素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

SUREFIRE G2Z COMBATLIGHT with MaxVision

2ヶ月程前にSUREFIRE G2Z COMBATLIGHT with MaxVisionを入手しました

SUREFIREが新たに提唱する近・中距離タスクに最適な均質な幅広の
照光パターンである「MAXVISION BEAM」を搭載するライトです

G2ZMV_01.jpg
SUREFIRE G2Z COMBATLIGHT with MaxVision



通常安い所で正規品が税込19000円くらいで販売されてて、本来は発売と同時に
購入したかったのですが、自分としてはハンドライトに2万円と言うのは
躊躇する値段で中々購入に踏み切れなかった
しかし10月にある正規品を扱うショップで税込約15000円のセールがあり
そのタイミングで入手しました(15000円でも躊躇しろよって話ですが...W)


G2ZMV_05.jpg
無灯火


G2ZMV_06.jpg
SUREFIRE G2Z-MV 650ルーメン



G2ZMV_03.jpg
無灯火


G2ZMV_04.jpg
SUREFIRE G2Z-MV 650ルーメン



でしばらく使ってみて、シングルアウトプットで圧倒的な光量のムラの無い配光は
非常に使い易と思ってた頃に別のSUREFIREのこちらは正規代理店が運営する
販売サイトを見ていたら、何とセール価格で税込約12000円で販売されていました

ちなみにセールの理由は次回入荷分から仕様変更になるからという事
今年デビューしたのにもう仕様変更とは

ほぼ40%OFFでこれはもう買うしかないw


G2ZMV_02.jpg


ということでG2Z-MVが2本になってしまいました

もう1本必要かどうかの話ではなく、単純にこの価格で他の人に
渡ってたまるかという感情だけでした


ややあって正規代理店の販売サイトを再訪すると、G2Z-MVが確かに
仕様変更になっていました
(2017.12.2時点ではまだ予約受付)


大きな変更内容としては

明るさが650ルーメンから800ルーメンに向上するに伴い
ランタイムが2Hから1.5Hに減ってます


細かいところでは、

長さが12→12.1cmと長く、ベゼル直径が2.8→2.79と細身になってます


これだけ微妙だと本当にサイズ変更なのか?前モデルを正確に計測し直しただけなのか
分かりませんけど、本当に1mmの変更なら人によっては結構大きな話だと思います
普段手でグリップして使う分には1mmの差など気にならないですけど
カツカツのホルスターとか何かに固定して運用する人にとっては
これまでのモデルと共用できない事になる

まSUREFIREがそう判断したんだから使い易い方にシフトしているんでしょうけど


スポンサーサイト
2017-12-03 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SUREFIRE G2X PRO FIRE RESCUE レスキューモデル

sure firerescue 01


単三電池がメインの小生が最後まで手を出さなかったのがSUREFIREのライトでした

ただメーカーからのサンプル提供などでリチウム電池を使うライトが
手元に増えていき、周囲の電池の規格を一本化する事が困難になり
また防災用として考えた時に単三電池の高度な互換性は変わらないものの
自然放電の少ない事や使用環境に制約が少ないなどのリチウム電池が持つ
優位性もあるためハイローミックスを取り入れてリチウム電池と其れを使用する
ライトの備蓄も開始しました
(このケースのハイは勿論リチウムの電池の方です)

〔ハイ・ローミックス〕
価格が高い物と廉価なものを組み合わせて定数を揃える事
例としては米空軍が高価なF-15と安価なF-16を調達する事で
全体の調達費用を抑えている事などがある



最初にSUREFIREを購入したのは2015年末の事でした
その時すでに蛍光色イエローが目立つファイアーレスキューの存在は知っていましたが
タイミングが悪く販売が終了した直後でネットショップのWEBサイト上でも
SOLDOUTばかりで悔しい思いをしたのを思い出します

しかし先月何気なくSUREFIRE JAPANの公式サイトを見ていたら
そのSUREFIREのファイアーレスキューモデルが復活しているではないか
もう待ってましたとばかりに小躍りして 売り切れる前にG2X PRO レスキューYL
(G2XC-FYL)をポチりましたよ


sure firerescue 02
SUREFIRE G2X PRO RESCUE イエロー(G2XC-FYL)



蛍光イエローがイイですネ

SUREFIREは軍や法執行機関御用達の漆黒ボディのイメージなので
違った趣が感じられます


やっと入手できたと部屋で夜な夜な頬擦りしていましたが、別のネットショップの
サイトを見ていたら何と同じファイアーレスキューのオレンジの方も復活しているではないか!
こちらも売り切れる前に入手せねばと値段の事などまったく考えずにポチってしまいました
もう以前に欲しくても売り切れてた時の反動で正常な判断が出来なくなっているようです


sure firerescue 03
SUREFIRE G2X PRO RESCUE オレンジ (G2XC-FOR)



オレンジもイイ

黄色とかオレンジって警戒色なのでちょっと緊張感があるのかと思いましたが
ボディがポリマー樹脂なので程よいトイ感がそれを打ち消している感じがします


スペックは他のG2X PROと同じでHi320ルーメン、Low15ルーメンのデュアルアウトプット
ランタイムはそれぞれ2h、45min、ヘッドがアルミ合金でボディ部はナイトロン
ポリマー樹脂製です

ノーマルのG2X PROの方にもイエローがありますが、FIRE RESCUEのイエローは
蛍光イエローでより目立ちます
前モデルのファイアーレスキューは他のG2Xより高かったと思いますけど
新型(外見は一緒ですが)は他のG2X PROと同じ価格ですね


sure firerescue 07


ちなみにレスキューモデルについて、公式サイトには

「G2X PROレスキューは消防隊員や救急車のEMT(Emergency Medical Technician)、
他対応者のために特別に設計されました。」

とありますがG2Xのヘッドはアルミ合金製であり、ストリームライト プロポリMAXのように
ヘッドまで樹脂製ではないので防爆ライトとしての認証は受けていないと思います
金属部分があると静電気の発生や、落下させた時などに火花が発生する場合があり
防爆ライトとしては使えないでしょう

使うとしたら最前線の現場ではなく関係者の後方支援用途になるでしょうね


sure firerescue 05


小生の手元のG2Xもカラフルになってきました

パーソナルシリーズはこれ以外にも車載している6PX PRO BKがあります


sure firerescue 06


さらにSUREFIRE全体でもだいぶ賑やかになってきました ^^

SUREFIREはカスタムパーツが豊富なのでリングやフックを追加装備したり
モジュールを換えていたりノーマルで使ってるのはほとんどありませんね

小生の所有するライトの総数からするとSUREFIREはまだ少数派ですが
それでもここに写っているSUREの購入価格を計算すると頭がクラクラしてきました

こういうモノはあまり考えるもんじゃないですね
明るく前向きに考えましょ ライトだけに...


2017-07-15 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SOLARFORCE L2MとSUREFIRE 6P

SOLARFORCE L2MはSUREFIRE 6Pとそっくりだ
特にヘッドのアンチロール形状なんかは偶然の一致とは思えない
明らかに(L2Mのほうが)デザインをコピーしてると言って良いでしょう


L2M_6P_01.jpg
SOLARFORCE L2MとSUREFIRE 6P


各部の造り込みはもちろん本体価格が5倍以上の6Pの圧勝なんですが
L2Mのほうはボディが分割できてCR123単セルで使用できるなど
6Pの方にはない使い方も可能です


L2M_6P_02.jpg


小生の手元にあるL2Mと6PにはそれぞれH2T 燈 P60互換 6V LEDモジュール
電球色の「拡散」と「集光」がドロップインされています


とくに「拡散」の方の超広角なフラット光は感動モノ
この衝撃はZEBRALIGHT H502以来です


H2Tの燈(ともしび)シリーズは実用最低限までパワーを抑えている代わりに
圧倒的なランタイムを提供してくれる


LEDとはいえ電球色なのでキセノンの温かみのある光はそのまま


2017-03-09 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる