素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

KELTY LUMATECH LANTERN (ケルティ ルマテック ランタン)

KELTY6.jpg


単一電池を複数本使用するランタンは圧倒的な光量とランタイムを誇りますが
キャンプならば兎も角、出来るだけ荷物を軽くしたい登山などで使うには難しい

なので単三電池の小型ランタンも一部の支持を得ていて、コスパから
一番ユーザーが多いと思われるのはやはりGENTOSのEXシリーズだと思うが
アウトドアランタンを多く展開しているKELTYと言うブランドも有名だ
1952年に誕生した米国ブランドです


KELTY5.jpg
             KELTY LUMATECH LANTERN (ケルティ ルマテック ランタン)


小生が普段使用しているのはGENTOS EX-837NXで、防災用途とスペアを
含めて現在6個手元にある状態(3個は未開封)ですが、使用する電池の本数が
3本なのでニッケル水素充電池で使っていると本数のキリが悪いのがやや不満です

このルマテックランタンは単三電池を4本使用するので充電池の管理がし易い


・諸元

明るさ    HIGH:30ルーメン(13時間)、LOW:6ルーメン(99時間)
使用電池 単3アルカリ乾電池4本
サイズ    高さ14cm×幅5.5cm×奥行5.5cm
重量     160g
実売価格 2900~4000円前後




KELTY1.jpg


サイズはEX-837NXよりもやや大きい程度
大きさの参考に置いている缶コーヒーの容量は185gです


KELTY2.jpg


電池の装填は、底蓋を回転させて外すとカートリッジが出てくるので
これに単三電池を4本挿し込む
ちなみに底蓋には金属接点はなく、万が一紛失しても本体とカートリッジを
押さえつければ何とかランタンとして点灯させることは可能です
ただ個人的にはカートリッジ式ではないほうが利便性が高いと思う


KELTY3.jpg

KELTY4.jpg


収納できる吊り下げ用のフックがあり、中央が湾曲していてカラビナ等が無くとも
高い位置のロープや細いフレームなどに掛けて使用することが出来ます



KELTY7.jpg
                            HIGH点灯


KELTY8.jpg
                            LOW点灯


HIGH点灯でも8畳の部屋の真ん中で使うとやや暗く感じますが、
3~4人用登山テントの狭い空間ではそれなりに使える明るさです
あまり明るいと視界に入ったとき眩しく感じるのでこの辺が登山用としては
ジレンマがある所

LOWだと50cmくらいまで近づいて本の文字が読めるくらいの明るさ
これで本当に100時間のランタイムであるならば心強いので
キャンプでは夜目を刺激しない常夜灯としても使えそうな
明るさです


KELTYはバッグが有名ですが、ランタンのラインナップも多くルマテック以外は
かなり独創的なデザインをしている

プラとゴムで出来たGENTOSと違い、KELTYのルマテックランタンはアルミ製なので
耐衝撃性は分からないが、質感としてはGENTOSよりも上に感じる
ただ明るさに関してはGENTOSの同数セルモデルに比較するとやや暗いかな

小型ランタンとしての性能は数ある中でも良く出来ている方だと思うので
これからランタン選びをする人は候補のひとつにしては如何?


KELTY10.jpg



スポンサーサイト
2014-09-22 : KELTY : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。