素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Balder BD-1P

これからタクティカルライトの購入を考えている方のために
小生がこれまで収集してきたライトの紹介をしていこうと考えているのですが、
何から紹介しようか正直迷いました。

基本性能は高いもののマグライトはあまりに手垢のついたアイテムですし
かといってSURE FIRE(シュアファイヤ)やLED LENSER(レッドレンザー)はメジャー過ぎて
すでに色んな人がレビューしていますからね

そこで思いついたのはメジャーブランドではないが質感・性能が高く、比較的新しい
モデルの「Balder BD-1P」というフラッシュライトです
BD-1P sai
               Balder BD-1P

これは2012年10月、つまり今月購入したものです
聞きなれないブランドなのでライトに詳しくても、まだ手にしたことがある人は
少ないのではと思いました

諸元は以下の通り

値段:4000円弱
搭載LED:Cree XM-L T6 クール・ホワイト

使用電池:単三1本 or 単三2本
     14500充電池も使用可能

・単三2本
明るさ
Hi-180lm   2Hr
Mid-50lm
Low-6lm   100Hr

・単三1本
Hi-70lm    1Hr
Mid-25lm
Low-3lm   

外装:アルミ製
防滴仕様

すでに単三電池を2本使用するモデルは何本も所有しているので
余程の事が無い限り、もう2AAのライトは買わないと決めていたんですが
このライトに魅了されたのは上の諸元をご覧になっても分かる通り
単三電池1本と2本それぞれに対応していたからです
BD-1P 3
         延長チューブを外し、1AAモデルに変身したところ

これまで内部のスペーサーの着脱で単三とCR123Aの両方を使用できるもでるは存在しました
また別売りの延長チューブを使用して1AAから2AAモデルに変化するライトも
あったのですが、これは延長チューブが標準装備されていることが新鮮でした
それと黒一色が多いタクティカルライトの外装にあってヘッドのシルバーとのコントラストの
美しさも購入動機の一つです

それでは実際に照射テストを実施します(2AAの状態)
4畳半の物置き部屋の中央付近からカーテンへ向けて照射しました
カメラの設定はISO400、F4、1/20sですが、Lowのみ見た目の感覚と合致させるため
少し長めに露光しました
ちなみに電池はエネループを装填しております
BD-1P-Hi.jpg
Hiモード

BD-1P-Mid.jpg
Midモード

BD-1P-Low.jpg
Lowモード

照射角度は広くもなく狭くもなく、標準的な配光です
Hiの180lmだと流石にかなりの明るさですが、スポット的ではなく周辺光と自然に繋がっており
悪くない配光だと感じました
またLowモードの6lmでも意外な明るさで、山小屋などではこれくらいが
周囲に迷惑がかからないと思われます
使用性に関して特筆せねばならないのは、メモリー機能がなく、スイッチONで常にHi点灯になります
半押しでのモード変更は出来ないので、Midにしたければ素早く点灯・消灯・点灯の操作を
しなければなりません。
テールスイッチの感触は少し固めの印象ですが、ストロークは短めなので左程押し難さは感じられません
なおテールスイッチのゴム部は本体からハミ出ていませんので、ヘッドを上に向けての自立が可能です
あと半押しでの間欠点灯もできます

このライトの一番のセールスポイントは、やはり延長チューブ着脱による1AAと2AAの使い分けでしょう
災害時など電池がなくなった時、目覚まし時計などから電池を拝借することになりますが
目覚まし時計などは普通単三電池一本で駆動しているので
持っているのが2AAライトだと都合が悪いので、その場で瞬時に1AAライトに変身できる
Balder BD-1Pのポテンシャルは非常に高いものがあると感じています


[追記] 2012/10/20
購入時、Balder BD-1Pのヘッド先端のシルバーベゼル端末には
ややバリが残っています
怪我をするほどではありませんが、ポリエステルの服などには引っかかる恐れも
あるので棒ヤスリ等で滑らかにすると良いでしょう

[追記] 2012/10/31
BD-1Pを何度か使用してみて気になる事が一つあります
逆手の状態で親指にてスイッチをONし点灯させる際に、ボディに人指し指や中指で
保持できる凹凸がない為、スームーズにPUSHすることが難しく感じました
ただ本文中にも記述してありますが、テールスイッチのストロークが短いのが
救いで何とか普通に使用できる状態です

人差し指と中指の間でライトを保持するとストレスなく点灯させることが
できます






スポンサーサイト
2012-10-08 : Balder : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。