素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

STREAMLIGHT PROPOLYMAX 4AA

防爆ライトのSTREAMLIGHT PROPOLYMAX 4AA

2014年の初めに入手し、4月に屋外照射したのにずっと放置していました

PROPOLY 4AA 1
              STREAMLIGHT プロポリマックス 4AA 米国防爆認証ライト


素材はポリマー樹脂製で可燃性ガスが充満するような場所でも使用することが出来る
消防士など特定業務のためのライトです

防爆ライトとしてはかなり明るいライトで300ルーメンを発揮する


PROPOLY 4AA 3



・諸元  ストリームライト プロポリマックス 4AA 米国防爆認証ライト

明るさ     Hi300ルーメン 、Low50ルーメン
ランタイム   Hi 2h45min 、Low 24h
防水性能   IPX-6
ボディ素材   耐衝撃、耐薬品ポリマー樹脂
重量      約233g(電池含む)
サイズ     全長178×ヘッド49×ボディ38mm
バッテリー   単三アルカリ乾電池×4
付属品     テスト電池




PROPOLY 4AA 2


包装はブリスターパックでアルカリ電池も付属している


PROPOLY 4AA 4

PROPOLY 4AA 6


電池はヘッド部とリフレクターを外して、縦に2本づつ2列に分けて装填します

装填方向は内側にラベルが貼ってあり、この通りに装填しますが
その内剥がれるだろうことは容易に想像できるので、小生はシールを
剥がして油性マジックで+-を書いています


PROPOLY 4AA 5


別売りですがベルトクリップが用意されている
これを付けるとベルトや棚のワイヤー部などに装着する事が容易になります

PROPOLY 4AA 8


PROPOLY 4AA 7


ボディは楕円形なのでグリップ感は悪くない
ただ前述の別売りベルトクリップを装着するとやや保持し難くなります



基本的な操作はテールスイッチを押し込むと点灯、再度押し込むと消灯
消灯時に半押しする事でHi、Lowを切り替えられそのまま押し込むと連続点灯する

また以下の3つの点灯プログラムから自分の好みの設定に変更することも出来ます

①全押しで常にHiが最初に点灯、切り替えは消灯時より半押しでHi、Low、ストロボが可能
②Hiのみしか点灯させない
③全押しで常にLowが最初に点灯、消灯時からの半押し2回後そのまま押し込むことでHi点灯可能

プログラムの変更は消灯時に10回半クリック後に10回目でそのまま全押しします




屋外照射テスト



PROPOLY 4AA 9
                        Hi 300ルーメン  距離15m


PROPOLY 4AA 10
                         Low 50ルーメン  距離15m



PROPOLY 4AA 11
                            Hi 300ルーメン


PROPOLY 4AA 12
                            Low 50ルーメン



かなり中心光がスポット気味で、300ルーメンだけでなく50ルーメンでも遠くまで飛びます

火災現場での捜索ならフラットな広角配光の方が良いような気もしますが
煙で視界が悪いとやはりある程度強い光軸が求められるのでしょう

やや黄色がかった色温度もそのような状況での見易さへの配慮なのかもしれません



冬季、金属ボディのライトでは素手での使用は辛い思いをしますが
この種のライトならばそれも無い

300ルーメンの充分な明るさとスポットな配光は、寒い季節のアウトドアに
最適なライトかもしれない



スポンサーサイト
2014-10-26 : STREAMLIGHT : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

Nikon F4

小生は色んな物を集めたり備蓄したりする癖があるのですが
ご存じの通りカメラもその内の一つ

総数としては50台くらいは所有していますが、その中でも同一モデルを複数
所有しているものがあります

主力機のNikon F4がその筆頭です


NikonF42014102207.jpg

                               Nikon F4


6台あるNikon歴代フラッグシップの4番目のカメラだ
もっとも初代Fが登場した時はフラッグシップという概念はなかったが

メカニカルのF2やロングセラーのF3、現行のハイテク機F6ではなく電子カメラでプラ外装の
F4を何台所有していても何の自慢にもららないのですけどね

ただ歴代の様々な形式のFマウントレンズとは、F4が一番互換性が高い


NikonF42014102208.jpg


AF機でありながら軍艦部に多数鎮座するダイヤル群や各種レバーは直感的な
操作が可能で、それが理由でF4を使う人も多い

現在のデジタルカメラでもFUJIFILMやOLYMPUSのものを筆頭として、クラシックカメラの
デザインを模してダイヤル操作を売りにしているものも出てきたが、
このF4が発売された1988年当時はそもそもこの操作体系が当たり前の時代であり
現在のデジタルカメラのように奇を衒った迎合デザインとは根本の設計思想が
違います



現代のデジタル一眼レフであれば同一機種を複数台持つなどと言う無駄な事はしない
プロであればサブ機やレンズ交換の手間を省くと言う意味合いで同一モデルを
複数所有している人は居るだろうが、趣味でやっていてそこまで経済力のない
一般人でそのような人は稀でしょう

デジタル機の技術向上は日進月歩なので、その時代時代で買い替えて行くのが
正しいデジタルカメラとの付き合い方だと思う


しかしフィルムカメラはそうもいかない
ほとんど絶滅寸前な上に、メカニカル機ではない電子制御カメラのF4では
故障すれば修理そのものが出来ない事も多い

すでに生産終了品なので美品の状態で確保するには早めに手を打つ必要もあった
メーカーの部品保有期限も既に終了している
なので一生使う分を確保しようと考え現在手元には5台のNikon F4がある


NikonF42014102203.jpg


ご覧の通り正確に言えばF4とF4sなのですが...
バッテリーグリップの有り無しだけで機能に違いがある訳ではない

実は2年ほど前までは6台あったのですが、構造を調べるために分解してしまったので
現在実用に耐えるのは5台と言う事になります


保存に関して、以前は部品劣化を止めるために密閉容器に窒素ガス充填を試みた
ことも有りましたが、あまりにも費用と手間がかかるので諦めた
ここまでの台数を確保してもなお将来F4を使う事ができない状況になれば
その時は潔く銀塩写真を諦めようと思う

その前にフィルムの供給がなくなるかもしれんが...


ちなみに生産中止になったフィルムも備蓄している

ASTIA 100Fの備蓄


2014-10-22 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

NITECORE Intelli charger i4 ナイトコア インテリチャージャーi4

2100ルーメンのSUNWAYMAN T60CSは専用のAP-06充電器を使用するとライト本体に

リチウムイオン充電池を装填したまま充電することが出来るので非常に便利です

NITECORE i4 3
                     SUNWAYMAN T60CSとAP-06充電器


ただプラグを入れるタイミングなのか充電スタンドに載せる順序の問題か、
直ぐに充電を始めてくれない時があり、信頼性はいまひとつなのがやや残念

ただもしAP-06が故障したとしてもThruNiteのMCC-4充電器もあるため
ライトから充電池を抜く手間はありますが、実用上運用するのには
問題はない ...はずでした


NITECORE i4 4
                      ThruNite MCC-4充電器


先月eneloop以外の単三Ni-MHをMCC4で充電しようとしたところ、MCC4がまったく
作動しなくなった事に気付きました
接触不良などを疑い色々と試してみましたがウンともスンとも言わなかった
ただ試に12Vシガーソケット経由で接続してみると、これが何事もなかったように
充電をはじめたので、100V充電での回路のどこかに不具合があるのだろう

単三Ni-MHはeneloopの充電器を使えば良いが、18650リチウムイオン充電池は
そうはいかない
18650は小生の主力バッテリーではないが、MCC-4が100Vで充電できず
もし現在不安定なSUNWAYMAN AP-06までが故障すれば、T60CSやThruNite Lynxが
まったく使えなくなる

これは困る


という事で急ぎ18650に対応した充電器を購入しました


NITECORE i4 1


入手したのはNITECORE Intelli charger i4 (2014Ver.)

購入したのは9月で価格は¥2960

しかし10/17に確認してみたら¥2480に値下がりしている
ただ現在は配送料が掛かるようなので実質負担はほぼ一緒だと思うが


Intelli charger i4には2014Ver.とそうでないもが、また2014Ver.にもVer.2があり
Ver.2の方には12Vシガーソケット充電用のケーブルが付属するようだ

ちなみに小生が購入した2014Ver.には充電器本体に12V充電用の端子はあるが
ケーブルは付属していなかった


NITECORE i4 2


Intelli charger i4はLi-ion: 26650、22650、18650、16340(RCR123)、14500、10440
単二、単三、単四型Ni-MH / Ni-Cdなど様々な種類とサイズの電池に対応している
ただ26650では物理的に装填できず2本までしか同時充電できないようだが


MCC4では液晶画面にインジケーターと充電している4本個別に電圧が表示され
優れたインターフェイスであったが、Intelli charger i4では3段階のインジケーターのみ
まぁ実用上そこまで不便ではないので大きな問題はない


こういったインテリジェント充電器には国産の選択肢がほとんど無い
その中でi4はコスパ、信頼性からまずまずの性能ではないかと思います


2014-10-18 : NITECORE : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

TrustFire Z2 Anglelight


TrustFire Z2は1AAのコンパクトなアングル(L型)ライトです

TFZ2 1


TrustFireやUltraFireにはニセモノも多いので、小生の手元のZ2も本物かどうか
疑わしいしです。そもそもTrustFireにZ2というライトがあるのかも分からないのですが
調べるのも面倒くさいので、この件については完全に放置しています


・諸元

搭載LED   Cree XP-G R5
バッテリー  1×AA 、1×14500
モード    Hi 、Mid 、Low 、ストロボ 、SOS
明るさ    MAX320ルーメン(14500)
リフレクタ  アルミSMO
サイズ    H88mm x D37mm x W24mm 




TFZ2 2


Energizer ベストライトと大きさを比較してみる

自立させた時の高さは88mmです


TFZ2 4


テール部にはブランドロゴがプリントされています

ちなみにここにはマグネットが内蔵されてスチールの棚などにライトを装着することが
できますが、磁力はあまり強力ではないので頼りにはしない方が良い


TFZ2 3


eneloopも問題なく使用できる
また14500リチウムイオン充電池も使用可能です


TFZ2 5


パーツはヘッド、ボディ、テール部とリフレクターも脱着できる
ちなみにリフレクターを外したまま使用すると、LEDはむき出しになりますが
かなりの広角配光になります


TFZ2 7


緑色のゴムスイッチとリフのパッキンは蓄光素材になっていて、消灯後もしばらく
ぼんやり光り続けて存在をアピールします
地味に嬉しい機能ですね


TFZ2 6


背面にはクリップが装備されていて、ポケットなどに差してハンズフリーでの
使用が可能


上部のスイッチを押し込むと点灯し、もう一度押すと消灯します
点灯中に半押しかWクリックするとHi → Mid → Low → ストロボ → SOSの順で
点灯モードが替わる

またモードのメモリ機能もあり、消灯時の明るさで次回再点灯が可能



TFZ2 10hi
                        Hi照射  距離約1m eneloop


TFZ2 11mid
                              Mid照射


TFZ2 12low
                              Low照射


TFZ2 14
                         Low照射  距離約0.5m


XP-Gでよく目にする強めの中心光と周辺光が発生する配光です
2AAのFenixライトなどの配光パターンとよく似ている

Hiの明るさは似た配光の180ルーメンのライトと比較すると、やや暗く感じたので
120~150ルーメンくらいの印象です
色温度はバラツキもあるでしょうが、かなり高めでCool Whiteと呼んで良いレベル
照射先が白い壁であれば20~30mは飛びました

Lowでも手元であれば充分な明るさが確保されています


TrustFireと言うブランド柄、多少造りが粗い部位も見受けられますが、3000円を切る値段
だったのであまり多くを求めても筋違いでしょう
GENTOS LB-311 ザ・LEDベンディングライト 311よりは質感は高く
TRUE UTILITY TU305 アングルヘッドトーチといい勝負だ


本家? ZEBRALIGHTの品質には遠く及ばないが、ライトとしての機能は申し分ない

そもそもこれらDX系のライトに品質を求めるのは野暮と言うもの

「造りの粗さも楽しむ」

くらいの心の余裕を持ちたい


TFZ2 15


2014-10-10 : TrustFure : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

備蓄単三電池の買い増し

先週また単三アルカリ乾電池を100本買い増ししました

すでに700本くらい手元にあったので、これで800本くらいになったと思います


AA kaimashi201410 1


2013年2月時点での備蓄本数は200本程度だったので、1年半で3、4倍になった計算です
この増殖具合、我ながら恐ろしい


以前に備蓄の主力にしていて100本くらいあったKodakの乾電池は液漏れが酷いので
この夏にすべて使い切り、現在はPanasonicの液漏れ防止製法のものと
Energizerのリチウム乾電池へ完全に移行しました


AA kaimashi201410 2


様々なケースを想定して、だいたい100本ごとにプラケースに入れて分散配置しています

ちなみに3つ準備している防災袋の中にある予備電池や普段使っている分は
これとは別にひと財産あるので総数は軽く1000本を超えていると思います


小生は災害用のラジオやフラッシュライト、携帯端末の充電器やUSB扇風機など
ほぼすべてを単三電池で賄えるように計画的に揃えてあるので
電源の問題に関してはほとんど心配しなくて良いと考えている
(逆に最近は自分が生きている間にすべて消費できるかの方が心配になってきたが)


AA kaimashi201410 3


大規模災害に備えていくらも支出していない人からすれば個人で1000本も電池を
備蓄しているなんて阿呆にしか見えないかもしれないが、直接被災地にならずとも
その影響で計画停電のような事態になれば、短期的にいくら金を積もうが電池は手に入らない
仮に入手可能であったとしても個人が大量購入すれば皆に迷惑が掛かるだろう
平時の今ならばそれもない

安心を金で買っておくのである


ただ単一、単二電池に比べれば単三電池は非常時でも入手できる希望は持てるが...



2014-10-06 : 防災 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

これからの2AAライト

2010年頃までは2AAライトのHiモードは180ルーメンとか220ルーメンとか
その程度だったと記憶する

1AAや2AAライトは電池の入手性、汎用性、ランコストでその他に優越しますが
リチウム電池と比較して如何ともし難かったのが明るさでした


Future 2AA 1


ただ200ルーメンを「暗い」と感じるのは一部ライトマニアの変態だけです
停電時にナショナルライトしか使わない一般の人からすれば200ルーメンでも
体験したことのない相当な明るさでしょう

なので200ルーメンの照射性能があれば考えられる日常の
ほとんどの用途に対応可能なはずです

そうは言っても、例え98%のシュチュエーションに対応可能でも
残りの2%のことを心配するのがライトマニアであろうと思う


確かにルートが不明瞭な山中などに行くと200ルーメンクラスでは心細さを感じる事はある
何せ心配事は道迷いだけではない、どこからか聞こえてくる不気味な虫の鳴き声、
大型野生動物の襲来もにも警戒せねばならなし、怪しい変質者も居るかもしれない

しかし第三者から見れば、そこら一帯で最も怪しいのは夜な夜な山中でライトを
照射しまくっている本人なのは否定できないが...


何にしても2AAライトで照射能力不足が露呈するような場面でなお
AAセルを使おうとすれば4AAライトに頼るしか今までは手が無かった


だが時代は下り2AAのHiモードは300ルーメン前後が主流になり、LUMINTOP ED25
500ルーメン?を経て2014年にはとうとう4分間の時限TurboながらThruNite Neutron 2A V2
2AAライトは800ルーメンの明るさを手に入れた

この進化に一番驚いているのはフィラメントの2AAミニマグライトを使っていた世代でしょう
何せ当時の2AAライトでは10m先を明瞭に照射するのも難しかった
ツーリングで夜間のバイク整備で口に咥えて使用するのが関の山だった
2AAライトの実力と言うのはそんなモノだったのです


Future 2AA 2


Neutron 2A V2が先陣をきって超絶性能を搭載したことで、この先2AAライトは
早晩500ルーメンオーバーの時代に突入するのは間違いない


「2AAライトにそこまでの性能は期待していない」


と言う意見もあるでしょう


それはそれで否定しないが、ライトの使い方は人により千差万別です
AAセルのランコストが低く掌に収まるサイズからリチウム電池並みの大光量を
待ち望む人も多いと思う


明るさに関しては前述のように否が応にも500ルーメンが身近になる日も
そう遠くないと思う、なぜならそうしないともう「売れないから」です
カメラの画素数競争と同じで分かり易いセールスポイントが必要なのです




しかし小生には以前から思うところがある

それは配光です、より具体的に言うなら遠方照射性能になります


2AAライトがフィラメントのミニマグライトの用途をそのまま引き継いだ影響か
多くは近接使用に適した配光で強烈なスポット配光のモデルは少ない
スポットとスピルの境が曖昧という訳です


強烈なスポットを生み出すにはヘッドの口径が大きく影響してくる
CR123リチウム電池を使用する細身のライトでさえ大きなヘッドとリフを備えたライトが
多くあるのに、これまで2AAライトではどのメーカーも押し並べてヘッドが小さかった
これではいくらルーメン値が向上しても光は拡散して遠方照射は期待できない

しかし2AAライトが500ルーメンを超えてくると、今までリチウム電池ライトの独壇場だった
場面にもAAセルライトに出番が回ってくる事もあるでしょう
そうなってくると2AAライトも単に明るさばかりを向上させても限界がある
800ルーメンを誇る2AAライトThruNite Neutron 2A V2でさえ遠方照射では
光が広がって高ルーメンを活かしきれていないと感じる

単純な「飛び」だけで言えば2年前の4AAライトである600ルーメンのSUNWAYMAN M40A
に及ばないのが現実
と言うか廉価ライトのFENIX E21の170ルーメンにさえ負けている


近接と遠方照射を両立させたければLENLENSERのアドバンストフォーカスのような
解決法もあるでしょうが、パテントの関係もあり同じような仕組の実現は中々
難しいかと思う


Future 2AA 3
SHADOW MINI TC6



なのでこれからの2AAライトは、例えばSHADOW MINI TC6のようにヘッドが肥大化した
モデルのリリースが増えてくるだろうと予測する
リフレクター径を大きくすることが必須という訳ではないだろうが、
それが遠方照射性能を向上させる一番簡単な解決法だからです
(コリメーターレンズだと樹脂製が基本で発熱する高ルーメンライトには向かない)

またその方が貫通型ホルダーへの勝手も良い


Future 2AA 4
SHADOW MINI TC6と代表的な2AAライト FENIX LD20のヘッド径比較




高ルーメン化した2AAライトが後を追うのはリチウム電池ライトの外観・性能であることは
間違いないと思うし、それが求められている事でもあると思う

ただそれを歓迎はするが、一辺倒にならずに近接用途で使い易いフラッディな
配光のモデルも発展充実させて欲しいと願う


Future 2AA 5



2014-10-04 : ライトの基礎知識 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。