素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Amazon ベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池

amazon nimiPro 1
           Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パック


今年の春に販売が開始されたAmazonブランドの高容量充電式ニッケル水素電池
中身はおそらくeneloop proだと思いますが、白い外装の標準タイプも持っているので
是非高容量モデルも使ってみたかった

しかし手元にはまだ封をきっていない充電池が数十本あり急ぎ購入する必要が
無かったので入手が伸び伸びになってました


amazon nimiPro 3
                           消費した乾電池


小生の事情でこの数ヶ月間で備蓄する乾電池の内、液漏れが懸念されるメーカーのものを
液漏れ防止製法の乾電池やニッケル水素充電池に置き換えるため、それらの
乾電池を普段使いで急ピッチ消費していて、最近やっとひと段落した所でした
そこで備蓄を含めニッケル水素充電池がまとまった本数必要になり、その一環として
今回Amazon ベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池を購入しました


amazon nimiPro 2


充電回数は少なくなっていますが、標準タイプよりも25%ほど容量がアップしており
実際にカメラの外付けスピードライトで発光テストしてみたところ、確かに今まで
よりはかなり多くの回数発光させる事ができるようです


amazon nimiPro 5


充電回数にこだわる人も稀にいますが、一般人で本当に1000回も2000回も充電する人が
いるのかと疑問に思うこともあります、毎日自転車通勤で使用するライトでもHiのランタイムから
鑑みて充電は2日に一回くらいだと思うのですが?
1800回使うには毎日充電しても5年近くかかる訳ですよ。まぁ使い方は人それぞれですが...

一回の使用で出来るだけ電池の入れ替え回数を抑えたいような目的の人は
この高容量モデルを選ぶと良いでしょう

ただPanasonicブランドのeneloop pro(BK-3HCC/8)もamazonだと単三型8本が
¥1,936(通常配送無料)で購入可能なので、あえてこのAmazonブランドの充電池を
選ぶメリットはあまり無いと言える
ちなみにPanasonic eneloop pro単三×8は数ヶ月前は1700円くらいで売られていた


amazon nimiPro 4


つでにサンワダイレクトの単3電池10本収納可能な電池ケースも同時購入しました

今回の購入で所有するニッケル水素充電池もついに100本の大台にのってしまいました



・関連記事

eneloop駆け込み購入
Amazon ベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形
充電池も増殖中
eneloop mobile booster エネループ モバイルブースター



〔追記〕2014/9/25

別の記事での、amazon Ni-MHについての質問回答をコピペしました

高容量、ベーシックそれぞれの電池外径をノギスで測定
それぞれ3本ずつ、1本につき5回測定して平均値を算出しました
結果は

高容量
14.32
14.37
14.30

ベーシック
14.17
14.12
14.13mm

でした
高容量の方が0コンマ2mm程度大きいようです

LEDLENSER P5、ZEBRALIGHT SC52F、ThruNite Neutron 2A V2への装填具合は

P5
高容量   入らない、無理に入れると多分取れなくなる
ベーシック 入るがスキ(遊び)はほとんどなし


SC52F    
高容量    入る、極々わずかにスキあり
ベーシック  入る、適度なスキあり


Neutron 2A V2  
高容量     入る、適度なスキあり   
ベーシック   入る、やや大きなスキあり


参考までに



スポンサーサイト
2014-08-30 : 防災 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

NITECORE ヘッドバンド HB02

ZEBRALIGHT SC52Fにはこれまで購入した同社ライトのようにヘッドバンドが
付属していなかった
別にヘッデンメインで使う訳ではありませんが、イザというときにヘッデンにもなる
アドバンテージは大きかった

同じように以前に別のメーカーのAAライトを使っている時にも
漠然とそう思って購入したモノがありました

それがこの NITECOREのヘッドバンドです


NITECORE HB01
                       NITECORE ヘッドバンド HB02


入手は今年の3月、増税前の駆け込み購入でした

とは言いつつヘッドランプも多数所有しているので、平時にわざわざハンドライトを
ヘッデンに転用する機会はそうなく、購入後部屋の隅に転がっていたのを
思い出し丁度良いのでSC52F用にしました

両サイドに2個、上部に1個ライトを装着できます
上部だけ固定リングが2つある


NITECORE HB02


両サイドにライトを装着すると、左右の重量バランスも取れ、一つのライトに不具合が
起きた場合も即座にバックアップ点灯が可能です
ただZEBRAくらいコンパクトだと片側だけでも気になりません


NITECORE HB03


内面には滑り止めのシリコングリップ付き


NITECORE HB04


それと後部には、安全反射テープがついています


装着が可能なライトの径は18~27m程度
3AAA(単4×3)のような太いライトは装着に難があると思います
1AAや2AAライトに向く


ヘッドランプを使って作業することが多い人は、ハンズフリーになる恩恵が
如何に大きいかを良くご存じだと思います


ハンドライト、ランタン、ヘッデン

どのライトにもそれぞれの専門分野がある
すべての種類のライトを必要数揃えるのは大変ですが
こう言ったアクセサリーを併用することで、この内のハンドライトとヘッデンを
一つのライトでまかなう事が可能になります

もちろん器用な方は既製品を購入せずにご自分で工夫されて同様のものを
自作されても良いでしょう



2014-08-25 : NITECORE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ZEBRALIGHT SC52F Cool White

ZEBRALIGHT SC52Fは前モデルのSC51Fからデザインが一新しました

SC51F 18
                      ZEBRALIGHT SC52F Cool White


SC52F 2


左はSC51F 右がSC52F

単セルなので全体のサイズにさほど変更はありませんが
ベゼルの口径が大きくなり全体的に凝った造形になりました


SC52F 3



・諸元

搭載LED   Cree XM-L Cool White
H1   266 Lm (0.9 hrs) 、 H2 163 Lm (1.7 hrs) / 102 Lm (3 hrs) / 4Hz Strobe
M1   47 Lm (7.5 hrs) 、 M2 23 Lm (12 hrs) / 11 Lm (27 hrs)
L1   2.5 Lm (4 days) 、 L2 0.32 Lm (3 weeks) / 0.05 Lm (2 months) / 0.01 Lm
                                                    (3 months)
サイズ    全長78.2×径23.6mm
重量     40g
防水性能  IPX7
作動電圧  0.7-4.2V
バッテリー 1.5V AA×1 、ニッケル充電池可、3.7V 14500×1
実売価格  7000円前後 (2014/5月購入)




SC52F 7


アバラ骨のようなデザインは好き嫌いが分かれる所でしょう
ヘッド部はサメのエラのようで全体的に水中生物や爬虫類的な雰囲気を
醸し出しています



SC52F 4

クリップの形状はSC51Fと変更は無いようです

SC51Fには付属していたヘッドバンドはSC52Fには付いてきませんでした
あれが有ればヘッデンにもなるので重宝してたんですけどね


SC52F 5


スイッチはZEBRA共通の奥まった所に配置され誤点灯を防止します


SC52F 6


ランヤードストラップ用の孔はありません、と言うかZEBRALIGHTでは
見たことがありませんけど


SC52F 11


数多有る1AAライトの中でも非常にコンパクトです


SC52F 9


外れる部品と言えばこのテールキャップと+ネジで固定されるクリップくらい
非常にシンプルな造り

そうそうこれまでのZEBRALIGHTは本体のどこにもブランドロゴや型番の記載が無く
使用電池や配光、色温度で判別するしかなかったのですが、SC52Fにはボディに
しっかりと明示されてます


点灯/消灯はスイッチの短押し
点灯状態でスイッチを長押しするとHi → Low → Mid → Hi ...とサイクルする
Hi、Mid、Lowそれそれに明るさの違う2つのモードを選択でき、点灯状態でWクリックすると
モードを変更できる
ちなみに短押し点灯するとHiからですが、やや長押しするとLowからの点灯となる


SC52F 8


フロストガラスにより拡散光を生み出します




それでは照射テスト


距離 約0.5m

SC52F 12Low
                             L1 2.5Lm


SC52F 13Mid
                             M1 47Lm


SC52F 14Hi
                             H1 266Lm


ZEBRALIGHT特有の中心光がほとんど発生しない綺麗な配光です


続いて資材棚に向け照射 距離 約1.5m

SC52F 15Low
                             L1 2.5Lm


SC52F 16Mid
                             M1 47Lm


SC52F 17Hi
                             H1 266Lm


L1の2.5Lmでも手元の状況確認であれば結構使える明るさです

街灯の無い夜道だとM1 47Lmくらいあると充分でしょう

H1 266Lmだと作業灯でもイケそうな感じです


ただ266Lmだと数分でライト本体が熱をもってきます (火傷する程ではない)
1.7hとランタイムも長くなり体感の明るさの差があまりないH2 163Lmのほうが実用的でしょう


搭載LEDが、XP-GからXM-Lに変わりルーメン値がスペックの上では向上しましたが
SC51Fと照射比較してもそこまで明るさの違いは感じられません
ただヘッド径が大きくなった分、拡散範囲は広くなったようです

配光から見ても分かる通り遠くを照らすのは苦手で、近距離を広範囲に照射する
用途に向きます


しかし我が物置部屋ながら散らかってますなぁ~


SC52F 10



2014-08-16 : ZEBRALIGHT : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

NITESTIK (ナイトスティック) キーリング 追加購入

以前紹介したNITESTIK (ナイトスティック) キーリングを追加購入しました


NS20140814A.jpg
                    NITESTIK (ナイトスティック) キーリング


元々ブルーを持っていて、今回購入したのはパープル


寝室に置いているランタン(GENTOS EX-837NX)に装着しました (ブルーの方を)


NS20140814B.jpg


これで急な停電に見舞われてもランタンの位置が一目瞭然です



2014-08-14 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ストリームライト サバイバー用乾電池ホルダー


サバイバーナックルヘッドは乾電池ホルダーを介して単三電池4本を装填して使用するライトです


STLNH01.jpg


そのホルダーは二枚貝のような分離式の構造で、2本の位置決め用のツメと固定用のツメを
ハメ込み挟むようにして電池を保持するのですが、繰り返しの使用でこのツメの部分が
割れてしまう可能性があるので予備部品として乾電池ホルダーのみ買い増ししました


STLNH02.jpg


もっとも慎重に使えば直ぐに折れてしまうような華奢なモノではありません、あくまでも
もしもの時に備えたバックアップです

また長時間の使用が想定される場合には、乾電池ホルダーを2つ体制で運用すれば
迅速な電池交換が出来るハズ


ナックルヘッドは応用範囲が広い優秀なライトなので、本当はライトそのものを買い増し
したい所ですが、資本主義社会の底辺で生きる小生にはそこまでの経済的余裕が
無いので仕方がない



2014-08-13 : STREAMLIGHT : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タクティカルライトとは?

TacticalLight20140812.jpg


タクティカルライトとは?


以前も同じような題名で記事を書きました

今回は定義の観点から


物事の定義には「広義」と「狭義」があります

例えば「車」の場合ですが


「私は車で通勤しています」


と言った場合、普通は自家用車(自動四輪のマイカー)で通勤するのだと受け取ります
これが狭義です。車=自家乗用車という常識的な暗黙の了解があるからです
しかしバスや電車や自動二輪も「車」には違いありません
自転車も同じです。これが広義の意味での「車」です
さらにイジワルな解釈をするとその範囲は馬車やリヤカーにまで広がるでしょう



タクティカルライトとは?

以前の記事では停電などで仕方なく使用する防災用の懐中電灯と違い
「積極的」に機動する運用思想の違いにあると申し上げました


今回は性能面から考察してみます

タクティカルライトの条件として一般的に以下のものが挙げられます



条件1

レールマウントを介して銃火器に装着できること
一発操作でHiモード点灯が可能
ストロボ点滅モード搭載
テールスイッチ操作でコンバットリングが装着できること
リチウム電池を使用する
軍隊や法執行機関が認める性能を有すこと



条件2

信頼性(強度・耐久)の高い金属ボディであること
複数の点灯モード
一般的(ホムセン)なライトよりも高性能であること


※上記条件は小生が勝手に考えたものです


条件1に適合するのはSUREFIREやストリームライト TLRシリーズなど一部のライトしかない
ウェポンライトと呼ぶことも多いこの括りは「狭義」と言える


条件2まで範囲を広げるとSUNWAYMANやFENIXなど該当製品は多い
小生が当ブログで紹介しているライトは専らこの「広義」の意味でのタクティカルライトになる

またTactical = 戦術の、戦術上の が意味するように防災用途とは一線を画す
特別な任務に特化したライトも含まれてくるかもしれない(極端な遠方照射モデルや防爆ライト等)



10万tの正規空母でなくともその国が主力空母と言えばV/STOL空母でも主力空母になるのと同じで
結局のところ条件1に該当せずとも各社がタクティカルライトと言ってリリースすれば
タクティカルライトの扱いになるのが現状
そう言えばボスポラス海峡を通過するため空母を「重航空巡洋艦」と言い張った国もありましたね



...



そして

Yahoo検索で「タクティカルライト」と入力するとかなり上位に当ブログがヒットするようです

覘いてみてみて


「なんだ、ウェポンライトは無いのか」


とガッカリした方がいたら期待に沿えず申し訳ない


ウェポンライトならばサバゲー関連の方のブログの方が情報量は豊富だと思います
当ブログの場合ホムセンには置いていないタクティカルライト(AAセル高性能ライト)を
防災用途に利用することを推奨しているに過ぎない


そこんトコの趣旨を寛容にご理解頂ければと思う


TacticalLight20140812A.jpg



2014-08-12 : ライトの基礎知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ROFIS マルチファンクショナルクリップ AR01


ROFISからリリースされているマルチファンクショナルクリップAR01は10~30mmくらいまでの厚さの
机の縁やパイプ等に挟んで固定することが出来るクリップです


AR01 1


4ヵ所の関節がありアームの両端にクリップがある

実際はライトを任意の方向に固定する事が多いと思いますが、別に用途をライトに
限定することもない
アイデア次第で色々と楽しめると思います

実売は700~900円


AR01 2


小生は深夜までパソコン画面の前にヘバり付いている時に電気代節約のため
部屋の照明を消して1AAライトを装着したAR01をPCラックのポールに固定して
キーボード周辺を適度な明るさに照らす事に利用している


AR01 3


それとこのブログの屋外照射テスト撮影の時にも重宝しています
以前までは嫌がる友人を無理やり付き合わせていましたが、今はAR01を使い
三脚にライトを固定できるので、アシスタントが一人要らなくなった


AR01 4


活用例として2AAライトに拡散系の1AAライトを装着して遠方と足元の両方を
照射すると言うような使い方も出来る


AR01 5


実は既に小生の手元に2つあります
同時購入ではなく後で買い増ししたモノ


安価なのでキャンプに良く行く人はひとつ持っておいて損はしないアイテムです



2014-08-12 : ROFIS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

PLANO ガイドシリーズ 1470 防水ケース

海や川など水辺のレジャーでの悩みのタネは水気に弱いものをどう守るかです
波の飛沫などには気を遣っていてもこの時期は急な夕立にも見舞われます

最近では携帯や時計などは最初から防水のものも増えてきましたが、デジカメや財布、
車のキーレス等出来れば水気から遠ざけておきたいモノも依然としてある


防水ケースとして一番に思い浮かぶのがペリカンです

しかしビーチで水着にサングラス、麦わら帽子の出で立ちで手にペリカンケースを持っている
姿を客観的に想像すると怪しすぎないだろうか?
ペリカンは海洋生物学者などが研究設備運搬の一環として持ち歩いていてこそ
サマになるものである

やはり人目のある場所ではその場にあった目立たない恰好をしたい

そこでレジャー用の防水ケースとして小生が使用しているのがPLANO(プラノ)です


PLANO1470 1
                       PLANO ガイドシリーズ 1470


サイズ   外寸35.5cm×22.8cm×12.7cm
サイズ   内寸30.4cm×17.7cm×11.7cm
素材     ポリカーボネート
実売価格  6000~8000円


PLANOはアメリカの企業で、タックルボックスやハンドガンケースなどで有名なので
ご存じの方も居られるでしょう


PLANO1470 3


このガイドシリーズ1470は結構大き目のサイズで、内寸は30.4cm×17.7cm×11.7cmで
タブレット端末も収納可能です (大型タブレット端末はギリギリか不可)


PLANO1470 2


正面と左右にロックがありガッチリと蓋を保持する


PLANO1470 4


クリアタイプで内容物が見えているので便利、しかし其れ故置き引きには注意が必要だ


PLANO1470 6


ハンドルの横に孔が開いているので紐やタグを装着できる


ポリカーボネート製なので直ぐに割れてしまう事もないでしょうが、ペリカンと違い
耐衝撃ケースではないのであまり乱暴に扱わない方が良さそうです


まぁ水辺のレジャーでの防水はコンビニ袋だったりソフトタイプの防水バッグを利用する手もある
クーラーボックスの中を仕切って工夫している人も居るでしょう

ただこのプラノの防水ケースはレジャー用としてだけでなく、非常時の備えとして
ファーストエイドキットを収納したり、スポンジを詰めてカメラケースにしたり
色々な用途に対応できると思います


PLANO1470 5



2014-08-11 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CAPTAIN STAG ポイズンリムーバー


夏休みとなりこれから10月まではキャンプに行く機会も増えると思う

使わない事の方が多いが、万が一のため是非持って行きたいもののひとつが
ポイズンリムーバーです


DSC_1046nr.jpg
CAPTAIN STAG ポイズンリムーバー



購入価格 約2800円(税込)


スズメバチやブヨ、毒ヘビに噛まれた際に傷口から毒を吸い取るために使用します
つい最近も増水した中州のキャンプサイトから脱出中に悲劇に見舞われた家族が
いたが、自然を舐めると痛い目に合う

特に山などに入って行けば西洋医学の恩恵から100年分は遠ざかる訳なので
遭難して病院に搬送されるまでの応急処置は自己完結するしかない
(本当は遭難しない事が最良ではあるが)


ポイズンリムーバーは刺されてから、または噛まれてから2分以内に使用する事が重要です
蛇だと噛まれてから15分経過で効果は薄くなり、30分ではほとんど効果はありません



・ 使用方法

①冷静にポイズンリムーバーを取り出します

②4つのサイズから傷口の大きさに合ったカップを選びエクストラクターに装着します
  (幼児の指など体の小さな部位には一番小さなカップを選びます)

③ピストンレバーを一杯まで引いてカップを装着したエクストラクターの先端を傷口に密着させ
  親指でピストンレバーを止まるまで押し込みます (吸引されている部分の皮膚が盛り上がる)

④この状態で1分ほど維持します、レバーを引くと外れるのでこれまでの動作を
  数回繰り返して毒を吸引・排出させます、毒ヘビの場合は一回3分が目安のようです

⑤傷口を付属のアルコールパッドで消毒し、バンドエイドを貼る




DSC_1060tnnnr.jpg


毒が強力な生物に噛まれた場合は傷口から心臓の方に10cmほどの所でやや緩めに止血して
血液の循環を遅らせることが望ましい

また傷口周辺に体毛が多い場合は付属のカミソリで剃毛してから吸引をします

何にしても噛まれて(刺されて)から2分以内と言うのはかなりハードルが高いと言える
自宅で何度も予行演習をしておき現場では直ぐに取り出せるようにザックの外ポケットなどに
収納しておくほうが良いでしょう

あくまでも応急処置用のツールであり、必ずしも効果の保証はないので
その後はすみやかに医師の診察を受けなければなりません

ちなみに吸引した部位の肌はキスマークのように円形に内出血した状態になります


ポイズンリムーバーも各社から様々な製品がリリースされている
このキャプテンスタッグのも恐らくOEMで似たようなものを良く見かけます
また1000円を切るような安価なものでは使い捨てのものもありますので
注意が必要です

特に子供連れのような責任ある立場の人はもしもの時に備えて
ポイズンリムーバーは是非とも持って行ってもらいたいと思う

このポイズンリムーバーは登山やキャンプだけでなく満足な医療を受けられない
震災における避難所でも有用なのは言うまでもない



...



8/1に神奈川県西丹沢のキャンプ場で親子3人が溺死した事故では、経営会社の違法造成などが
問題となり人災ではないかとの指摘もあるが、そこにテント泊すると言う判断を下したのは
そこを利用し死亡した家族自身である

テント内でバーナーを使用してはならないと言うのと同じく中州で幕営してはならないと言うのは
キャンプをやる人からすれば常識のはずである
しかも場所は渓谷だ、その場は晴天でも上流で雨が降れば鉄砲水に襲われるのは目に見えている
想像力が欠如していたとしか思えない

勿論管理会社の責任は免れないが、自然の中に生身の人間が飛び込んで行くのであるから
最終的には自分の生命は自分で担保するしかないのである

大自然は雄大な姿を見せてくれるが、時として人間に対して非情な牙をむく
後悔しないためにも必要な知識、技術、装備は準備してから楽しみたい



DSCF8279ntr.jpg
穂高連峰 大キレット 長谷川ピーク




2014-08-10 : 登山 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

FENIX TK45

8AA(単三×8本)使用の変態ライト FENIX TK45

TK45 8AA 1st
                             FENIX TK45


2010年の年末くらいに購入したと記憶していますが、レビューをサボっている内に生産中止に
なってしまい放置していましたが、未だ流通在庫は結構有るようです

小生屋外照射テストは5、6本のライトをまとめて実施しており、以前に撮影したもののデータを
見ていたらTK45のものが見つかりました


8AAライトはNITECORE EAX HAMMERのように2000ルーメンの世界に突入しており
今さら760ルーメンのTK45を購入する人は相当なモノ好きでしょうが
少しでも参考になるかと思い照射テストの画像だけ掲載する事にしました



Mod 4
                           Mid 95ルーメン 22h

Hi 4
                           Hi 312ルーメン 6.5h

Turbo 4
                          Turbo 760ルーメン 2h



Mid 3
                           Mid 95ルーメン 22h

Hi 3
                           Hi 312ルーメン 6.5h

Turbo 3
                          Turbo 760ルーメン 2h



Turbo 2
                         Turbo 760ルーメン 2h


Turbo 1
                         Turbo 760ルーメン 2h


現在であれば760ルーメン程度なら4AAで充分発揮可能ですのであえて8AAライトを
選択する人も稀でしょうが、デザインでTK45を選ぶイッちゃってる人も極々少数居るかと思います

そのような人の参考になれば幸いです


2014-08-09 : FENIX : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

LEATHERMAN マルチツール

先回の記事の内容が折り畳みツールのだったのでそれに関連して
小生の手元にあるLEATHERMANの紹介です

LTMT 09


マルチツールは他にもWENGERやVICTORINOXのものをいくつか持ってますが
「マルチプライヤー」に限ればレザーマンしか所有していません

参考記事 → 多機能ツール


LTMT 01
Wingman


一番使用頻度が高いのはウィングマンで、一応フルサイズツールとして分類されていて
その中では小振りなサイズですが不便はなく手の小さな日本人には握り易いサイズかもしれません
コスパも優秀で、小生が購入した時は正規代理店でも4000円以下で購入できましたが
2014年8月現在では7000円前後と大幅に値上がりしている状況です
ただ並行輸入品であれば今でも4000円台で購入可能なよう

兄弟モデルにサイドキックがあり、基本性能は似ているがハサミがノコギリに
変わるなど何ヵ所か相違点がある
ウィングマンより1000円程値段が高い傾向があります


LTMT 02

ウィングマンは気に入ったので2本所有しており、クリップが装備されているので
一つは防災バッグのモール部に差している



LTMT 04
REBAR


REBARはスーパーツール300のコンパクトモデル
コンパクトといっても比べる対象が300なだけで、普通に使う分には充分大きい
17機能搭載で収納式のツールには全てロック機能があります
スレンレスモデルとブラックのミリタリーモデルがあり、前者は革ケースが
後者にはナイロンケースが付属します
ただプライヤーはスプリングアクションに慣れてしまった人には使い辛く感じるかもしれない
小生の個体はプライヤーを収納する時、ハンドルのヒンジがかなり硬い

購入価格6500円前後



LTMT 10
OHT Coyote Tan Colored


プライヤーの展開が片手で可能なのがその名もズバリ「OHT(ワン・ハンド・ツール)」です
珍しいスライド式で収納・展開するプライヤーで両サイドの固定ツマミを押すとハンドル部が
自重で落ちてプライヤーが顔を出します
154Cm鋼材のワイヤーカッターは替刃タイプで破損しても取り換え(別売りパーツ)可能
シルバー、ブラック、コヨーテタンの3色のラインナップで、写真の小生所有のはコヨーテタン色

購入価格 10000円前後



LTMT 05
Raptor(ラプター)


Raptor(ラプター)は、これは多分去年購入したと記憶しています
ハサミに1万円も出すのは少し考えましたが、その他のマルチツールに付属のハサミは
オマケ程度の大きさしかないのでハサミメインのマルチツールも押さえておいた方が
良かろうと思い購入

Raptorは救急、消防、医療関係者に特化したモデルです
緊急時のレスキュー活動におけるシートベルトカッターや窓ガラス割りハンマー(ウィンドウブレイカー)、
リングカッターに酸素ボンベレンチ等を装備しています
メイン機能のハサミは、かなりぶ厚い布もスムーズにカットが可能
また先端が尖っていないので不意に刃先が人に触れても怪我をし難い

樹脂ケースへは折り畳んだ状態でも展開状態でも収納可能ですが、展開状態だと固定は甘いので
その状態で走り回ると脱落すると思います、あくまでも一時的なもので基本は折り畳んで
収納するのがベストでしょう

購入価格10000円前後



LTMT 06
Style CS


つい最近購入したのがこのStyle CS、2010年発売の新しいモデルです

本当は兄弟モデルでプライヤーのStyle PSが欲しかったのですが、口コミを見ると半分くらいの確率で
ハサミのバネが折れるらしいので、メイン機能がハサミのStyle CSにしました
PSの方はナイフレスでEDC可能だっただけにやや残念


LTMT 08
フルサイズのREBARとの比較


このStyle CSですが手元に届いた時、そのサイズに少し驚きました
キーチェーンサイズツールに分類されているので、ある程度小さいことは想像できるのですが、
形がスケルツールに似ているのでその位の大きさだと勝手に思い込んでいました
折り畳んだ状態でカラビナ部分を除くと単三電池と同じくらいの長さしかない程コンパクト


LTMT 07


まぁ普通に考えればフルサイズツールが2000円程度で買える訳もないんですけどね...
展開すれば他は兎も角、簡易的なハサミとしては充分なサイズです

購入価格2500円前後



と、ここまで紹介したように何本も持っているLEATHERMANですが、ほとんどWingmanしか
使っていません
だって何するにしてもWingmanだけで充分なんですよ
他のツールは所有欲を満たすためと、非常時の備えの状態です
でも使ってなくても持っているだけで満足してしまうのもレザーマンの魅力のひとつだと思います


それと岐阜県関市にレザーマンツールミュージアムがあるのですが
愛知の三河に住む小生としては東海環状で1時間で行ける割と近場なので
この夏休みにでも行きたいと思っていたのですが、現在一時休館中のようで残念



2014-08-03 : LEATHERMAN : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop

スプーン&フォーク折りたたみツール


先月の上旬、何年ぶりかにファッション雑誌を買いました

0801JS1.jpg


小生は身だしなみには気を遣っている方だと思いますが、若い頃とは違い現在は
雑誌などを参考にして流行を追ったりすることはありません


では何故ファッション雑誌を購入したのかと言うと、付録目当てです


0801JS2.jpg


Fine8月号に折り畳みツールが付いていました

折りたたみ式マルチツールならWENGERやレザーマンのものを数多く所有しているのですが
この雑誌の付録にはスプーン&フォークのみのシンプルな折りたたみツールが付属していたのです


0801JS3.jpg


仕事柄出張が多く、昼食がコンビニ弁当になることも少なくない
今までに何度かレジを担当したコンビニ店員が割り箸を入れ忘れて犬のように
口だけで弁当を食した事がありました

そうならないように仕事用のカバンには割り箸をいつも忍ばせておいたのですが
同じようにコンビニ店員が箸を入れ忘れて困っている同僚にあげている内に
補充を忘れて自分が必要な時には割り箸が見当たらないのですよ

なので以前から携帯できるスプーン&フォークを探していました


0801JS4.jpg


実はスプーン&フォークの付いたマルチツールならば登山で使っていたものが既に有るのだが
他の多くのマルチツールがそうであるようにナイフも付属しており普段持ち歩くのには問題がある
なのでここ数年はナイフレスの折りたたみのスプーン&フォークを探していました

キャンプ用のコンパクトなスプーンなどで代用しても良かったけど、やはり携帯式の
折りたたみツールにこだわりたかった


さてこれからはこの折りたたみ式スプーン&フォークを仕事用カバンに忍ばせておく

ただ元はと言えばコンビニ店員が割り箸を入れるのを忘れなければこんな事で
頭を悩ますこともないのだが...


しかし入れ忘れを見過ごした小生にも隙はあった、まだまだ甘いな !


「ジャーナルスタンダード」というファッションブランドなのが少し気になりますけど...



2014-08-01 : その他 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。