H502 Flat SW

トップにあるON/OFFスイッチ部は凹んだ位置にあり、誤点灯しにくいデザインです
H502 ON SW PUSH

スイッチを押しこむと点灯(ON)し、半押しor長押しでモード切替ができます
電圧が低下すると80秒間隔で点滅し、電池残量低下を知らせてくれます

点灯モードは基本的なHi、Mid、Lowの3つと、それぞれ明るさが弱めのサブモード
を選択できるようになっています

Hi1 260lm(0.9h)
Hi2 160lm(1.9h)  100lm(3.3 h) / 4Hz ストロボ

Mid1  50lm(7.5h)
Mid2 25lm(12h) / 12lm(27h)

Low1 2.7lm(4days)
Low2 0.34lmm(3weeks) / 0.06lm(2months) / 0.01lm(3months)

防水IPX8

以下、照射テストになります

Hi 260lm
Hi 260ルーメン

Mid 50lm
Mid 50ルーメン

Low 2.7lm
Low 2.7ルーメン

均一でムラのない配光が分かるかと思います
あまりの超広角配光なので35mm判換算18mmの超広角レンズなのですが
配光の広がりを全て画角内におさめることが出来ませんでした
Hiモードではいくら物置き部屋とはいえ、散らかり具合が鮮明に見え少々困惑気味です(^^;
Lowモードになるとかなり暗めですが、これは照射面との距離があるせいで
近接用途に限ればLowでも十分に使えますし、暗闇で本の文字や地図を確認するときには
このくらいが一番使いやすいかと思います
Low 2.7lm 2
Lowモード 2.7ルーメン 近接用途

このZEBRALIGHT H502、1AAライトとしては少々高めの6000円程のお値段ですが
比類のないコンパクトさと均一な配光はキャンプや停電時など色んな場面で
一般的なライトとは違う楽しみ方ができそうです


2012-10-17 : ZEBRALIGHT : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。