素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

FENIX E41

いい加減に昨年末から部屋に転がっているFENIX E41をレビューせねば

E41 1
                               FENIX E41


最近の4AAのトレンドとしては、NITECORE EA4、EA41に代表される
「ドラム型」です

そのドラム型の4AAライトには大きく分けて4つのタイプのライトが存在する

ひとつはON/OFFと調光を搭載されたプッシュスイッチ1つだけで操作するタイプ
もう一方はON/OFFとは別の調光ボタンがある「デュアルスイッチ」のライト
そして4本の単三電池を別体のカートリッジに装填するものと、直接ボディに
挿入するタイプ
それぞれの組み合わせで総じて4つのタイプという訳です

シングルスイッチで直接挿入型はE41、シングルのカートリッジ式はThruNite TN4A、
デュアルのカートリッジ式はSUNWAYMAN D40Aがあり、デュアルの直接挿入型は
SUNWAYMAN F40Aがあります


E41 3


ThruNIte TN4AとSUNWAYMAN D40Aはすでに手元にあるので
シングルスイッチのバッテリー直接挿入型のFENIX E41を是非使ってみたかった
そうでなくともコスパに定評のあるFENIXから1000ルーメンクラスの4AAライトが
リリースされたと聞けば見過ごせない人は多いのではと思う


E41 2



・諸元

搭載LED  Cree XM-L2 U2
明るさ    Burst 1000ルーメン、High 400ルーメン、Mid 140ルーメン、Low20ルーメン
ランタイム  High 4h15min、Mid 13h20min、Low 95h
バッテリー  単三電池4本 (eneloop可)
全長     116mm
重量     204g(電池除)
防水性能  IPX8
付属品   ストラップ、ホルスター、予備Oリング、テスト用電池




E41 14


TN4Aの記事でも実施しましたが、ThruNite TN4A、SUNWAYMAN D40Aと
外観を比較してみます

左からThruNite TN4A、FENIX E41、SUNWAYMAN D40A

レングスはそれぞれの中間といったところ
サイドスイッチの位置は一番テール寄りなのが分かる


E41 6


スイッチの位置は目視せずとも手探りで探し当てることができるので
順手で持って親指だけでなく人差し指でもプッシュし易い


E41 5


LEDはCree XM-L2 U2が1灯やや深めのスムースリフの奥に鎮座している

と言うかFENIXのライトでOPってあまり見かけませんね


E41 7


テール部にランヤードストラップ用の孔がしっかりと有ります
孔は対角線上に2ヵ所あります

ドラム型4AAライトには何故かこの孔がなかったり、D40Aのようにボディの中央に
あったりするので、このE41のように「定位置」にあると安心するのです


E41 4


テールを回転して外すと電池の挿入スペースが現れます
電池の装填方向はこの部分にプリントして示してあって間違える事はないでしょう

E41 8


テールの方には位置決めのピンがあります

E41 10


電池を装填した後は、このピンをボディ側の孔に合わせて蓋をする訳です

このピンがカートリッジレスモデルの特徴でもあります
つまりカートリッジ式だとどんな位置でテール部と接触しても構わないのですが
ドラム型ライトで電池を直接挿入するタイプだと、テール部の金属端子には毎回決まった極が
接触していなければならない為にこのピンで位置を合わせているのです
これはカートリッジがないNITECORE EA41でも同じです

E41 12



・操作

サイドスイッチを長押しすることでONになります
点灯状態でスイッチの短押しでLow-Mid-High-Low...と調光します
またTurboは点灯状態でスイッチを長押しするとBurst 1000ルーメンになります
Burstはスイッチを押し続けている間だけ照射されます
メモリー機能があり消灯時の明るさで次回再点灯します

点灯状態でスイッチを長押しするとOFFします



長押しでのON/OFFは場面によっては少々もどかしく感じますが
その分誤点灯の抑止には役立っていると思います
どちらを取るかという問題ですね




屋外照射です



画面奥まで距離約70m


E41 Low1
                              Low 20ルーメン

E41 Mid1
                             Mid 140ルーメン

E41 Hi1
                             High 400ルーメン

E41 Burst1
                            Burst 1000ルーメン



画面奥まで距離約90m


E41 Low2
                             Low 20ルーメン

E41 Mid2
                             Mid 140ルーメン

E41 Hi2
                             High 400ルーメン

E41 Burst2
                            Burst 1000ルーメン



照射面まで距離約10m


E41 Low3
                             Low 20ルーメン

E41 Mid3
                            Mid 140ルーメン

E41 Hi3
                            High 400ルーメン

E41 Burst3
                           Burst 1000ルーメン


Burst 1000ルーメンは当然ながら結構な明るさですが、スイッチを押し続けなければ
ならないのでやはり緊急用に短時間のみ使う想定なのでしょう
常用する性格のものではないと思う

High 400ルーメンでも本来は超絶な明るさのはずなのですが、もう1000ルーメンが
珍しくない時代に突入して400ルーメンくらいじゃ明るいとは感じなくなってしまった
自分の感覚の変化が恐ろしい

スペック上は400ルーメンで4時間のランタイムのようなので、充分実用できるん
じゃないかと思います
それと140ルーメンのMidの出番が多そうです

屋内ではLow20ルーメンで充分な明るさです
ランタイムが100時間近くあるので災害時には心強いでしょう
ThruNiteのように微光モードはありませんがLowで代用できそうな感じがします



カートリッジ式のライトだと電池交換の際は電池とカートリッジ以外の部品を
一旦テーブルや地面に置いて作業をしなければなりません
対してこのFENIX E41のようなライトだとボディやテールを手に持ったまま電池の装填が
可能ですが、前述のように位置決めピンを孔に合わせるひと手間が発生します

まったく個人的な見解ですが、カートリッジ式でストリームライトのナックルヘッドのように
カートリッジだけ廉価に別売がされていれば予備カートリッジに予め電池を装填して
おく事でサブマシンガンのマガジン交換のように電池交換の時間を短縮できるのですが、
別売りでカートリッジが購入できなければあえてカートリッジ式であるメリットはあまり
ないように感じています


まぁ最終的には購入者の運用思想次第なのですが

ドラム式の4AAライトは前述のように4つのタイプが存在しているので
これから購入する人はその辺を熟慮して入手すると実際の運用の際には
より快適に使えるかもしれませんね


スポンサーサイト
2015-02-21 : FENIX : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop

FENIXを同時購入

小生にしては珍しく同一ブランドのライトを3本まとめて入手しました

と言っても購入したのは10月上旬ですが...


FENIX 3hon


左からFENIX CL20、E41、LD09

CL20は2AAのランタンですがCR123A1本でも使用できるという優れモノ
前から2AAのランタンの登場を待ち望んでいました


E41は4AAで1000ルーメンを発揮する変態ライト
ドラム型の4AAはSUNWAYMAN D40Aを持ってますが、カートリッジのないモデルも
試してみたく購入


LD09は1AAの中でもかなりコンパクトなライト
しかしMAX 130ルーメンと侮れない性能を有す



ヤル気が出たらぼちぼちレビューしていく予定です

でもレビュー待ちのライトはこれだけじゃないからなぁ ...



2014-11-28 : FENIX : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

FENIX TK45

8AA(単三×8本)使用の変態ライト FENIX TK45

TK45 8AA 1st
                             FENIX TK45


2010年の年末くらいに購入したと記憶していますが、レビューをサボっている内に生産中止に
なってしまい放置していましたが、未だ流通在庫は結構有るようです

小生屋外照射テストは5、6本のライトをまとめて実施しており、以前に撮影したもののデータを
見ていたらTK45のものが見つかりました


8AAライトはNITECORE EAX HAMMERのように2000ルーメンの世界に突入しており
今さら760ルーメンのTK45を購入する人は相当なモノ好きでしょうが
少しでも参考になるかと思い照射テストの画像だけ掲載する事にしました



Mod 4
                           Mid 95ルーメン 22h

Hi 4
                           Hi 312ルーメン 6.5h

Turbo 4
                          Turbo 760ルーメン 2h



Mid 3
                           Mid 95ルーメン 22h

Hi 3
                           Hi 312ルーメン 6.5h

Turbo 3
                          Turbo 760ルーメン 2h



Turbo 2
                         Turbo 760ルーメン 2h


Turbo 1
                         Turbo 760ルーメン 2h


現在であれば760ルーメン程度なら4AAで充分発揮可能ですのであえて8AAライトを
選択する人も稀でしょうが、デザインでTK45を選ぶイッちゃってる人も極々少数居るかと思います

そのような人の参考になれば幸いです


2014-08-09 : FENIX : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。