素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

登山での鉄則

滋賀県の赤坂山(824m)で27日午前に集団登山で全体からはぐれ遭難した
小学6年の男女2人が28日正午前に自力下山して無事保護された

もうすぐ夏山の季節だが経験の浅い登山者に知っておいて欲しい事がある


yatsu500.jpg
危険がいっぱいの夏山



幼い命が無傷で救われたことは不幸中の幸いだが、自力下山した児童は

「沢を下った」、「沢を下れば琵琶湖に出ると思った」

と語ったと言う

ここまでしかNEWSで見ていない人は

「そうか、遭難したら沢を下れば良いのだな」

と思う人が居るかもしれないが、これは大間違いである


最近流行りの中高年の団体登山者や山ガールなどは知らないかもしれないが
山で遭難した時に沢を下るのが最悪の選択であることは
ちゃんと山をやっている人からすれば常識である


小生も何度か山で遭難(道迷い)したことがあるが、多くの人間は遭難すると
冷静な判断が出来なくなる
それに順調に登山している時は大して気にしてなくとも遭難すると疲労も激しくなる
ガスっていて視界が悪ければ尚更です
そうなった時人間は早く人里に下りて安心したい、疲労から解放されたいという
欲求から山を下ることを選択してしまいがちです
下っていくとかなりの確率で沢に出会います、こうなったら最悪です

沢は岸が崩落して危険な崖になっていたり、岩場であっても濡れて滑りやすくなっており
万が一転倒した場合は捻挫や骨折など即深刻な状況に陥る可能性があります
そうでなくとも足を滑らせズブ濡れになっただけでも体温を奪われ行動に支障がでます
飲料水を確保する以外は沢には近づかないのが登山の鉄則です

もし山で道迷いしたら(状況によるが)登るのが最良と言われています
多くの山に言える事ですが、ひとつの山に対して色んな方角からの登山道があります
それらの登山道は頂上を目指して伸びているので、登れば別の登山道に出られるかも
しれませんし他の登山者と出会う可能性も高くなります
逆に下るとそのそれぞれの登山道からの距離は遠ざかり、別の登山道に
出られる可能性も低くなる


kaku chizu

例えば上の登山地図 (適当に書いた架空の地図)

紫色で登山道を示している
高砂岳を目指したが、A点でルートを外れ、道に迷い+の所で遭難に気付いたと仮定する
この場合、下るよりも登ったほうがどこかしらの登山道に出る可能性が高いことが分かるだろう
運良く頂上まで行くことが出来れば元のルートへの復帰も容易にできる
しかし下るとそれぞれの登山道からどんどん離れていき、出口が見えない樹海を
彷徨うことになるだろう
山でのアクシデントの7割が下山中に起こっていることからも
端的に理解できると思うが

登るにはもう一つメリットがある
見はらしの良い場所に出ると「山座同定」ができるのである
これにはコンパスと地形図それに技術が必要にはなるが、周囲に見える2つ以上の
山の特徴から自分の現在地を算出する技法である
詳しい事は専門の書籍を参考にしてもらうとして、この山座同定によって
自身の現在地を把握することにより、正しい進路を導き出せるのである


今回の滋賀の件では、遭難して沢沿いを下った結果、案の定大きな滝で立ち往生したらしく
所持していた食糧で食いつなぎ、夜は雨カッパを着用しレジャーシートを敷いて
身を寄せ合って凌いだと報道にあった
ただ翌朝男児にどういう心境の変化があったか「登りなおす」という正しい方向に方針転換し
見晴しが良くなり管理事務所を発見したことで自力下山に繋がったようだ

結果論ではあるが道迷い遭難時の鉄則、「登る」という選択をしたことがすぐに良い結果を
もたらした訳だ

リーダーを決める事やツェルトの携行、ビレイやテント内のバーナー使用など
山ではいくつかの「鉄則」があるが、今回の沢を下る危険というのは初歩中の初歩のはずだが
学童登山はおろか趣味人でもそれを知らない事実がある

そんなアホを相手にして命を張る山岳警備隊や山小屋のスタッフ、遭対協の人には
心から同情する

もちろん自然の中に飛び込むにあたり100%の安全は担保できるはずもないが
今回の遭難について、子供にも非があるが、一番愚かなのは引率していた大人である


山をナメるなよ


Hoken 2


[追記]2013.5.30

子供に非があるというのは、遭難のそもそもの原因はこの児童が自ら
確信犯的にルートを逸脱し、集団から離れたからである
自業自得とはまさにこの事!

しかしそれ以前にこういった児童へ入山するにあたっての心構えなどの
事前教育や対処を怠ったのは引率した大人の方に責任がある訳である
5人ほどの班に分け10分毎に点呼を取り報告させるであるとか
熊出没などの危険性で脅すのも良いだろう、対処の仕方は色々あった
はずである

低山ということでピクニック気分になり双方に気の緩みが
あったのではあるまいか?




スポンサーサイト
2013-05-30 : 登山 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

FENIX LD41

LD41 0213


単三電池で明るいライトと言えばこれまでM40AやX14などがありました
今回紹介するのはFENIX LD41です
電池をドラム状に配置するM40Aなどと違い二本づつ縦に装填するため
非常にスリムで握り易いボディになっています

LD41 Fr

LD41 Rr


諸元

搭載LED XM-L U2
電池 単三×4
モード  Turbo、Hi、Med、Low、ストロボ、SOS
明るさ  最大520ルーメン
Turbo 520lm-2h10m
Hi   190lm-7.5h
Med  80lm-20h
Low  5lm-160h

サイズ 175×40mm
重量 180g(電池なし)
ボディ素材  エアーグレードアルミニウム製
防水性能  IPX-8

スリムなボディなのでジーンズのポケットなどにも収納可能です
ただ少し惜しいのはヘッド手前の段差がエッジが立っており、ポケットから
引き抜くときにこの段差が引っ掛かり取り出し辛く感じます

LD41 Side
ヘッド手前の段差


ヘッドを回転させ緩めて外すと電池のカートリッジを取り出すことができます
透明で薄いプラスチック製なので破損させないように気をつけて電池を
装填します
装填は割とスムーズに出来ますが、カートリッジからの抜き取りは
爪の先で電池を引っかけて取らねばなりません

LD41 4AA

エネループなどの充電池が使えるのか分かりませんが、小生は自己責任で
エネループやEVOLTAを装填して使っています
電圧が低い充電池と乾電池との明るさの比較はまだ出来ていません

LD41 SW

スイッチはテールにあり、ON/OFFとモード変更は独立したスイッチが設けられており
大きさも違うので暗闇でも指の感触で操作可能です
スイッチの感触は悪くありませんが、ゴムの肉厚が少し薄いのが心配です
まぁ予備のゴムカバーも付属してはいますが...

LD41 SW2

ON/OFFやモード変更は逆手でないと操作できませんが、大きさ重さ的には
順手での使用にも適しています


それでは照射テスト

まずは舗装路 (照射面まで10m)

LD41 Turbo1
Turbo


LD41 Hi1
Hi


LD41 med1
Med


LD41 low1
Low



壁に向け照射 距離8m

LD41 Turbo2
Turbo


LD41 Hi2
Hi


LD41 med2
Med


LD41 low2
Low



Turboで80m先の橋に向け照射

LD41 Turbo 80m1
無灯火


LD41 Turbo 80m2
Turbo


強めの中心光と薄い周辺光が発生するFENIXの特徴的な配光だと思います
500ルーメンを超える明るさを謳っていますが、実際照射してみると物足りない印象です
少なくともX14の450lmよりも暗く感じます
それでも日常使うにあたり十分の明るさである事は確かです

カートリッジの質感等いくつかイチャモンつけたくなる所はありますが
基本的には使い勝手良好な部類のライトだと思います
値段も7000円前後とM40AやX14よりも遥かに安価なので
NITECORE EA4と競合しそうです

変態的ニーズのある4AAハイパワーライトの中にあって魅力的な一本だと思います

LD41 Turbo end


2013-05-26 : FENIX : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ゴールデンウィーク周遊記

今回はブログタイトルとはまったく関係のない記事なので
興味のない方はスルーされたし

SL hitoyoshi

この十数年間、小生は年末年始にしか帰省していなかった
しかし2013年は気まぐれで春の連休にも帰省した関係で
冬季では行かないような場所にも出掛けた

・日程は以下の通り

5/1 熊本城
    SL人吉の撮影
5/3 宮崎県高千穂峡
    阿蘇白川水源
5/6 氷川町立神峡



・5/1 熊本城

三大名城のひとつに数えられる熊本城
しかし江戸、名古屋、大坂と違い「いち地方大名の城」としては
日本一の規模です
他県のほかの観光地と同じく、基本的にこういうメジャーなところは
地元の人間はあまり行かない事が多いのですが、今回は友人のリクエストもあり
訪れることになりました

kumamotojyo.jpg
                        大小天守閣

syoukunnoma.jpg
                      本丸御殿昭君之間

utoyagura.jpg
              「第三の天守」とも呼ばれる宇土櫓(重要文化財)

宇土櫓は熊本城では「櫓」扱いですが、3重5階地下1階19mは
他藩の天守閣並みの規模を誇ります
そのため書籍によっては「現存天守」として扱う場合もあります


・SL人吉の撮影

SL人吉とは熊本駅-人吉駅間で運行している蒸気機関車牽引による臨時快速列車です
2009年から運行しているのですが、いつも帰省するお正月には運行停止しているので
この機会に撮影することにしました

SL hitoyoshi original

この撮影場所は実家の近くも近く、車で5分くらいの所です
我々の他に2人見物人がいて一人は写真を撮っていた模様
SLが通り過ぎる時、汽笛が鳴りました。見物人がいると鳴らしてくれるようです

冒頭の写真は黒白にした加工写真です


・5/3 宮崎県 高千穂峡

高千穂への途中、美里町を通ったのですが、この周辺の地域には
江戸時代に造られたであろうアーチ型の石橋がいくつも点在しています
熊本城の石垣、旧矢部町の通潤橋に通ずる石文化の賜物でしょう

ishibashi.jpg
                       二俣渡 (二俣橋)

高千穂峡は阿蘇の巨大カルデラ噴火によって生じた火山堆積物を五ヶ瀬川が
浸食してできた高さ80~100mの断崖が7km続く大規模な峡谷です

takachihokyo.jpg
           定番の構図 「真名井の滝」

断崖絶壁は見応えがありますが、ここを訪れた目的は地質の写真を撮ることです

前述の通り、高千穂峡は火山活動によってできた大地を川が浸食してできた景観なので
火山堆積物が冷却凝固した際にできる柱状節理を見ることができます
また浸食されやすい地質のため、各所に「甌穴(おうけつ)」を観察することもできると言う
地質マニア垂涎の場所です

cyujyo 2
                柱状節理

上下で方向が違うのが興味深い

cyujyo 1
                        柱状節理の断面


oketsu 2
                        断崖にある甌穴

浸食が進む以前はここが川底だったことを伝えています

ouketsu genri

甌穴とは上図のように川底などの窪みにある小石が水流により回転して
長い年月をかけて川底を削った結果できた穴です

oketsu 1
              支流の甌穴群



・阿蘇白川水源

shirakawa.jpg

毎分60tの水が湧く「名水100選」のひとつ
熊本市内を流れる白川の水源の一つでもある

shirakawa 2

水は汲んで持ち帰ることが出来ます

この阿蘇に限らず熊本県内には至る所に湧水があり
大規模な停電になっても極端に飲料水に困ることは
ないかもしれない
阿蘇・九州山地の恩恵である
他においしい湧水がある地域は安曇野など日本アルプスを擁する地域等に
限られるので貴重な資源であることは確かです

世界に目を向ければ水か無く国民が生命の危機に瀕している国や
安全な水が飲めない地域、水が争いの火種になっている地域もあるので
我々はかなり恵まれた環境であることに感謝しなければならない


・5/6 氷川町立神峡

tategamikyo.jpg

ここは実家にほど近い峡谷です
白川水源や高千穂峡のようにメジャーな場所ではありませんが、
アクセスが良いので中学、高校の夏休みには自転車で
毎週のように遊びにきていた思い入れのある場所です

夏場は水量が増え流れも速くなり、毎年のように溺者のでる場所でもあります
大人でも泳ぎが達者でない人は深みに近づかないほうが良いと思います


今回の周遊で一番印象深かったのはやはり「新緑」につきます
いつも帰省する冬季は何の彩もない山々からも漲る生命力を
肌で感じることが出来ました
また盛夏と違いこの時期の日差しは強いが気温は上がっても25℃程度で
歩き回るには最適
「春の行楽」とはよく言ったものです

しかし「地元」といっても知らない所や行ったこの無い場所がまだまだ多いなぁ


2013-05-18 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

GENTOS パトリオ GP-6

小生が以前キーライトや業務用に使っていたライトにこのGP-6がありました
しかし重量がネックとなり、キーライトはより軽量な1AAに代替し、
業務用ライトの方は光量不足から2AAのGP-9にアップグレードさせました

GP6 GP9
                         GP-6と GP-9

GP-6は1AAの中でもコンパクトな部類で、少しスポット傾向の強い配光ながらも
26ルーメンとしては良く飛び何よりシングルアウトプットは迷い無く使えるので
操作性良好でした

GP6 haikou 2
                     GP-6の配光 距離2m

特筆すべきはランタイム(照射継続時間)で、スペック上は実用10時間と
謳われていますが、小生が新品アルカリ電池でテストした時には、
倍の20時間以上50%程度の明るさを保ち続けていました

このGP-6、今ではほとんど使う機会がないのですが
実は小生の手元に現在5本の在庫があります
その内1本はまだブリスターパックから開けてもいません
初めてこのGP-6を手にした時、「これは使える」と思い
時間をかけて買い増ししていった結果です
この他にも友人知人にプレゼントした分を含めると10本くらいは
購入した記憶があります


GP6 5
                       使用頻度のないGP-6


仕事でもプライベートでも使わなくなった小生のGP-6達 ...
しかし彼らの照射能力が低下した訳でも現在の1AAライトに性能が
見劣りする訳でもなく、単に小生の運用構想から外れてお蔵入りに
なっているに過ぎず、これらGP-6の再活用を模索して2、3日考えた結果
ひとつの結論に達しました

それは

「防災用」 です

しかし小生が防災用ライトとして管理しているフラッシュライトは様々な
状況に対応できるよう基本的にHi-Low切り替えのできるものが主です
それが何故GP-6を防災用途に設定したのか?ですが

つまりは、自分で使うのでは無く、被災して着の身着のまま避難してきた
人たちに「無償譲渡」することを想定した訳です

改めて見てみると、コンパクト、シングルアウトプットのシンプルな操作性、
1AAで長ランタイムというのは防災用途として最適ではないでしょうか?
特にテールSW半押しでのモード変更などの複雑な操作系が無いのは、
ライトに詳しくない一般の人が使うにあたり重要な事だと思います

ということで分散配置していたGP-6を万が一の場合の譲渡用として一か所にまとめて
保管管理することに決定しました
まぁ最悪瓦礫の下に埋まったりして持ち出せなくとも自分で使う分ではないので
気は楽です、懐中電灯など基本的な防災用具は本来個人で揃えておくものなので
あくまで+αの装備という位置付けで管理していくこととします

GP6 hokan


いつかご主人様以外の人の役に立つため時を待つGP-6
しかし本当はこいつらが活躍しない事が一番の幸せであることは
言うまでも無いでしょう

※GP-6のシルバー色は最近生産中止になったと思います


2013-05-11 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CREE Q5 単三ノーブランドライト

オークションで1AAのLEDライトを買った

Q5 Fr
購入した1AAライト


搭載LEDはCREE Q5とありますが、Q5というのはLEDの製品名ではないので
本当のところの搭載LEDは不明ですが、現在明るいライトに多く使われている
XM-Lでないことは分かります

[追記]2014.3.26
Q5とはLEDのグループ(ランク)で350mAで121ルーメン前後の能力があるLEDになります


Q5 Rr

気になる所としては、テールに引っ掛かりがないので電池交換する際に
回し辛い事、オレンジ色のゴムスイッチの肉厚が薄く破れてしまわないか
心配になる点が挙げられます

・諸元
カラー  ガンメタリックシルバー
明るさ  Hi・Low・ストロボ (記載はないが感覚的にはHiのワイド配光で100lm前後)
配光   フラット(ヘッドの前後でゴーカスコントロール可)
材質  ボディ6061-T6アルミ合金
サイズ 92×25mm
重量  65g
耐水性能 生活防水
対応電圧 1.2-3.7V
バッテリー 単三×1、14500充電池

外観はずんぐりとしたスタイルで、金属の塊という印象です

このライト、メーカーの記載のない「ノーブランド製品」になります
しかしLED懐中電灯について少し興味のある人ならどこかで見かけた
ことがあるかと思います
中国を主として、色んな製造元で外観が同じライトが多くリリースされています

小生の知る限り、元ネタは「RAYS VISION(レイズビジョン) 」のSIPIK SK68では
ないかと思われます
しかし外観も配光もほとんど同じなのでボディを製造しているのは
ある限られた所で、そこからOEMを受けている可能性が高いと思います
RAYS VISIONはそこから供給を受けて自社製品として展開しているのかも
しれませんが、あくまで憶測なので本当の所は分かりません
RAYS VISIONにしても、2500円前後という1AAとして破格の値段で販売しているので
色々と考えてしまいます
ただしその他のノーブランド品の値段はもっと安価で1000円前後で展開されています

Q5 hoji

逆手に持ってテールスイッチを押し込むとON、半押しでHi・Low・点滅を切り替え
押し込むとOFFになります

Q5 SLIDE

またヘッドを前後にスライドすることでフォーカスの調整が可能です


では照射テスト

Q5 Hi
Hi ワイド照射


Q5 Low
Low ワイド照射



Q5 Wide
Hi ワイド照射 (距離7m)


Q5 Spot
Hi スポット照射


ワイド照射時の配光は、値段の割に均一で美しくLED LENSER P6並です
屋外は元より、屋内の近接作業でも使い易いかと思います

ヘッドの前後操作でスポットに絞った時はとても1AAとは思えない飛びっぷりです
限界までフォーカスを絞りLEDの性能を引き出したせいか、壁に向けると
LEDの形がそのまま投影されます、好き嫌いはともかく面白いです
ただやはりLEDの形が気になるので、限界スポットより少し手前の
丸い照射光の所が実用的に思います

Q5 Spot 30m
Hi スポット照射 (距離25m)


信頼性は未知ですが、質感や性能はとても1000円のフラッシュライトとは
思えません、少なくとも「ナショナルライト」と比べると間違いなく多くの人が
このライトを選んでしまうと思います

防災用のメインライトとしてはオススメできませんが
遊びのつもりで購入すれば、感動すること請け合いです


2013-05-05 : レビュー(その他のライト) : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。