素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

持ってて良かった SOLARFORCEカスタムパーツ

ナイトハイクとかこのブログ用の屋外照射で夜に出掛ける時

いつも通り単三のEDCライトはポッケに入れてありますが、小型ライトは即射性に
劣るし場面によってはパワー不足なので、小生はそれらやヘッデンとは別に
ホルスターに入れたLi-ion充電池のフラッシュライトを腰から提げて携行する
事にしています

Solarforce_custom_01.jpg


小生が主に使用しているのはSKM工房のSUREFIRE用スピードホルスター

その名の通り拳銃の早撃ちの如き即射が可能なライトホルスターです


Solarforce_custom_02.jpg

左) SKM工房 SUREFIRE 6PX用 スピードホルスター B型 SW6PX-BTK BK

右) SKM工房 6PX G2X用 スピードホルスター SW6PX-C C型 BK

本当は昼夜関係なく持ち出したいのですが、その出で立ちから
あまり人目がある所での携行は憚られますのでこればかりは
「必要になった時のみ」の出番となっている


でそのホルスターとの組み合わせで使用している肝心のライトの方ですが
注射器持ちでレスポンスが良いSOLARFORCE L2Tに800ルーメンクラスの
シングルモード・モジュールをドロップインしたものを使ってます

SOLARFORCE L2Tは予備機を含め既に3本手元に有るほどコスパが良く
性能も信頼をおいているのですが、SKM工房のホルスターとの組み合わせで
唯一困った事はL2Tのベゼルがフラットとは言え細かな凹凸のエッジにより
ライトの抜き差しを繰り返すとホルスターの樹脂部分がガリガリ削られていく事です


Solarforce_custom_03.jpg


元々がSUREFIREのパーソナルシリーズに適合するために造られたものですから
仕方がないと最初は諦めていたんですけど、ある時ふと


「SOLARFORCEってベゼル交換できるよな?」


と言う事を思い出し、さらに


「しかも以前に購入した記憶があるぞ」


と記憶を頼りに散らかった物置部屋を漁っていると

ありました! SOLARFORCE L2-B6ステンレスフラットベゼルです


早速L2Tに取り付けてみます

Solarforce_custom_04.jpg


精巧な面構えになった気がします 中々良い感じです

SKM工房のスピードホルスターにも断然スムーズに収まるようになりました


Solarforce_custom_06.jpg


ただしこのステンレスベゼル、締め込みや取り外しにはSUREFIRE用の
ベゼルリング取り外し工具を使わなければ組み付ける事ができません
もっとも知恵をはたらかせれば滑り止めシートやゴム板にベゼルを押し付けて
ヘッドを回転させる事である程度代用する事も可能ですが


SOLARFORCEの交換ベゼルが既に手元にあるのにそれを失念していた事については
小生の購入スタイルが原因です
というのもライトに限らずカメラ等でこれまでカスタムパーツが必要になった時には
既に廃番になっている事が多くあり悔しい思いで出地団太を踏み続けてきたので
SOLARFORCEについては「今は要らないけど将来必要になるかもしれない」
という投資目的で、ひとつひとつはそれほど値が張るものでも無かった事もあり
かなり昔に一連の交換部品を買いあさった次期があったのです

直ぐに使うものでも無かったのでそのまま開封すらしない状態で備蓄扱いで
部屋の肥しとなりいつの間にか購入した記憶ごと飛んでしまっていました


Solarforce_custom_07.jpg
SOLARFORCEのライトとカスタムパーツ


ちなみに右から2本目のL2には紫外線モジュールが入っている
他にもこの写真に写ってないライトやヘッド、フィルタ等が手元に多くあります

またSOLARFORCE純正以外でも基本的にSUREFIREと互換性が高いので
H2T(エイチ・ツー・ティー)などのサードパーティーが提供するモジュールや
拡散玉など手元にはさらに多くの共用可能なパーツがありその組み合わせは
さらに膨大となるでしょう


ステンレスフラットベゼルはまだ現行品ですが、今回必要になったパーツが
手元にありすぐに交換できた事で以前に考えた未来への投資目的が一応は
限定的ですが報われた形になり無駄ではなかったと言って良いでしょう

ライトに限らず欲しい部品や材料が手元にありすぐに対応できる状態ほど
素晴らしい事ってないですよね


Solarforce_custom_05.jpg


持ってて良かったぞ ソーラーフォース・カスタムパーツ


スポンサーサイト
2018-02-04 : SOLARFORCE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SOLARFORCE L2Tをリピート

この1年くらいで一番出番が多かったのはSOLARFORCE L2Tでした

L2T_20170416_01.jpg
SOLARFORCE L2T


コンバットリングが標準装備されていて、これを使っての「注射器持ち」は
タクティカルな仕事だけでなく、普段の生活の中でも結構便利です


L2T_20170416_02.jpg


特に冬の屋外ではグローブをしている事も多いので突発的に明かりが
欲しくなった際に片手で迅速に機動できるのは嬉しい
18650を1本使用し、半押しでの間欠点灯にも対応している


L2T_20170416_03.jpg


あまりにも気に入ったので年明けに予備機としてもう一本購入しました

どちらにもSOLARFORCEのP60互換モジュール シングルアウトプット
500ルーメン級をドロップインしています

SOLARFORCEはカスタムパーツも豊富なので自分好みのスタイルに
改造する事もできるし、SKM工房のSUREFIRE 6PX、G2X対応の
カイデックス樹脂製ホルスターにもジャストサイズで収納できる


ちなみに2年近く購入の間隔が空いているこの2本のL2Tですが、
S/Nが11個しか違わないのは同時期にショップが在庫を
確保したモノだからだろうか?
だとするとセールス的にあまり成功していない事になるな


L2T_20170416_04.jpg


同じモデルでS/Nも近いのですが、まったく同じという訳ではなく、
個体差というか何というかローレットの刻み具合に若干の違いが
見受けられます

ま、この程度の違いは実用上まったく問題になりませんけど


2017-04-16 : SOLARFORCE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SOLARFORCE P1

ちょっと前の事ですが車載用で緊急時に見つけ易い
視認性が高いライトを探していていました
(ちなみに6本ものライトが既に車載されているのだが...)

Solarforce P1 01


外観が黄色の目立つライトとしては小生すでにFENIX TK20、プロポリMAX 4AA、
BAYCO NIGHTSTICK を所有していますが、TK20はボディがゴムで
覆われており高温になる車内では劣化が心配。プロポリは4AAで
緊急用にはちとセルの数が多過ぎるし、NIGHTSTICKも3AAで
中途半端なセル数
なにより根が貧乏性なので防爆ライトを車内に放置するのは
もったいない気がする

ナックルヘッドやタジマペタも所有してますが
そもそもハンドライトでないので除外

SUREFIRE G2Xのイエローも考えましたが1万円近くするので却下
最終的にSolarforce P1のイエローに落ち着きました


Solarforce P1 02
SOLARFORCE P1



ボディは強化グラスファイバー樹脂製
ストラップ孔はどこにもありません

P1は4年くらい前からその存在は知っていました、SolarforceのHPを見てみると
普通に現役選手として掲載されており、かなりのロングセラーです


Solarforceなので本体のみで3000円くらい、LEDは別売りです
まぁ色々なボディやモジュール、各種アクセサリーを組み合わせる
事ができるのがSolarforceの良い所なんですが


Solarforce P1 03


モジュールはP60互換 LC-XML U2 3MODE 2.7-9Vを組み合わせました

メーカー公証550ルーメンのLEDです


P1はCR123A×2本と18650の両方を使用する事が出来、3Vのリチウム乾電池を
装填する場合は付属のチューブで外径の隙詰めを行う
今回9Vまで対応するモジュールを組み込んだので16340×2本での運用も可能です




一応P1+CREE XM-L 550ルーメンの照射テストです



Solarforce P1 04
High


Solarforce P1 05
Mid


Solarforce P1 06
Low




Solarforce P1 07
Low 近接



グリップした感触はあまり使い易いとは言えない感じです
でもEDCするつもりは無いので特に問題は無し

それよりテールスイッチの反応がやや不安定なのが気になりました
個体差かもしれませんが、ONの状態から再度SWを押してもOFFに
ならない事が数度あってテールの内部を全て分解清掃したら改善しました


車載するライトでリチウム電池を使用するのは
SUREFIRE 6PX PROに続きこれで2本目
他はすべてAAライトです

結局どれだけ信頼性があるライトでも緊急時に絶対に点いてくれると言う
保障はどこにもないので、電池に多様性を持たせたり数を増やす事で
その確率を上げるしか最終的には手段がないように思う

小生のメインは単三電池のライトで普段はニッケル水素充電池とアルカリ乾電池を
使用しながら消費と備蓄を繰り返し、緊急時に備え単三リチウム乾電池がそれをバックアップ
していますが、それでも対応しきれないケースが来る事を考えCR123Aリチウム電池の
ライトで補完する体制になっています


つまりバックアップのそのまたバックアップという位置づけです

2016-07-26 : SOLARFORCE : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる