素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

JETBeam JET-1 MK

7月のはじめくらいにJETBeamの1AAライトJET-1 MKを購入しました

JETBeamのライトを購入したのは2年半ぶりです

JET1 MK 01
JETBeam JET-1 MK


JET-1 MKの色はパープルがかったガンメタリック

以前のJET-I PRO EX V3.0もボディの色はOD(オリーブドラブ)でしたけど
JETBeamのライトって結構小生好みの色が多いです


JET1 MK 03


Cree XP-G2という最新ではありませんが安定した品質のLEDに
ガラス風防が組み合わされていて質感は高いです

何よりもこの性能で2000円を切る価格が素直に嬉しい
やっぱ1AAライトはこのくらいでないとね


JET1 MK 02


調光はヘッドのツイストで行います
なのでテールにスイッチはありませんが自立し易いように十字のデザインに
なっていて中心には孔が設けられています
この孔には1/4インチ(径6mm)のネジ山が切られていて
三脚などに固定できるようになっています
ただこの孔の奥行きが浅く三脚によっては固定がモノ足りなくなるのが
少し残念な所ではあります


JET1 MK 05


テール部にランヤードストラップ用の孔が2か所設けられていて
割と大き目な孔なのでストラップの着脱がストレスなく出来る


JET1 MK 04


電池の装填はヘッドを外して行います

14500リチウム充電池で480ルーメンを誇るスペックですが
ちょっと無理してドライブしているようなのでeneloopなどのNi-MHを
使用した方が良いでしょう

テールは外れませんが、まぁサイズ的にもそこまで不満はありません

ヘッドにもしっかりとローレットが刻まれています
着脱式のクリップと写真に撮ってませんけど良さげなストラップも付属




照射テスト



JET1 MK 06
Mid


JET1 MK 07
High



LEDの色味としてはCool WhiteとNeutral Whiteの中間くらいと言ったトコ
中々見易いです


JET1 MK 08
Low 近接



Ni-MHでの明るさとランタイムは
High150ルーメン(1.1h)、Mid30ルーメン(9h)、Low1.5ルーメン(100h)のようです


1AAライトとしての役割を考えればMidの30ルーメンで充分な照射性能です
ライトは明るければ良いというものでもないと思います
10m前後の距離をしっかり照らせる明るさで実用的なランタイムを確保し、
安定した品質を低価格で提供するのが1AAライトに求められている事だと
思っているのでHighの明るさも100ルーメンあれば十分です


配光はスポットの外側にわずかにリングが発生しますが
実用でさほど気になるレベルではありません
同じツイストでもミニマグライトとは違い締め込んで点灯させるタイプなので
基本的にバッグの中などで誤点灯する事もありません
明るさのメモリー機能もあり基本性能がしっかり押さえられています


何度も言いますけど2000円しないライトですから最初からあまり文句を
言うつもりも無いのですが、逆に文句をつける所が少ないので素晴らしい

小生が今まで出逢ってきたライトの中でもEDCに最適なものとして
胸を張って推せるライトのひとつです


ちなみにほぼ同じデザインで1AAA(単四)モデルのJET-Uというライトもあります
小生個人としてはPUSHしませんが、どうしても単四じゃないとイヤだと
言う人はこちらでも宜しいかと

リフではなくレンズタイプになりますが



JET1 MK 12

スポンサーサイト
2016-09-20 : JETBeam : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ThruNite Archer 2A V3

ThruNite Archer 2Aに「V3」モデルが新たに登場したようで
いつも通りモニター依頼がありましてライトが手元に届きました

Archer V3 01
ThruNite Archer 2A V3


Archerとは弓矢の射手の意です


・諸元
Archer V3 03



初代ArcherはNeutronとほぼ共通のデザインをしていて初代には「V1」という
型番は与えられておりませんでした
2ndモデルから「V2」となり同時にデザインが差別化されて明るさの
切替スイッチがヘッドの横に独立して搭載されるようになりました

3rdモデルの「V3」は基本的な操作性はV2と同じです
ただ使い勝手が向上しているようです


Archer V3 02
ThruNite Archer 2A V2とV3の比較


左がV2、右が最新のV3

多く変わった部位として、V2ではゴム製だったサイドスイッチがプラ?か金属かは
分かりませんが硬い素材のものに変更されています
感触としてはV3の方がカチカチ気持ちよく操作できる感じです

あと見て分かるようにヘッドが小型化され、付属のクリップもオーソドックスな
形状になりました、ただこのV3のクリップはボディのローレットの
両端2か所の好みの部分に取り付ける事が可能です


Archer V3 04


細かい所ですが、V3はヘッドを上に向けて自立させる事が出来るようになりました
V2では出来なかった事です

これはArcherにとっては小さな一歩だが、ライトマニアにとっては偉大な飛躍ですハイ


Archer V3 05


リフはOPタイプ

LEDはCREE XP-L V6が載っています

色温度はCool WhiteとNeutral Whiteから選べます
レビューに当たり特に指定していなかったので当方の手元には
Neutral Whiteが届いたんですが、これが実に小生好みの色味でした


Archer V3 06


テールを外して単三電池×2本を挿入します
V2と一緒でヘッドは外れません

注意する事として動作電圧が5Vまでなので、14500などの
リチウムイオン充電池を使用する事はできません



・操作方法

テールスイッチで点灯/消灯です
半押しによる間欠点灯も可能

点灯中にサイドスイッチを押すことによりFirefly→Low→Med→Highが切り替わります
点灯中にサイドスイッチを長押しするとストロボに移行します

消灯時の明るさで次回再点灯するメモリー機能搭載





屋外照射テスト



Archer V3 Low1
Low 17ルーメン


Archer V3 Med1
Med 75ルーメン


Archer V3 Hi1
High 500ルーメン





Archer V3 Low2
Low 17ルーメン


Archer V3 Med2
Med 75ルーメン


Archer V3 Hi2
High 500ルーメン



Highが500ルーメンと言う事ですが、Neutral Whiteのせいか
そこまでの印象はありません
まぁ明るいは明るいですけど、2AAで500ルーメン前後というスペックに
最近慣れてきたせいもあるでしょう
贅沢な事です

Med75ルーメンはHighと数値上はかなり開きがありますが実際の感覚としては
そこまでの違いは認められません
屋外ではこのMed75ルーメンを中心に使用する事になるでしょう


Archer V3 Firefly2
Firefly 0.2ルーメン 近接照射



未知の屋外での使用はLowでは心細いと感じると思いますが
自宅等の比較的狭い範囲の屋内であればLow17ルーメンは
明るすぎず暗すぎず丁度良い明るさです

FireFlyは暗闇で本当に手元周辺だけを照らしたい場合に使用します
このFireFlyモードはThruNiteのほとんどのライトに搭載されている
ThruNiteこだわりの微光モードです



アクセントだったステンレスベゼルやブルーリングが廃止されたりして
人によっては味気なくなったと感じるかもしれないArcher 2A V3ですが、
正常進化して明らかに使い易くなっている部分もあり、あくまで道具として
評価した時には文句なく新型のV3に軍配が挙がるかと思います

このArcher V3のような明るさ切替がサイドスイッチに独立した操作系のライトは、
使用中に明るさを頻繁に変えたり、逆にテールSWの誤操作で明るさが
切り替わるのを嫌うユーザーには最適なライトでしょうね



/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄


〔以下の文章 依頼元からの要望で記載しております〕


限定期間中に、スルーナイト公式サイトでクーポンコード THRUNITE と入力すると
スルーナイトの商品を5%割引で購入できます。

ThruNiteのHPはこちら↓
http://www.thrunite.com

ThruNite@Directはこちら↓
http://amzn.to/14Vi3gs

2016年の年末までアマゾンのショップ ThruNite@Direct では全製品10%割引です。

2016-09-14 : ThruNite : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

LEATHERMAN Z-REX 

zrex 02


梅雨になる前の話ですが、今年新たなツールを車載しました

LEATHERMAN (レザーマン) Z-REXです


zrex 01
LEATHERMAN Z-REX 



zrex 03


Z-REXのメイン機能はベルトカッターとウィンドブレーカーです

小生は成人男性の中でもかなり腕力が強い方だと思いますが
それでも車が横転したりしてシートベルトにテンションがかかっている場合は
解除できない可能性があるので備えとして車載する事にしました

ウィンドブレーカーの方は、まぁサイドガラス程度なら素手で破壊する事も
出来ますが(以前業務で実際に粉砕した経験アリ)道具を使い楽にできれば
それに越したことは無い
毎年夏になるとゲリラ豪雨に見舞われて冠水した道路に取り残され救助される
様子が報道されますが、運悪く自分がそうならないとも限りません

まぁ備えあれば...って事で

ちなみにベルトカッターの刃はもしヘタった場合ビス2本を外して
180度回転させて再度取り付ける事で新品と同じ切れ味に戻す事ができます


Z-REXの他の機能としては1/4インチ六角レンチと
酸素ボンベレンチがあります(四角い孔)


そう言えば所有するハサミのラプターにも酸素ボンベのレンチがありました


zrex 05
Raptor(ラプター)


レザーマンは酸素ボンベが好きですね


zrex 06


Z-REXにはナイロンケースが付属しているので、これに収納しておけば
周囲の物がキズつく事もありません
(写真とは反対方向で収納した方が取り出しやすかもです)


zrex 04


緊急用のツールですからただ車載するだけではなく、直ぐ使えるように
ドライバーの手の届く場所に置いておくコトが大事です


2016-09-02 : LEATHERMAN : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。