素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

GENTOS DM-031B

DM-031B 10
GENTOS DM-031B


GENTOSにはEmblazer(エンブレイザー) シリーズにEZ-031Bという
単三電池1本(1AA)のライトがあったんですが、GENTOSのHPを見ると
Emblazerシリーズそのものが無くなったみたいで、型番の数字が
「031」と同じDMシリーズのDM-031Bが実質後継機と言う事でしょうか
型番が「DM」だとドミネーターとカブるんじゃないかとふと思ったんですが
ドミネーターは「DC」でしたね

何となくシリーズ名がアルファベットの組み合わせだけだと
味気なく感じてしまいます


DM-031B 02



使用光源:チップタイプ白色LED×1個
明るさ(約):45ルーメン(最大時)
使用電池:単3形アルカリ電池×1本
エネループ使用可能
点灯時間(約):10時間
照射特性:ワイドビーム
照射距離(約):27m(最大時)
保護等級:防塵・防滴仕様(IP54準拠)
落下耐久:1m落下耐久
本体サイズ(約):φ21.5×98.5mm
本体質量(約):55g(電池含む)
付属品:ペンクリップ、テスト用電池


DM-031B 03


クリップが付属するのですが、デニムのポケット等にベゼルダウンで
クリップを使い持ち歩く時、この形状だと引き抜く際に折り返した先端で
生地や縫糸に引っ掛かる恐れがありますね
ペンチで潰しときましょうかね


DM-031B 04


リフレクターはOP



DM-031B 05


同じGENTOSのパトリオ GP-6と外観を比較してみます

DM-031Bの方が長いですね
長くなった原因まで調べる気力はありません

GP-6にはストラップ穴がありますが、DM-031Bには無いので
入り用ならばクリップに装着する事になります

持った感触はGP-6の方が圧倒的に質感が上です
あまり所有欲を満たしてくれそうにはありません


DM-031B 06


あとGP-6はヘッドとテールが外れる構造でしたが
DM-031Bはテールしか外れません

まぁGP-6はヘッドとテールを外して小生は間違えて
テールにヘッド部を装着したらネジのピッチが違ったのか
破壊してしまった事があるので一般用途ではテールしか
外れない方が逆に好都合なのかもしれませんね




照射テスト


DM-031B 07
距離 1m弱



DM-031B 08
距離 2m



相変わらず物置部屋は散らかってます
と言うか写真に撮る度にどんどん物が増えています...


DM-031Bの配光は申し訳程度の中心光はありますが
フラットに近いため近距離で使い易いタイプ
無理に遠方能力を求めていない印象です
実用的には10~15mくらいでしょうか

公式にeneloopが使用可能なので
ランコストも低く抑えられるはず


個人的にはGP-8、GP-6以来GENTOSからは魅力的な1AAライトが
リリースされてないような気がしますが、それでもこのDM-031Bは
amazonでなら1000円で買えちゃうし、最低限の耐久性と信頼性
照射能力はあるので実用的と割り切って使う分には
良い部類のライトかなーと思います


1AAの廉価ライトって何本持ってても適当な理由つけて
また買っちゃうんですよね


スポンサーサイト
2016-06-30 : GENTOS : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

中央構造線を見に行く -中央構造線長篠露頭-

2016年の熊本地震は布田川・日奈久断層帯という2つの断層の活動によって
発生したと言われており、諸説ありますがこれらは西日本を南北に分断する
長さ1000km以上の大断層、「中央構造線」の一部とされています

4月14日からの3日間で震度6以上の地震が7回(内震度7が2回)という
観測史上前例のない大災害となってしまいました


cyuoukozosen 01


グーグプマップのデジタル衛星画像で西日本を見てみると
四国の北部から紀伊半島の大阪-和歌山の県境、それから渥美半島へ
東西方向に伸びる1本のラインが確認できると思います

そうなんです、中央構造線の活動によってできた地形は宇宙からも
確認できるほど規模の大きなものなのです


cyuoukozosen 08
中央構造線(google map)



cyuoukozosen 02
西日本の地質 (画像は大鹿村中央構造線博物館HPより 6/25申請済)


中央構造線とは、7000万年ほど前に大陸の一部としてあった
大昔の日本列島(内帯)に南からプレートによって運ばれてきた
違う地質の付加体(外帯)が衝突してできたものです
この中央構造線によって日本列島は内帯と外帯に分けられています
(内帯と外帯は場所によりさらに細分化した名称があります)


さらに詳しく知りたい方は → こちら



2008年に南アルプスの北岳だったかの登山帰り、伊那市長谷に
中央構造線公園があり、美和湖の湖畔に溝口露頭という全国でも
数少ない中央構造線が実際に目で見る事が出来る場所だったので
寄ってみたんですが、、看板の設置場所が悪く雑草も邪魔していて後で
確認したらまったく見当違いの所を断層だと思って写真に撮っていました

(↑自分の無知を棚に上げて逆ギレです 現在は分かりやすくなってるようですが)


cyuoukozosen 07
2008年に伊那市長谷 中央構造線公園で撮った写真


実際の中央構造線は写真の左上に少し写りこんでいるだけ



また見に行きたいと思っていたのですが、それだけのために3時間も車を
走らせる労力がなく諦めかけていたところ、何と小生が居る愛知県にも
中央構造線が露頭している場所があるらしく、浜松まで用事があったので
その帰り道に見てきました

場所は愛知県新城市長篠古渡付近、豊川が宇連川と合流する
手前の地点で、新東名新城ICからほど近い
地図でいうと浜名湖のやや北の地点です


cyuoukozosen 03


幹線道路横に小さい案内板があり従い進んでいくと、その先にまた右に誘導する
看板があり、畑の間の道を進んでいくと豊川の川岸に出ますが、ここが断崖絶壁で
一応整備された道がありますが、雨が降った後などは足元が滑りやすく
足を踏み外すとそのまま豊川に落ちてしまいそうな危険な所もあるので
興味がある方はしっかりとしたスニーカーを履いて行きましょう

最初の看板の場所から5分くらいで中央構造線の長篠露頭に到着します
工事現場の足場に使うような鉄板や金属パイプで組んだ簡易テラスが
断崖に設置されており、そこから断層露頭を見学する感じです


cyuoukozosen 04
中央構造線長篠露頭


ここ長篠露頭では外帯の三波川変成帯の結晶片岩の上に
内帯の領家変成帯の花崗岩源圧砕岩が衝突して
覆いかぶさっている状態です


cyuoukozosen 05


他の場所の中央構造線露頭では、内帯と外帯の間に断層粘土帯があり
境界が不明瞭な所もありますが、ここ長篠露頭では岩石同士がしっかりと
接合しているところを観察できます


cyuoukozosen 10
中央構造線長篠露頭 拡大


やはり相当な圧縮する力が働いているのでしょうか岩に亀裂が入っており
境界面ではかなり細かく砕けているのが確認できます


ここ長篠露頭は豊川のせせらぎが聞こえる明媚な場所ですが
目の前に見えている中央構造線を西に700kmたどった先の場所で
2度の震度7の熊本地震が発生した事を考えると興味深いと同時に
得も言われぬ怖さを感じます


2016-06-26 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SUNWAYMAN R20A

まったく最新モデルではありませんがSUNWAYMAN R20Aを最近購入しました


SWM R20A 02
SUNWAYMAN R20A R5と今回入手したSUNWAYMAN R20A ブルー



色違いでレッドもあり、パッケージにも記載されていますが、元々はSUNWAYMANが
贈答用を想定したライトのようです
同じ外観のブラック仕様であるSUNWAYMAN R20A R5については
2012年の年末に本ブログでレビューしており、その時すでに3,000円程度の
バランスの取れた2AA廉価モデルだった訳ですが、そこからさらに値下がりし、
2,280円(通常配送無料)になっているのを数か月前にamazonで
見つけてずっと気になっていました


SWM R20A 01



明るさ(ランタイム):150ルーメン(2時間)、12ルーメン(70時間)
バッテリー:単三電池×2本
サイズ:全長147×ヘッド部径24mm
重量:57g



SUNWAYMAN R20A R5との違いは、R5がMAX180ルーメンの3段階調光に対して、
このブルーのR20Aの方は150ルーメンと12ルーメンの2段階調光というだけ


SWM R20A 03


R20Aでひとつ発見したのは、テール部のOリングが
通常どんなライトも1個ですが2重になってました
何か無駄に防水性については安心させられますね




いちおー屋外照射してきました



SWM R20A 04
無灯火



SWM R20A 05
12ルーメン



SWM R20A 06
150ルーメン



前から思ってたんですけどこのR20A、配光がかなり綺麗なんですよね
150ルーメンあれば基本用途で困ることもないでしょうし
とても2,000円のライトとは思えません

テール部を緩めるとロックアウトが可能ですが、コンバットリングのような
突起があるせいで通常使用でも稀に緩んでいることがあります

まぁバッグの中で勝手に誤点灯するどっかのライトより
100倍マシだと思いますが


2016-06-25 : SUNWAYMAN : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

防災ベスト

小生の自宅と車には3つの防災袋が常備されているのですが、それらとは別に
玄関近くのハンガーにいつも掛けてあるのが「防災ベスト」です

防災ベストといっても実際は「タクティカルベスト」という名称で販売されている
サバゲー用のベストなんですが、小生はこれを防災用途に流用しています

ポーチには行動食、本来マガジンを入れる正面の格納部には単三電池やサイリウム
胸にはL型ライトや折りたたみナイフなどを装着した状態で、災害時には
防災袋とともに持ち出そうかと考えての事です
電池や食料は防災袋にも入れてあるので、あくまでもプラスアルファの位置づけ


Tacvest 01
防災ベスト



その防災ベストに、今回ひとつ特別な目的を加えまして、
その部分のみ赤色のモール対応ポーチに置き換えて
他の収納部と明確に区別できるようにしました



赤いポーチには何を入れているのか?
色から想像がつくと思いますが、医療関係の物品を収納してあります


Tacvest 02


所謂ファーストエイドキット(救急手当・応急処置)ですね
ただ既存のセットをそのまま購入するのは嫌だった
何が必要か必要じゃないのかを自分で考えて揃えました


内容物は以下の通り

・オキシドール100ml×2瓶(消毒・洗浄用)
・アルコール消毒綿
・滅菌医療ガーゼ
・医療ガーゼ
・折りたたみガーゼ
・伸縮包帯
・サージカルテープ
・バンドエイド
・イブA錠(痛み止め)
・メディックシザー (医療用ハサミ)
・ピンセット


メディックシザーはレザーマンのラプターを所有しているので、
そっちにしようと思いましたが、ポーチに収納することを考えるとラプターは
折りたたんだ状態だと中で嵩張るのでヤメました

除菌用のアルコールとしては別途常備しているものもあります


大規模災害時には骨折など大怪我をした人の処置が優先されるので
重症でない擦り傷、切り傷は自分で応急処置できるようにしておきたい

これに限らず、国や県からの支援が末端まで行き届くまでには時間がかかるので
ある程度の事は各家庭で「自己完結」できるような体制を整えておきたいですね




ちなみに今回薬局でオキシドールを購入するにあたり「除菌」や「殺菌」、
「消毒」など似たような用語があり一通り意味を調べてみました


「除菌」 細菌を取り除くこと。「風呂場を除菌する」「除菌効果」
「滅菌」 熱・薬品・加圧・放射線などによって細菌を死滅させること。殺菌。 「 -消毒」
「殺菌」 細菌をはじめとする微生物、特に病原菌を死滅させること
「抗菌」 細菌の発生・生育・増殖などを抑制すること
「消毒」 薬品・熱・紫外線などによって、病原菌を殺すこと


参考まで



[追記] 2016.6.21
防災ベストと言うのは小生が考案した訳ではなく、そう言う種類の防災用具が
実際に存在していて「防災ベスト」、「ハコベスト」、「運べすと」などの
名称で販売されています

しかし防災袋と同じで20,000円などのボッタクリ価格で販売されていますので
ベストはタクティカルベストやカメラマンベスト、フィッシングベストなどを
購入して水、食料、ライト、ホイッスル、アルミブランケット、軍手、簡易トイレなどは
別途購入すれば既存の高価な防災ベストより遥かに質の良いものが
5,000円前後で揃えられます

2016-06-20 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SUREFIRE Z2X-C-BK COMBATLIGHT

SURE Z2X A


タクティカルライトのSUREFIREを使っている内に、標準でコンバットリングが
装備されているモデルを使ってみたくなり、Z2Xを手に入れました
(本命はP2ZXでしたが高いし正規店では売り切ればかりだったので)


SUREZ2X0619.jpg
SUREFIRE Z2X



Z2Xはコンバットリングが標準装備された正真正銘のタクティカルライト

調光機能なしの320ルーメンシングルアウトプットという潔いライト
調光がないというのは咄嗟の機動に迷いがなくなるので
タクティカル用途では重要ですね



Z2X 03
コンバットリング



ここを人差し指と中指で挟んで保持することで「注射器持ち」が出来る




ランタイム 2h
ベゼル径 1.25インチ(役32mm)
全長 5.2インチ(約132mm)
重量 136g
電池 SF123A×2




Z2X 05


ボディ材質はアルミ合金
テール部を1/4回転ほど緩めた状態ではスイッチを押し込んだ時のみ点灯して
指を離すと消灯する間欠点灯が可能
テール部を締め込むと常時点灯になります



Z2X 06


ひとつ気になったのは電池を装填してテール部を締め込むと何かゴリゴリとした
感触が手に伝わってきました
電池を確認してみるとマイナス部がテールのスプリングによって削られています
廉価な中華ライトでは良くある事ですが、まさかSUREFIREでもこうなるとは
思いませんでしたね



気をとり直して


Z2X 04


「注射器持ち」の具合はかなり良いです

グローブを装着した状態でも的確に操作できます


Z2X 07


別売りですが、以前に紹介したSUREFIRE コンバットリングのフック型を装着すると
「逆手持ち」した時に親指と人差し指でライトを保持するような形になり
握力がほとんど要らず使い易いですよ




屋外照射



Z2X 08
無灯火


Z2X 09
320ルーメン





Z2X 10
無灯火


Z2X 11
320ルーメン



一昔前までは300ルーメンオーバーというのはリチウム電池の独壇場でしたが
2016年現在では2AAでも十分に到達できる明るさなのでインパクトは少ないですが
絶対数値としてはかなり明るい事に変わりない

そもそもZ2Xは法執行吏員が容疑者が潜伏する狭い部屋に突入する際、
強い光で幻惑させ動きを止め制圧する用途を主眼においているので
100mも200mも先を照らす遠方照射能力などは必要なく300-500ルーメン程度が
使い易いのでしょう。それ以上だと近接用途では照射した先の光の反射が
眩しく容疑者確保に支障をきたす可能性もあるし、強すぎる光で
容疑者を失明させてしまっても後々困ったことにもなります


SUREFIRE Z2Xはマグライトのようにボディが長い訳でもなく、
ストライクベゼルもないのでEDCしても問題のないライトだと思います

タクティカル用途のライトですが、ストレスの無い使い勝手は
普段使いでもその真価を発揮してくれる事でしょう



Z2X 12


※Z2Xの購入は2015年末、2016年6月現在生産終了ですが
 流通在庫はまだかなりかなり有るよう

ナイトロンポリマー樹脂製ボディのG2ZX-C-BK Tacticalの方は生産継続中の模様


2016-06-17 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

GENTOS EX-1977IS

EX-1977IS 01


小生が防災用途のランタンでメインに位置付けているのがGENTOSの
Explorerシリーズの中でも、EX-837NXという3AAのライトです

暖色LEDで雰囲気も中々良い


EX-1977IS 07
GENTOS Explorer EX-837NX



EX-837NXは単三電池3本でMAX80ルーメン、明るさはHigh/Low切替で
それぞれ30H、60Hの充分なランタイムを誇る


EX-1977IS 02


防災用途として効率的に運用するには数がいる、と言う事でとりあえず
小生は手元に5つのEX-837NXを揃えてあります
またこれとは別に車の中にも1つ積んであります


EX-837NXは重量、サイズ、明るさともに防災用途として申し分ないのですが
一つどうしても受け入れられないのがスイッチの下にある
本体認識表示灯です


EX-1977IS 03
本体認識表示灯



これは電池が装填された状態で、5秒間に1回点滅することで
暗闇の中でもランタンの位置を把握できるというもの
地震などで不意に停電した時や、揺れによりランタンが転倒して
定位置にない場合などでは有用な機能にも思えますが
5秒に一回の点滅というのは暗闇の中で探すには点滅サイクルが
遅いですし、そもそも点滅するLEDが本体正面の1か所にしかなく
ランタンの正面が常に自分の方を向いていないと意味をなさない

さらに決定的なのが、この点滅機能はキャンセルする事が出来ないのです
ランタンとして使用しなくても電池を装填した状態では常にこのLEDが
点滅していて数か月~1年など長いスパンではそのせいで電池残量が
なくなってしまうと言う事態に陥ります(EX-837NXはロックアウト不可)

ハッキリ言ってありがた迷惑なだけの余計な機能です


小生は停電に備え、自宅のベッド横にeneloopを装填した状態で
EX-837NXを置いていますが、先日久々に点灯させてみたら
Lowより暗い申し訳程度にしか点灯してくれませんでした
間違いなくあの本体認識表示灯の点滅機能のせいです

ランタンその物の性能は良かっただけに今まで使い続けてきましたが、
普段は琵琶湖の水面のような穏やかな心をもった小生もこれには我慢できず
ついにEX-837NXに見切りをつける決心がつきました



と言う事で、代替ランタンとして選定したのは同じGENTOSのEX-1977IS


EX-1977IS 04
GENTOS Explorer EX-1977IS



勿論こちらには邪魔な本体認識表示灯は無い

EX-1977ISは4AA(単三×4)で、同じくHigh/Low切替、ランタイムは12H/36H
電池の装填数が1本増えてエコでなくなった印象を持つかもしれませんが
eneloopなどは一般的に2本、4本単位で充電するので逆に運用し易くなりました


EX-1977IS 05


EX-1977ISも防災用途として色んな場所に設置したりバックアップ等を考慮して
(とりあえす)5個購入しました


どうでもいいですけど、EX-1977ISはブリスターパックですね



しかし防災用途としてははその座を譲ることになったEX-837NXも引き続き
小生の自宅に居座り続けていることには変わりない
この2種類のランタンだけで10個あるのだから、部屋中のどこに視線をやっても
ランタンが視界に入ってくる



全部暖色LEDなので、全て点灯させると「ひとり灯火祭り」状態ですな...


EX-1977IS 06

(写真は足助たんころりん)


2016-06-08 : GENTOS : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

TININ USB急速充電器

モニター依頼がありまして、手元にTININ USB急速充電器が届きました


TiNiN 01
TININ USB急速充電器



価格: ¥ 1,779(2016.6.3時点)


このUSB充電器は4ポートで最大31W 6.2Aの出力が可能というもの

amazonで検索してみるとUSB充電器は20~40Wで¥1500前後が現在の主流のようですね

小生は評論家のようにデジタル機器に精通している訳ではありませんが、
それでも知らぬ間にUSBから給電するタイプの機器が周囲に増えてきました


TiNiN 02
小生所有のUSBから給電するタイプの機器



タブレット端末にモバイルバッテリー、携帯音楽プレイヤーに手前の小さいのは
鍵束に着けているNITECOREのLEDキーライト

これ以外にも最近ではタクティカルライトもUSBリチャージャブルのものが
増えてきていますね

それら機器についてこれまで小生はPCのUSBが空いていればそこから、
外付けHDを接続して空いていない時は、家庭用100Vプラグから
ELECOMの1.8Aまで対応するUSB1ポートAC充電器で充電していました


TiNiN 03
ELECOM USB充電器



まぁ小生の場合は周辺の機器がそこまでUSBに依存している訳ではないので
これで事足りてるのですが、携帯電話がスマホの人はUSB経由で充電する
頻度も多いことでしょう

そういった人で特に旅行でホテルにチェックアウトしてから翌日までの
限られた時間内で充電を済ませないとならない人にとっては
このTININ USB急速充電器のような多ポートのチャージャーがあれば便利だと思います



・仕様

本体色:ブルーとホワイトの2色展開
サイズ:70×60×30mm
出力電圧:100~240V
出力電流:最大6.2A
最大出力:単ポート最大2.1A
最大電力:31W



TiNiN 04


プラグは使用しない時は折りたたんで収納できるようになっている


TiNiN 05


プラグの根本部分は埃付着防止のためにカバーで覆われています


TiNiN 06


4つあるポートはそれぞれiphone、Android、Smart IC×2に宛がわれています
Smart ICは接続した機器を検出して最適な条件で充電してくれるので
迷ったらココを使えば良いと思います

安全保護システムsurge保護器が内蔵と記載されていますが
OAタップに良くある落雷時の「雷サージ」からも保護されるのかは未確認
なので心配な方はそれら対応のOAタップと組み合わせて使用すれば安心かと


TiNiN 07



充電してみます


TiNiN 08
Androidポートに接続



TiNiN 09
Smart ICポートに接続



小生所有のAndroid端末nexusを繋いで充電をモニタリングしてみたところ
TININ充電器のAndroidポートに接続した時の電流は0.9Aで
同じ条件でSmart ICに接続した場合は0.96Aと僅かに大きい電流で
充電してくれていました
(充電電流はタブレットの状態により多少前後する)




根本的な問題として、micro USB端子は破損し易く取扱いに気を遣うので、小生個人としては


「頼むからコンセントから充電させてくれぃ 」


と懇願したくなる事もしばしばなのですが、こればかりは小生一人が
どうダダこねたところで変わるようのモノでもないので仕方ない

時代の流れでこれからもUSB端子を介して充電する機器は増えていくだろうと思う
(もしくは新たな接続規格か)

TININ USB急速充電器は、前述したように旅先などで複数のUSB充電を
同時に行いたいような、出来るだけ荷物を減らして身軽に行動したいような
シュチュエーションでは重宝するであろうアイテムです



でもコンセントから直で充電できてもデジカメみたいに「芋づる」が増えるのは嫌だなぁ


TiNiN 10



2016-06-04 : 関連アクセサリー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

どーでもイイことですが

先日(渦中の)三菱のディーラーに行ってきました

小生のマイカーはスズキ ソリオなので例の問題とは関係ないんですが、
行ったのはただデリカD:5のカタログが欲しかっただけです
まぁついでに試乗できれば良いかなくらいの気分でした
ソリオは去年購入したばかりなので、当然まだ買い替える気はありません
カメラや車のカタログ集めは小生のライフワークなのです


DELICA D5 01
デリカ D:5のカタログ



残念ながら試乗車は無かったので、カタログと名刺だけ戴いて
自宅に帰りD:5のカタログを眺めていたんですが
気付いたことが一つ


DELICA D5 02


カタログの19ページの室内収納スペースの紹介欄で、インパネボックスの
ところに小物として紫色のポーチとライトが置かれて写真に収まっていました


DELICA D5 03


テールスイッチのオレンジ色が特徴的なこのライトは
恐らくGENTOSの閃シリーズではないでしょうか?


DELICA D5 04
閃 SG-330のテール



詳しく確認は出来ませんがヘッドが三角形には見えないので
SG-335ではなく、SG-325か?でも太さ長さとシルエットから鑑みると
リチウム電池モデルのSG-329の可能性が大じゃないかと思う


DELICA D5 05
GENTOS 閃 SG-329  (メーカーHPより)



もし閃 SG-329だとすればかなりレアですね
すでに廃番で稀に売られていても1万円くらいの価格が付けられている



・・・・・・・・・・



と言うだけの話なんですけど

しかし何の因果か三菱が燃費数値を改竄していたように、
業界(何の?)ではGENTOSのライトもランタイムを誤魔化して
記載している事で有名ですよね
(GENTOSの場合は批判をものともしないですが...)


まぁランタイムなんて業界内で統一した規格がないのも事実なんですけどね


2016-06-03 : GENTOS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる