素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

全色コンプリート GLO-TOOB AAA

単四電池(AAA)を使うというのが少しネックなんですけど、信頼性の高い
マーカーライトとして有用なGLO-TOOB AAAをこの度全色コンプリート
することが出来ました

GLOTOOB_compleat_01.jpg


最初のGLO-TOOB AAAは2014年の春にブルー(BL)のカラーを入手しています
災害時など色んな場面を想定するとハンドライトだけでなくマーカーライトも
やはり必要だろうと言う事で購入しました


GLO-TOOB AAAはリチウム電池を使う同ライトよりも機能的には
ややダウングレードさせつつも操作を簡略化して使い易く
しているという見方もでき、値段もより手ごろになっている


使ってみると質感も文句なく小生の用途ではランタイムも満足できる
モールシステムへの収まりも良い
これが単三仕様ならば100点満点だが、なぜか巷ではサイズ感にそこまで決定的な
違いがないにも関わらずランタイムが半分程度しかない単四電池に結構支持が
あるらしくGLO-TOOBにも単三電池使用のモデルが無い
こればかりは小生一人が文句を言っても始まらない
メーカー側が単三電池の有用性を理解してくれるのを待つしかない


GLOTOOB_compleat_02.jpg


で実際ブルーを購入してみると

「緊急時にはやはり赤色の方が視認性が良かろう」

とか

「ランタンとしても使えるからホワイトも要るな」

など

色んな理由をつけて他のカラーも欲しくなってきました
しかしやはり単四電池というのが引っ掛かりコストをかけてこのマーカーライトを
自分の中で拡張させるのには二の足を踏んでいました
(ブルー購入時の価格は約3000円)


・ ・ ・


あれから3年、ライトマニアなら誰もが知る某ネットショップの週末タイムセールで
GLO-TOOB AAAが税込1980円という破格で売りに出されておりまして
LEDLENSER X14のフォーカスコントロールのように硬かった小生の意思が
ついに揺り動かされました


で、何色を買うかに迷った訳ですが、どうにも一つに絞れない
よくよく考えると全5色でひとつは既に所有しているので残りは4色、
全部購入しても8000円に満たない、よくある4AAライト1本買うのと大差ないではないか、
しかも小生の性格上結局いつかは全色揃えるんだから今このタイミングで買った方が
絶対お得(のはず)だと思い、深夜の事で思考回路がマヒしていたのもあり
結局4カラーまとめて全部ポチってしまいました

今回購入したカラーはレッド(RD)グリーン(GR)アンバー(AMB)、ホワイト(WH)
思いがけないタイミングになりましたが、足かけ4年でGLO-TOOB 4AAA
全色をコンプリートです(何の自慢にもならんけど)


GLOTOOB_compleat_03.jpg


実際使うかどうかは別として、ラインナップをすべて手中にした状態というのは
何とも心強い

どんなマーカー用途でもどんと来いって感じです

イヤ、本音言うと本当にマーカーライトが必要な事態には絶対に陥りたくはないですけどね


ちなみにセールが終了した現在も近い価格での販売が継続されているようです


スポンサーサイト
2017-05-21 : GLO-TOOB : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EDC GEAR Go Outdoor マーカーライト

以前に自分の信念を曲げて単4電池のGLO-TOOB AAAを購入した事を書きましたが

そのきっかけになったのがこのマーカーライト


EDCGEAR1.jpg
                         EDC GEAR Go Outdoor


外観はGLO-TOOB AAAと良く似ている...と言うかGLO-TOOBをパクっているのでしょう

実は以前のGLO-TOOB AAAのレビュー記事で、追記前の最後の写真に
GLO-TOOBとペアで同じ写真に収まっていたのを気付いた人も居たかと思います
単三電池を使用するのでサイズがGLO-TOOB AAAよりもひと回り大きい


小生これまで幾種類ものマーカーライトをベンチマークしてきましたが
単三電池を使用するものは本当に少なかった

なのである時この単三電池仕様のEDC GEAR Go Outdoorを見つけた時には小躍りして喜んだ
値段も手頃だったので発光色違いで3本注文して届くのを楽しみにしていました


EDCGEAR2.jpg


右奥は本家GLO-TOOB AAA



・諸元

使用電池  単三電池(充電池可)
ランタイム  8~24h
防水性能  約30m
サイズ    83×23mm
明るさ    3段階切り替え(100%、25%、ストロボ) 操作、明るさはGLO-TOOB AAAとほぼ一緒
重量     54g
付属品   ネックストラップ、予備Oリング、金属環




が、実際届いて確認してみると海外通販らしく小キズが無数にあり中には樹脂部が
欠けているものもありました
肝心の発光自体に関しては3本全て問題は無かったものの
GLO-TOOBと同じく底部黒キャップを締め込んで点灯させるのですが
点灯するまでの締め込み具合が3本全てで違っていたりと、場合によっては命を預ける事も
あるであろう非常時のマーカーライトとしては信頼に値しない代物でした

※点灯しなかったり途中で消灯するなどの不具合はないので現在は夜のウォーキングに使用中


このEDC GEARを最後に小生は単三電池を使用するマーカーライトを諦め
GLO-TOOBのAAAモデルに手を出してしまったのです


EDCGEAR3.jpg


そしてこれが以前のGLO-TOOB AAAの記事の最初の一言

「単三電池(AA)を使用する信頼性の高いマーカーライトは探しても本当に見つからないんですよね」

というのに繋がった訳です


ただこのEDC GEAR のマーカーライトは1個¥1200程度なので、品質のバラツキを覚悟の上で
購入するのならば単三電池が使用できる事もあり、使う人によってはそれなりに
魅力的ではあると思います



本家GLO-TOOBから単三モデルがリリースされれば10本はまとめ買いするのになぁ~

嘘です、小生にそんな経済力はありません

でも2本は買うなきっと



[追記]214.7.12
GLO-TOOBの外殻はスモーク(フロスト)樹脂ですが、EDC GEARはクリアタイプになります
ランタイムは100%点灯で2晩のべ16時間点灯させましたが減光は認められませんでした





2014-07-05 : GLO-TOOB : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

GLO-TOOB AAA Series

単三電池(AA)を使用する信頼性の高いマーカーライトは
探しても本当に見つからないんですよね

GLO AAA 12


GLO-TOOBの単四モデルを入手してしまいました

GLO-TOOBの購入までには紆余曲折あったのですが今回はそれには触れずまたの機会に


GLO AAA 1
                        GLO-TOOB AAA


GLO-TOOBではemergency light markerと謳っていますが、一般的にはマーカーライトと
呼ばれるこのジャンル

自分の視界確保に用いる通常のフラッシュライトと違い、暗闇の中で自分以外の
相手に己の存在を認識してもらうために使用するライトです
また洞窟探検などで来た道を見失わないように途中途中に設置して
道標にするなどの用途もあります
このマーカーライトの延長線上にMS2000などのストロボライトがある


GLO-TOOBは最初12V 23A電池を使用するもののみのラインナップだったと思います
遅れてCR123Aリチウム電池モデルが登場して、最後にAAA(単四電池)モデルが
デビューしました

2014年4月の現時点では


・Original Series     12V 23Aアルカリ電池 3000円前後
・FX Series          12V 23Aアルカリ電池 砲弾LED  3500円前後
・IR Series          IR リチウム電池  9000円前後
・Lithium Series      リチウム電池 6000円前後
・AAA Series         単四電池  3000円前後


の5種類のラインナップのようです


ランコスト同様にライト本体の価格も単四モデルが一番安価になります
Originalもほぼ同価格ですが、12V電池は1本200~300円なので
コスト面では単四モデルに軍配があがるかと思います



・諸元

点灯モード  3パターン
明るさ     100%、25%、Flash
ランタイム   4-15時間
防水性能   60m/200ft(水中での点灯切替不可)
サイズ     19.5mm x 72mm
重量      約34g
使用電池   単4アルカリ電池(テスト用電池付属)
付属品    ネックストラップ



GLO AAA 2


カラフルで楽しいパッケージです
ネックストラップと単四電池が付属します


GLO AAA 4

GLO AAA 3


小生が入手したのは青色光のモデル


GLO AAA 6


上部に孔があり付属の金属環を通してカラビナを装着すれば
色んな所に吊り下げて使用できます
写真のカラビナは付属しませんよ、ご自分で購入されて下さいね(^^

スキューバダイビングでも使用可能なほど防水性能が高いので、ガス発生の
危険があるニッケル水素充電池は使わない方が良いでしょう (使ってますが)


GLO AAA 5


底の黒色のキャップを外して電池を装填します


リチウムモデルに付属するプッシュボタンスイッチは単四モデルには付属せず
黒色キャップを締めることで点灯し、緩めると消灯します

また11種類の発光パターンを設定できるリチウムモデルと異なり、単四モデルは
100%、25%、Flashのシンプルな3パターンのみです

発光パターンの切り替えは点灯状態で黒色キャップを素早く緩める→締める で行います



GLO AAA 8
                         100%点灯


GLO AAA 9
                         25%点灯



100%点灯ではかなりの明るさでホワイト光モデルならば狭いテント内などでは
一時的にランタンの代わりになりそうな程です

25%でもマーカーとしては十分な光量


Flashは目測で7~10Hz程度で、個人的にはも少し周波数が低くても良いかなぁと感じます
ヨットで遭難した某評論家のように夜間大海原で救助を待つような状況では高周波が
良い場合もありますが、自転車通勤でザックに装着して存在をアピールするような用途では
5Hz以上あると周囲が目障りに感じるのではと心配になります



当ブログに何度もご訪問頂いている方は、小生の単三電池への熱の入れようは
既にご存じだと思います

以前所有していた単四電池を使用するライトは友人に無償譲渡したりして整理し
この10年程は購入するライトは単三電池にこだわってきました
(T60CSやメーカー支給などを除く)


AAAセル(単四)ライトを購入したことは小生にとって苦渋の選択でした
しかしマーカーライトとしてこれに替わるものがどうしても無い


ランコストも考え同時にeneloopの単四型×4本も揃えましたが
eneloopの単三と単四は充電器を共用でき余分な出費は最小限ですし
電池スペーサーを使用すれば単四を単三として使う余地もある訳ですが...


認めたくはない 認めたくはないが、受け入れるしかない 自分の信念を曲げたことを



たかが電池の事、大袈裟と言えば大袈裟な話...


GLO AAA 10


AAセルのGLO-TOOB 出ないかな ...



[追記] 画像追加 2014/4/28

GLOTOOB ONOFF


発光面は円筒形の本体上部のみなのですが、試しにビニールテープを巻きつけて
この部分を覆って点灯させてみると外殻の半透明の樹脂部を光が透過して全体的に
淡く発光します

参考までに


2014-04-25 : GLO-TOOB : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる