素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ThruNite MINI TN30

ThruNiteより新製品のモニター依頼があり、MINI TN30が手元に届きましたので
その使い勝手をレビューしたいと思います

TN30 1
                            ThruNite MINI TN30


・諸元

搭載LED   CREE XM-L2 U2 LED×3個
動作電圧  10.5-17V
動作温度  -20~40℃
防水性能  IPX8
寸法      全長125.8mm、直径64mm
重量      384.3g(電池除)
バッテリー  18650×4本
照射距離  最大265m
明るさ    Turbo 3200ルーメン、Hi 1900ルーメン、Med 435ルーメン、Low 40ルーメン、
        firefly 0.4ルーメン、ストロボ 3200ルーメン
ランタイム    Turbo 120min、Hi 190min、Med 15h、Low 123h、firefly 98days、ストロボ 234min



18650Li-ion充電池を4本使用する結構なサイズのライトなのに、どこが「MINI」なのかと言うと
オリジナルのTN30というライトがあってそれに比較して全長が50mmほどコンパクトに
なっていると言う意味です

4AAのTN4Aと大きさを比較してみます


TN30 2


並べて置いてある缶コーヒーの内容量は185gです
TN4Aよりグリップ部が一回り大きい


TN30 8


男性では気になりませんが、手の小さな女性では太く扱いにくく感じるかもしれません
このサイズが機動する上で上限ギリギリのサイズかなぁと思います


TN30 10


付属品は交換用のOリング×2、ホルスター、とバッテリーキャリアで
バッテリーキャリアは本体に内蔵されている

またサイドスイッチ内部のゴムカバーも予備パーツが付属している


TN30 3


サイドスイッチに操作系が全て集約されているのでテール部には何もありません
この辺は4AAのTN4Aと共通です
ホルスターは付属するが、どこかにストラップ用の孔が欲しいと思うのは小生だけでしょうか?


TN30 6


サイドスイッチは部分的に盛り上がったベースの上に配置されているので
アンチロール性に寄与しています
ただあまり勾配があると関係なく転がっていきますけどね

ヘッドの側面には放熱フィンが4列ほぼ全周刻まれており、綺麗にエッジ処理もされている


TN30 5


リフレクターはOPタイプが3つ

TN30 4

そこにLEDはCREE XM-L2 U2ランクが3つ載っている

浅めのリフにOPなので、飛びよりも広がりをもった配光だろうと想像できる


TN30 11


点灯中にサイドスイッチの中央には青色LEDが灯る
TN4Aと同じく電池の残量が少なくなると赤色に点滅します


TN30 7


サイドスイッチはスナップリングプライヤーで分解できる
防水性は落ちるだろうが、一番上のプラカバーを外すと青色LEDの発光面積を
増やして視認性を上げることも出来る


ちなみに今回TN30のレビューにあたって、小生が18650を4本も使用できる環境にないという事で
同じくThruNiteの新製品の18650 Li-ion充電池も同時に手配して貰った

TN30 14
                  ThruNite 3.6V 3200mAh 18650 Li-ion充電池


18650などのリチウムイオン充電池はこのThruNiteのものを含め信頼に足る製品は
片手の指の数ほどしかない
金額をケチって粗悪なセルを使わないようにしたい


TN30 9


電池の装填はヘッドとボディを分離させ、ボディの方に収納されている
バッテリーキャリアを取り出して行う

バテッリーキャリアのスプリングがある方に18650の-側を合わせて装填する
バッテリーキャリア自体には前後方向に決まりはない



・操作

消灯状態からのサイドスイッチ短押しでLow、Med、Hiのいずれかが点灯して
点灯状態での長押しでモード切替

サイドスイッチWクリックでTurbo点灯
TurboからのWクリックでストロボへ移行
消灯状態からのサイドスイッチ長押しでfirefly点灯

消灯するにはスイッチを短押し
消灯時の明るさを記憶するメモリー機能搭載




屋外照射テストの結果です


国道の高架下 画面奥まで距離約100m


TN30 Low1
                                 Low

TN30 Med1
                                 Med

TN30 Hi1
                                  Hi

TN30 Turbo1
                                 Turbo



橋梁下 距離約20m


TN30 Low2
                                 Low

TN30 Med2
                                 Med

TN30 Hi2
                                 Hi

TN30 Turbo2
                                Turbo



画面左の橋脚まで 距離約50m


TN30 Low3
                                 Low

TN30 Med3
                                 Med

TN30 Hi3
                                 Hi

TN30 Turbo3
                                Turbo



中心光照射面まで 距離約25m


TN30 Low4
                                 Low

TN30 Med4
                                 Med

TN30 Hi4
                                 Hi

TN30 Turbo4
                                Turbo



35mm判換算27mm(74°)相当の広角画角で撮影しており、いつもであればカメラの位置から
照射すると周辺光とその外側の明暗の境界まで画角内に収まるのですが、このTN30では
それが無いのでかなりの広角配光であることが分かります

それでも中心光はそれなりに集光するので、距離に合わせて最適なルーメン値をチョイスすれば
快適に使用できるかと思う

Turboの出番はあまり無いようにも思える。体感的にはHi1900ルーメンとそれほど差異を感じない
シュチュエーションにもよりますが、Med435ルーメンが常用に適しHiがそれを補うといったような
使い方が多いでしょう



近接照射

距離約0.6m


TN30 16
                                 Low

TN30 17
                                 firefly



TN30 15


fireflyは本当に僅かな明かりなのでLEDを直接目で見る事も可能です(推奨はしませんが)



Turbo点灯でのランタイムテストの結果です

ThruNite 3200mAh Li-ion充電池を満充電で実施  照射距離 1.5m

TN30 20


やや減光はするものの開始から90分間ほぼ明るさを維持してストンと消灯した

Turboのランタイムは諸元では120minとなっているが今回のテストではそれに届かなかった
容量が3400mAhのセルだともう少しスペックに近くなるかと思います

またTurboの連続点灯はかなり熱を帯びることも付け加えておきます(体感で60~70℃程度)


3000ルーメンを超える明るさを誇るこのTN30は一体どこの誰がどんな用途で使うのだろうか?
少なくとも小生の場合は1000ルーメン程度あればどんな用途にも事足りる

土地鑑のない山中でより広範囲を遠くまで照射してのルート確認や、夜間の人命救助等の
捜索活動には頼りになりそうではあるが
それと何がなんでも超絶な明るさを追及するライトマニアにも歓迎されるかもしれないな


これは早晩に掌サイズから10,000ルーメンの光が放たれる日も近そうな予感がする



TN30 Turbo Self




スポンサーサイト
2015-01-25 : ThruNite : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

XTAR UL1

今年の1.17は阪神淡路大震災から20年の節目の年だった
このタイミングだからと言うわけではありませんが、防災について今一度各自で
考えてみる良い機会ではないだろうか?

小生は業務、プライベートの区別なく常に1AAか2AAライトが手元にある状態を
24時間365日維持している

もし大規模災害などで停電し真の闇夜に置かれれば人間は少しも動けないからです
また地震などでなくとも電車がトンネル内で故障したりして真っ暗の中を徒歩で避難せねば
ならない状況は平時でも間々あるものである

なので自分以外の周囲の人にも常にバッグにフラッシュライトを持ち歩く事を
以前から推奨していますが中々その重要性を理解して貰えない


1AAライトは充分コンパクトだと思いますが、それでも持ち歩くのが面倒だと感じる人には
こう言うツールもある


UL1 2
                              XTAR UL1


まぁ一言で言えば「USBライト」です


UL1 3


USBライトだけならそれこそ100均にも売っている
しかしこれはXTARブランド 信頼性が違う

それに明るさもMAX180ルーメンと1AAのTurboなみ


UL1 4


印象としてはXTAR WK50のヘッド部分にUSB端子を付けたような感じ


電気喰いのスマホやタブレット端末用の予備電源としてモバイルバッテリーを持ち歩く人は
今ではそんなに珍しくないと思います


UL1 1


10000mAh超える大容量のものも最近では3000円程度で購入可能だ
このXTAR UL1はそんなモバイルバッテリーに装着するのを前提としたライトです
もちろんノートパソコンに繋ぐ事だってできるが、180ルーメンの明るさは屋外でこそ真価を発揮する


UL1 5


金属製のフレキシブル延長アームが付属しているので、色んな使い方が出来る


・操作

サイドスイッチを押すとON

点灯状態でサイドスイッチを押す度 High-Turbo-Mid-Low の順で明るさが切り替わる
Wクリックで3Hzのシグナル、さらにWクリックでSOSモード

スイッチの長押しでOFFとなる





壁に向け照射 距離1.2m


UL1 Hi
                             Hi  120ルーメン

UL1 Turbo
                            Turbo  180ルーメン

UL1 Mid
                             Mid  60ルーメン

UL1 Low
                             Low  3ルーメン


オプティカル拡散レンズを搭載しているのでムラのない綺麗な広角配光です

ランタイムは装着するモバイルバッテリーによるが、通常モバイルバッテリーはアルカリ単三電池の
2~10倍もの容量があるため、ランタイムと言う面では1AAライトのEDCに優越している


USB接続なので堅牢性に関して弱点ではあるが、普段モバイルバッテリーを持ち歩いている人は
検討してみる価値はあると思う

値段も2000円しないので経済的です


でも本当はやっぱりちゃんとした1AAライトを持ってた方が安心出来るんだけどなぁ



2015-01-19 : XTAR : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

OLIGHT M3X Triton XM-L2 Ver.2014 屋外照射

前に記事に書いたとおり現在友人からOLIGHT M3Xをレンタルしている

M3X 8


明るさとランタイムはHiが1200ルーメンで1.5H、Lowは400ルーメンで7.5Hとなっていて
ほかに10Hzのストロボが2.8Hだ

バッテリーは3xCR123Aか4xCR123A
18650リチウム充電池は付属の延長チューブを装着した時だけ2セルで使用することが出来る


M3X 10


M3X 3


OLIGHT M3Xは立派なハードケースにおさまっていた
リチウム電池を使用するライトにはこういうの多いですよね


年末に別のライトの屋外照射をした時についでにM3Xの写真も撮ってきたので
参考までに掲載しておきます



すべてHi 1200ルーメンで実施


M3X 4
                                距離 120m


M3X 6
                                距離 70m


M3X 5
                                距離 50m


M3X 7
                                距離 180m


200mくらいの距離ではほとんど光軸の広がりのない強い中心光が闇を切り裂き対象物に照射される
実用的かは兎も角、群を抜くその遠方照射性能は使ってみて面白くはある

キャンプ場で夜に森や渓谷に向けて照射したりすると結構遊べると思う
国境警備隊の気分を味わえるだろう

しかしLowでさえ400ルーメンしか用意されていないので間違っても手元作業で
使うような配光のライトではない


この種のライトの使用では都市部でビルや民家に照射して他人の迷惑にならないように気をつけたい

喫煙者と同じように将来ライトマニアが肩身の狭い思いをしないためにも大切なことだ

ただでさえフラッシュライトを何本も持っているだけで世の中では変態扱いなんだから



2015-01-11 : OLIGHT : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。