素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ThruNite Neutron 1A

Neutron 1AA
       ThruNite Neutron(スルーナイト ニュートロン) 1A


最近の中華ライトは非常に両極端です

ひと昔前はライトに限らず「メイド・イン・チャイナ」と言うのは粗悪品の代名詞的存在でした
もちろん現在でも虚偽の明るさ(通称:中華ルーメン)を謳い
リチウムイオン充電池を使い、ひたすら「爆光」などと変態的な明るさを
追及するものもありますが、SUNWAYMANやNITECOREなどを筆頭ととして
いまやLEDフラッシュライトに於いてトップレベルの性能と品質を有し
多くの支持を得ています


NITECORE EA4やSUNWAYMAN D40Aなどは単三電池使用で
異次元の明るさを実現していますが、実際問題そこまでのスペックが
必要か?と問われれば、少なくとも一般人がその性能を日常でフルに
発揮する機会は限られてくると思います
ネタとして面白いだけだと思います(無意味という訳ではない)

Neutron Rr

そう言う意味でこのThruNite(スルーナイト)というブランドは
色モノや「飛び道具」の方向ではなく、使い易さを追及して進化し続ける
ブランドだと思います

・諸元

ターボモード
Turbo 145ルーメン

ジェネラルモード
MostLow 0.09ルーメン
Low 9ルーメン
Mid 50ルーメン
Hi 105ルーメン

ランタイム
MostLow 100時間
Low   34時間
Mid    6時間
Hi     2.2時間
重量 約90g (電池込み)
電池 アルカリ単3乾電池 1本
サイズ   105 mm x 22 mm
搭載LED  Cree XM-L T6
販売価格  5000円前後


Neutron hoji

ズッシリした重みがあり安心感があります

1AAとしては大柄なボディですが、標準的な1AAと2AAの中間程度の大きさなので
手に保持した時のグリップ感は良好です。むしろこの位の大きさの方が
取り回し易いと思います

ヘッドを締め込むとTurboとストロボのみを使用でき
少し緩めるとジェネラルモードに切り替わり、Hi、Mid、Low、Most Low、SOSが利用可能
何れもスイッチを押し込んで点灯、半押しで明るさを変更します


Neutron crip

別に無くとも良いのですが、あると便利に使える付属のクリップですが
溝の凹凸にハマり込んでリングで固定される構造なので
他のライトの様に回転しない様になっています
※写真は固定用リングを緩めています


Neutron rifu

リフレクターは細かい凹凸のあるオレンジピールリフレクター
搭載LEDはCree XM-L T6です

ここまでの説明でライトに詳しい人ならもう気付いていると思いますが
このNeutron 1Aは現行品ですが、後継姉妹機にArcher(アーチャー)1A があり
こちらはXP-G2でスムースリフを搭載しMAX178ルーメンを実現しています

ただArcherのモード変更はヘッドのツイスト操作なので片手での操作には
少し難があります。小生の場合明るさよりもNeutronの操作性を選びます
もっともこのNeutronを購入したのは1年以上前なのでその時にはArcherという
選択肢は無かったが...

このNeutronを選んだもう一つの理由にNeutral White(ニュートラル・ホワイト)という
色温度がラインナップされていたことが挙げられます

Neutron iroondo
                      ニュートラル・ホワイト

通常のLEDは白もしくは少し青味がかった色をしており、明るくは感じられますが
結構反射が眩しかったりして使い難いケースがあります
ニュートラル・ホワイトは白熱電球に近い色味なので長時間使用での疲労軽減を
狙って購入しました
それでなくとも小生は昭和生まれですから、この色味に安心を感ずるのです(^^


kumamon 1
 それでは照射テスト


Neutron turbo
                 Turbo 145ルーメン

Neutron hi
                  Hi 105ルーメン

Neutron Mid
                  Mid 50ルーメン

Neutron low
                  Low 9ルーメン

1lm.jpg
                     Most Low 0.09ルーメン


Turbo、Hi、Midは狭い屋内だと違いがあまりハッキリ現れません

停電時に勝手知ったる自宅内や自家用車内ならLowも十分使えます
夜間の散歩にはMidくらいが良いかな?


特筆すべきはLowよりもさらに一段明るさを抑えたMost Lowが
用意されていることです
これは真っ暗闇の中では本当に手元での作業に限定して
やっと使えるくらいの明るさです
以前の記事でも書いた通り、大地震で倒壊したビルの中で
救助を待つ間(昼夜問わす)ずっと点灯させ続けることが可能です
被災して救助されるまでのデッドラインは72時間と一般に言われているので
Most Lowの100時間は十分なランタイムと言えるでしょう(新品電池での話)

惜しむらくはモードのメモリー機能が無いことです
ジェネラルモードでは常にMost Lowからの点灯になります
なので兎に角一発で最大照度が欲しい場合はヘッドを締め込みTurboモードで、
山小屋やテント内、天体観測など光の影響を抑えたい場合や周囲に配慮が要る場合は
ジェネラルモードにしておくといった使い分けが最良でしょう


Neutron 1Aはスペック上はこれと言って目立つものが無い真面目なライトですが
一度手にしてもればその良さが実感できると思います
美しい配光や、かゆい所に手が届くモードを安心感のある堅牢なボディに
詰め込み、普段使いから防災用途まで対応する稀有なライトです


生産中止になる前に、もう一本買い増しするかも...? です


スポンサーサイト
2013-06-29 : ThruNite : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

本当の無謀とは?

ニュースキャスターの辛坊治郎さんと全盲である岩本光弘さんのペアが
ヨットでの太平洋横断中に遭難し、救助された一件


今回の遭難について、ネットなどでの世論は自己責任であるとか
税金を浪費しただの様々な論調があるが、ここではそれは問題にしない


ヨットが浸水した原因としてクジラではないか?との当人の言葉があり
その瞬間の映像も閲覧したが、確かに衝撃音がする僅かばかり前に
水面に黒い影が現れたのを確認した
素人目だがマッコウクジラの背鰭に良く似ていると思う
大人のマッコウクジラは非常に獰猛で、海の殺し屋シャチでさえ
避けて通るし、船に体当たりすることでも知られている
数年前には九州から韓国を結ぶ高速船がクジラに衝突しケガ人がでたし
冷戦時代のソ連の潜水艦もクジラに衝突して破損している
もし今回の遭難の原因がクジラであれば不幸としか言いようがない...


何にしても辛坊氏と岩本氏は無事救助された
2つの命が救われた事は素直に喜びたい

さて人間には挑戦する本能があると思う
本能としての開拓心や好奇心が今日の人間の高度な文明を築き上げた
源泉と言っても良い
現代では地球が丸いことも分かっているし、マリアナ海溝の最深部にも到達している
21世紀のこの時代にあえてヨットでの太平洋横断という「冒険」に踏み出す
価値と必要性があったのかどうかは意見の分かれるところであろう


「無謀だった」

こう言う意見もあるかもしれない

...


一つ例を挙げよう

中央アルプス(木曽山脈)の千畳敷カール(2612m)へはロープウェイにより
お金を払えばハイヒールの女性でも楽に到達できる

Senjyojiki.jpg
                             千畳敷カール

ここには7月末まで残雪があり、高山植物のお花畑は来る者を
楽しませてくれる天空の楽園である

しかしこの千畳敷カールは日本100名山のひとつ「木曽駒ヶ岳」や
氷食尖峰「宝剣岳」の登山口でもある
そのため積雪期にはヘルメットやザイル、ワカンなどを装備した本格的登山者が
「雪訓」に訪れ、夏のハイシーズンには色とりどりのザックやウェアを身に纏った
多くの登山者が訪れる。ロープウェイも早朝から順番待ちである


登山者以外の者もこのカールまで来てお花畑を散策するだけであれば問題はない
しかし多くの登山者が続々と九十九折の登山道を高峰目指して登って行くのを
脇で見ていて、自分も登りたくなったのか、ジーンズにコンバース、
もしくはビジネスシューズやローファーを履いているただの観光にきた人間が
登山者と一緒に山登りをはじめてしまう事が良く見られると言う

ハッキリ言ってこれは非常に危険だ

普通の運動靴しか履いていなくとも、とりあえずは登れてしまう
しかしひとたび急な雨に遭遇したりすれば、急激に体温は奪われ
即行動不能に陥る。ヤッケ(雨ガッパ)を持っていないからである

山の天気は急に変わると良く言われるが、これには少しも誇張はない
晴天だったのが5分でガスに包まれ10分後には雷雨になるというのは
山では良くあることである
それに適切な量の飲料水もなければ脱水症状にもなろう

ろくに準備せずに気の向くまま登山をはじめてしまうこの行為こそ
無謀と呼ぶべきものであり、自業自得とはまさにこの事であろう


それに比較して辛坊氏の場合はどうであろうか?
ヨット歴は申し分ないし、準備も周到に重ねてきたであろう
そこまで言って委員会の副委員長にピンチヒッターとして駆り出された
関係で事前の訓練はもしかすると十分ではなかったかもしれないが
少なくとも海上自衛隊に救助されるまでに身を寄せていたライフラフト(救命ボート)が
適切に装備され、短時間でこのライフラフトに乗り移れたのも練度の高さが
あってこそではないかと思う

本当の無謀とは、ろくに準備もせず後先考えずに行動することである
入念に準備をし、リスクマネジメントをしっかり熟慮した上での
遭難は結果論でしかない
もちろんこれにより批判を免れるわけではないが...


今回の彼らの挑戦は不幸にも志半ばで頓挫してしまったが
小生は前向きに捉えたい
何かを得るためにはリスクはつきものである

先述の通り現在の我々の文明がここまで発展し、人間を人間たらしめているのは
飽くなき好奇心・開拓精神である

もし人類がチャレンジ精神を失えばどうなるか?
その文明は停滞どころか後退をはじめることになる

そう言う意味で現代において、あえて必要が無いものに命をかけて挑戦する
その精神は高く評価したいと思う


少なくとも小生は命を懸けて何かに挑戦する勇気はない


※困難な気象条件の中、救助にあたった自衛隊員の方にも敬意を表する


2013-06-24 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

忘れてはならない三河地震

東南海地震は予知できる可能性がある唯一の地震と呼ばれ久しいが
ハッキリ言って地震予知研究などはイカサマの世界である

政治評論家の故三宅 久之氏が1970年代の毎日新聞社の記者時代に
静岡支局に赴任した理由の一つは、その当時からもう来るぞ来るぞと
言われていた東海地震を取材するためであったと本人が言っていた

予知できると言いながら50年近くも発生していない
この間に起きたかもしれないし、明日くるかもしれない
学者でなくとも30年以内に何%など誰でも何とでも言えるではないか?
0か100%でなければ何とでも言い訳が出来る
確実なのは遠いか近いかは分からないが過去の発生頻度から考えると
「将来ほぼ確実に発生する」という事だけである

ちなみに政府の地震調査研究推進本部の予測によると
2011年での予測は30年以内で87%である

Tokai yosoku
       東海地震での予測される震度 (気象庁HPより)


さて我が愛知県は、M8以上が想定される東海地震での被害は、
津波を除外すれば必ずしも大きくはない
震源域の静岡遠州灘に近い豊橋や東三河では局地的に6弱6強の
高い震度も想定されているが、名古屋や西三河では6弱は疎らで
5弱以下が大部分を占めている


勿論これは”予測”であり、5弱予想の地域で震度7が襲来する可能性もあるし
震度5以下でも被害が大きくなる地域もあるかもしれない...


しかしあまり東海地震にばかり目を奪われていても危険だ

「三河地震」

この名前を耳にした事がある人はどのくらい居るだろうか?
東海地方に住む人でも、ほとんどの人が知らないと思う

1945年1月13日に発生した三河湾を震源としたM6.8(7.1の説あり)、愛知県内で
2600人以上の犠牲者が出た地震である

mikawajishin higai
               三河地震で倒壊した家屋


ただ太平洋戦争末期に発生した関係で報道統制が敷かれあまり大々的に
報道されることがなかった
ちなみに1ヶ月前の1944年12月7日にはM7.9の昭和東南海地震が発生しており
三河地震はこの昭和東南海地震の最大規模の余震もしくは誘発地震とする説がある
死者数は三河地震の方が多い

この三河地震について知っていて、実際に防災対策をしている
行政・個人がどれだけいるだろうか?
あまり東南海地震のことばかりクローズアップしていると
肩すかしを喰らう恐れがあるという事だ
自然の節理に意志は無いが、人間をあざ笑うかのように足をすくわれた事が
過去に何度もあったろう?

注意しなければならない


という事で愛知に住む小生にとって三河地震は他人事ではない
なので今回現地に足を運び過去の被害に触れてみたいと思った
勿論リアリティを感じるために


愛知県の一色町宗徳寺の裏山には、この1945年の三河地震で
深溝断層(ふこうずだんそう)に沿って発生した”地割れ”が愛知県蒲郡市の
指定文化財として現状保存されているので見に行ってきた

jiware 1

jiware 2
              三河地震で発生した地割れ


さすがに発生から60年以上が経過しているので雨風による浸食が著しいが
当時の被害を現代に生きる我々に伝えている

※溝の底に落ち葉が堆積していなければもう少し凹凸がハッキリして
 分かり易かったかもしれないが、文化財なので一市民が勝手に
 取り除くことは出来ないし、そもそも柵があり立ち入り禁止である


地震が起きて地面が割れるというのは、これまで映画や漫画でしか
見たことが無かった
60年以上が経過してはいるが、過去の地震被害のひとつに
実際に触れることができ、ある意味では東海地震よりも
深刻に向き合わねばならないかもしれない三河地震への
緊張感が否応にも高まった


愛知に住む人間は東海地震はもとより三河地震に対しても
備えを怠ってはならない





2013-06-19 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

eneloop駆け込み購入

ご存じの通り家電メーカーのSANYOがPanasonic傘下になっった影響で
同社の人気二次電池「eneloop」がPanasonicブランドとして
この春から展開されることとなった
※これによりSANYO商標は消滅した

sanyo eneloop
           SANYO eneloop 単三モデル


eneloop自体は存続することになって一安心だが、新しいeneloopの
パッケージは商品名よりもPanasonicのロゴが前面に出ており
(Mフォーサーズ以前からの)伝統のエセ一眼レフLUMIXや最悪配光ナショナルライトを展開し
企業理念もプライドも失った同社に対してアレルギーを持つ小生には
受け入れ難いものがある

Pana eneloop
          Panasonic eneloop (画像は企業HPより転用)



という経緯で流通在庫がある内にSANYOとしてのeneloopを必要数確保しようと
駆け込みで購入した


New eneloop 16p
            駆け込み購入したeneloop

購入したのは限定の4色モデルの8本セットと通常の4本+充電器セットを2つ
なので電池の本数としては16本になります
2AAライトに使用するとするとライト8本分ということになる
ちなみに4本+充電器セットはSANYOブランドの在庫処理のためか
1個1480円だった。家電量販店では通常2980円前後で販売されていたので
約半額か...良いタイミングで購入できた

充電池といえども使用回数には限りがあるので10年も20年も使える訳ではないが
今回の追加購入分とは別に小生の手元には新旧合わせて30本程の単三eneloopが
あるため、しばらくはSANYOとしてのeneloopを使用する事ができそうです


ちなみに単三充電池はライト以外にもデジカメやスピードライト(外付けフラッシュ)で
日常的に使用している

ただいつかPanasonicのeneloopを使う日がくるのかと思うと
憂鬱になる

充電式EVOLTAは昔から使っているので、単純に”Panasonicとしてのeneloop”に
嫌悪感を感じているだけの話である

もちろんPanaにも良い製品はいっぱいあると思うが、例えば日産がトヨタに買収されて
歴史あるGT-Rがトヨタから販売されるがGT-Rでなくトヨタのロゴが前面にでていたら
ファンとしてあまり面白くはないだろう?


こだわりと言えばこだわり..幼稚と言えば幼稚な話


2013-06-16 : 関連アクセサリー : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

NITECORE MT2A

MT2A logo

NITEVORE(ナイトコア)のMT2Aは同社のマルチタスクシリーズです

タスク=任務という意味で、タスク・フォースと言えば特殊部隊のことです
つまりは同社の中でもよりタクティカルなラインである言えそうです

MT2A Fr

MT2A Rr
                     外観

マルチタスクシリーズにはAA(単三)とCR123Aをそれぞれ1本、2本と
使用するモデルがあり、MT2Aは2AAになります

個人的な話ですが、小生が使用するライトの基準が2AAになります
それよりもコンパクトさを求める時は1AA、パワーを重視するならば
4AAとなり丁度中間にあるのが2AAな訳です
2AAは1AA程コンパクトではありませんが、ジーンズのポケットにも
難なく入りますし、300ルーメン近い出力である程度の遠方照射も
出来るので1AAと4AAのいいトコ取りでランタイムを含めた
バランスが優秀なのです


MT2Aは普及価格の廉価品ですが、ヘッドのアンチロールデザインや
ガラス風防など手を抜いているところは見当たりません
各部の質感も良好です

ただこのところの円安で3ケ月前には3000円台で購入できましたが
2013年6月現在は4300円前後に値上がりしています
これは輸入モノの宿命です、仕方がありません

・諸元

搭載LED Cree XP-G R5

明るさとランタイム
Turbo 280lm - 2時間15分
Hi   125lm - 5時間
Med  50lm - 12時間
Low  15lm - 50時間

サイズ 155mm×22.56mm×21.5mm(最大全長×ヘッド部×テール部)
素材  エアログレードアルミニウム合金 Type3HA
重量  約67g(電池含まず)
防水性能 IPX-8
使用電池 単三アルカリ、ニッケル水素充電池 2本
付属品  予備Oリング、ストラップ、クリップ


MT2A jiritsu

ベゼルにはヘッドを下に置いた時の消し忘れ防止の凹凸があり、
また少し不安定ですがヘッドを上にして自立させることも出来ます


MT2A gyakute

逆手に持っての保持性は良好
スイッチの感触はストロークが長くやや硬い印象ですが、
スイッチ周りが大胆にエグられた造形なので押しにくい感じでは
ありません

MT2A SW
               テールスイッチ周辺の造形

ヘッドを締め込むとTurboのみ点灯し、少し緩めるとHi - Med - Low - SOS - ストロボの順で
選択可能です。最近ではお馴染みの操作系ですね
モードの変更はスイッチの全押しか半押しで選択します。半押しの場合は明るさを選択して
そのまま全押しするとモードが固定されます
ヘッドを締め込んだTurboモードでは半押しでの間欠点灯が可能
メモリー機能があり、前回消灯したモードで次回も点灯します


それでは照射テスト

距離 10m

MT2A Turbo1
Turbo 280lm

MT2A Hi1
Hi 125lm

MT2A med1
Med 50lm

MT2A low1
Low 15lm



距離 8m

MT2A Turbo2
Turbo280lm

MT2A Hi2
Hi 125lm

MT2A med2
Med 50lm

MT2A low2
Low 15lm


強い中心光と明るめの周辺光が発生します
FENIXのLD系の配光と非常に良く似ています
実測値はともかくスペック上の280lmという明るさは2AAでは最高レベルでは
ないかと思います。けっこう飛びます。

Low 15lmでも結構明るく比較的狭い屋内ならLowでも十分使えます
ランタイムも50Hと心強い

280lmのハイパワーからランタイムを重視しながら実用的な15lmまでを
汎用性の高い2AAと低価格で実現した非常に柔軟性にとんだライトです


〔追記〕2014/11/22
2014.11.22現在、amazon価格は4600円



2013-06-09 : NITECORE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

スマホの使い方

iPhoneに代表されるスマートホン(以下スマホ)だが、その呼び名は結構昔からあった
例えば2005年発売のウィルコムのW-ZERO3などがそうだ
それ以前にNokiaからもあったと記憶するが、現在スマホと言えば
タッチパネルで操作するタブレット端末型のものが殆どである

tsuriwa.jpg


スマホは便利である

調べものは家に帰ってからパソコンに向き合ってする必要もなく
カーナビのように使うことも出来る

反面大学の就活はスマホなしでは考えられないようで
スマホを使えねば企業説明会にも行けない程であり
現代の学生には同情する面もあるのも事実


しかしスマホが便利だからと言って、その機能に溺れないようにしたい

せっかくスマホを購入しても何時間もアプリで遊んだりゲームで時間を潰して
いるようでは無駄な出費である
もちろん人事なのでご自由にやって貰えば良いし、他人にどうこう
言われる筋合いはないが、それでもあえて苦言を呈するとすれば
もっと有効な時間の使い方はないのか?

と言いたい

歴史を勉強すると...と言っても 「1858年 安政の大獄」 と言うようなもではなく
明治維新志士たち個々の人生や、太平洋戦争で神風特攻隊で散った
名もない若者たちの事である
彼らの遺書や友人知人の回想録から見えてくるのは
自分は何をしたいのか? 自分に何が出来るのか? その時代、おかれた環境で
どう生きていくかを真剣に考え行動しているのが良く伝わってくる

しかし現代人はどうだろう?

永く平和がつづき、物は溢れ、大人も子供も目標もなくその日その日を適当に過ごし
ともすればどうやって時間を潰すかを考えて生きてはいないだろうか?


もしそうなら、そんな悲しい事はない...少なくとも現代人は70年前の
多くの人々の屍の上に命の危険のない幸せな生活ができていることを
忘れてはならない

それを思えば日々をダラダラと生きていくことなど出来ぬであろう

tankororin.jpg


夢を追うのも良い、趣味やボランティアに時間を費やすのも良いと思う
防災も忘れずにね(^^
小生は時間がある時は...ライトのメンテをしている?かな



スマホを否定はしない、しかし時間潰しの道具にして欲しくはない


2013-06-04 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

スナップオン 53LED作業灯 追加購入

STREAMLIGHT サバイバー ナックルヘッドの代替車載用ライトとして
紹介したスナップオン 53LEDですが、コストパフォーマンスが優秀で
性能的にも有用性が認められたので今回追加購入しました

53LED tsuika
                  一本追加購入


何より使用電池が単三なのが良い!
まぁ本数が4本と少し多いが、非力な単三なので仕方がない
ただ中途半端に3本とか5本よりは遥かにマシだ
販売されている電池もそうですし、エネループなどの二次電池の
充電器(チャージャー)もそうですが、2本、4本単位で充電するので
ライトにも2本もしくは4本で使用したいんですよね

eneloop evolta
           2本、4本単位で使用する前提の充電池


電池使用の鉄則は同一メーカーの同一モデルを新旧混同させない事ですから
4本充電して3本使うというのは効率が悪い

53LEDは作業灯ですから普通のフラッシュライトの様に一方向だけでなく
ある程度広がりをもった配光ですので、簡易的なランタンのように
使用することが出来ます


また球切れが無いことになっているLEDですが、物理的な断線や
周辺機器の不具合はいつか必ず起こる事なので、そういう意味でも
ひとつのライト内に53個のLEDがあるというのは保険の意味があります
(まぁスイッチが壊れれば53個あっても意味はないが...)


ということで追加購入した53LEDですが
ひとつはこれまで通り車載用、もうひとつは自宅用という位置付です
なので2つ同時に運用することは無いのですが、底面にマグネットが
あるので少し遊んでみました

底面のマグネットを利用して2つのライトを連結すると
全長約70cmの一本の棒のようになります
色が赤なので孫悟空の如意棒みたいです

53LED renketsu


両方とも作業灯を点灯させ、より広い範囲を照射させて使っても良いですが
片方は先端のLEDを点灯さると、前方と下面を同時に照らすことが出来るので
BAYCO(ベイコ) ナイトスティックプロ 2in1のような使い方もできます

そんな用途があるのならかじめからナイトスティックを使えば良いのですが
あくまで遊びとしてこんな事も出来るということで ...(^^

※マグネットはあまり強力ではない


最初のスナップオン 53LED購入の経緯↓
http://tan3ledlight.blog.fc2.com/blog-entry-52.html


2013-06-02 : レビュー(その他のライト) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。