素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ThruNite TC12 Cool White

ThruNite TC12は充電機能を搭載した18650リチウム充電池1本使用のライトです

TC12 01
ThruNite TC12


ThruNite TN12に「CHARGE:充電」のCをつけてTC12と言うことでしょうね
外観が同社のTN12と良く似ています


TC12 04
TC12とTN12


大きな違いはTC12はヘッドのサイドスイッチに充電状態を示すLEDが
組み込まれており、その基部がアンチロール形状になっている
細かい所ではローレット加工の山がより高くなっています
充電機能を持たせたせいかTC12ではヘッドがボディから外れないようです


TC12 03



付属品です

TC12 02


ホルスター、Oリング2個、マイクロUSB端子カバー2個、クリップ、USB充電コード、
ランヤードストラップ、サイドスイッチ内部ゴム、テールスイッチ用ゴム1個
純正34000mAh 18650充電池 1本

見ての通り付属品がてんこ盛りです
ホルスターは結構造りが良い。前述のようにヘッドが外れないので予備Oリング2個は
2回分の交換パーツと言う事になります
充電機能を頻繁に使うとUSBカバーも少しずつ損耗していくのでこの部分のゴムカバーも
2回分の交換パーツが付属します
18650充電池と充電コードも付属するので、この販売セットで
システムが全て完結しています
※販売ページには18650は3200mAhと記載されていますが、実際付属するのは
 より高容量の3400mAhでした


TC12 05


LEDはCREE XP-L V6 搭載
リフレクターはTN12と同じくスムースタイプ


TC12 06


ヘッドのサイドスイッチのちょうど真裏にUSB端子のゴムカバーがあり
これを捲るとマイクロUSB端子が見えますので、付属のコードを挿入して
パソコンのUSB端子やモバイルバッテリーなどから充電させることが出来ます

充電は本体をOFF状態でUSBコードを繋ぎテールSWを押す事で充電が開始されます
充電中はサイドスイッチの中心が緑-赤-橙に点滅します
充電が完了すると緑の常時点灯に切り替わります

ちなみに小生が所有するGOAL ZERO Nomad7 ポータブルソーラー発電機でも
充電が可能でしたので、これと組み合わせると家庭用100V環境さえも不要になり
天気さえ味方すれば災害時など完全に独立して自己完結運用が出来そうです



操作方法は電池を装填して、テールスイッチでON/OFF
サイドスイッチを押すとFirefly→Low→Med→High→Turbo→Firefly...とサイクルし、
ON状態でサイドスイッチの長押しでストロボになります


付属電池を使用した場合の明るさとランタイムは

Turbo 1000ルーメン(2.6h)
High 640ルーメン(2.5h)
Medium 180ルーメン(9.5h)
Low 28ルーメン(3days)
Firefly 0.4ルーメン(70days)

となっていて、TN12と大きく違うのはHighの明るさが640ルーメンにUPしており
見かけ上はTurboとの違いが分からない程になっています
この辺りは常用限界であるHighに何を求めるかで好みが変わってくるトコでしょう




・照射テスト




TC12 Nolight
無灯火


TC12 Low
Low 28ルーメン


TC12 Med
Medium 180ルーメン


TC12 Hi
High 640ルーメン


TC12 Turbo
Turbo 1000ルーメン



Fireflyは微光すぎて無灯火と変わりませんので屋外テストでは省略しています

Lowの28ルーメンが近い距離では使い易く、この明るさが
スペックの50%とみても1日半持続すれば頼もしいでしょう

Med 180ルーメンは一昔前の2AAのHiがこの程度の明るさだったので
安心できるランタイムで常用できると思います

Hiの640ルーメンとTurbo1000ルーメンは体感でも写真で見ても
違いがほとんどありません。この程度の差ならTurboの出番はないでしょうね

スポットがきつい配光ではないので1000ルーメンと言ってもそれほど
インパクトは少なく、どちらかと言えば広い範囲を明るく照らして
くれるタイプでしょうか



TC12 Firefly2
Firefly 0.4ルーメン


Fireflyですが、ThruNiteのフラッシュライトにはほぼもれなく搭載されている
微光モードで、これの用途としては山小屋などで周囲に迷惑をかけずに
探し物をしたり、自宅でもふと起き上がり枕元で探し物をする時に
眩惑しないように最低限の明るさが必要になった場合などが挙げられる
また非常時にできるだけ電力を消費しないようにすると言った
使い方もあるでしょう


TC12の総評としては、充電器を使わずに1つのパッケージとしたことは
それなりに便利なものだと思います
ただ売りである充電機能自体が個体差か小生の元に届いたモノは
動作が不安定でちゃんと充電をはじめてくれない事が何度かありました
充電するための回路を組み込んであり、そのために歩留りが悪化するのは
避けられないので、その場合は別途充電した18650を装填して使えば
良い訳ですが、それだとTN12と変わらなくなってしまう

充電機能にどの程度のメリットを見出すかと、カバーに覆われているとは言え
USB端子を搭載するということは防水性能もTN12より劣ると考えられますので、
TC12はこの辺りの事情をTN12と天秤にかける事になるでしょう




〔この記事はThruNiteから商品の提供を受けて執筆しています〕


/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄

〔以下の文章 依頼元からの要望で記載しております〕

限定期間中に、スルーナイト公式サイトでクーポンコード THRUNITE と入力すると
スルーナイトの商品を5%割引で購入できます。

ThruNiteのHPはこちら↓
http://www.thrunite.com

ThruNite@Directはこちら↓
http://amzn.to/14Vi3gs

2016年の年末までアマゾンのショップ ThruNite@Direct では全製品10%割引です。

スポンサーサイト
2016-10-28 : ThruNite : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

VICTORINOX マルチツールのススメ

アーミーナイフの双璧だったWENGERを2005年に買収したビクトリノックス
精度の良いマルチツールとして愛用する人も多いのですが、製品の数が
多いので初めて購入を考える人にとっては何を選んで良いか迷いがちだと
思いますので、いくつか紹介して購入の参考になればと思います
(内容には小生の独断と偏見もある事もご了承ください)

VICTORINOX 16


ちなみに日本人にとってはアーミーナイフよりも「十徳ナイフ」と呼んだ方が
ピンとくるかもしれませんが、基本的に84mm以上のサイズのモデルが
搭載する機能の数は10コよりも多いのが殆どです



・サイズ選び


まずサイズの話からになりますが、ビクトリノックスのマルチツールには
ハンドル長さが大きく分けて58mm、84mm、91mm、111mmがあります
これは折り畳んだ状態の長さの事です


VICTORINOX 02


上から

58mm
84mm
91mm
111mm

区分けとしては58mmはスモール、84mmと91mmはミディアム、111mm以上は
ラージポケットナイフとカテゴライズされている

カタログを見ると65mm、74mm、85mm、93mm、130mmのモデルも有りますが
少数でニッチな所を狙った物が多いので割愛させて頂きます

84mmと91mmは写真だとサイズの違いはほんの僅かに見えますが
この少しの差で使用感が結構違ってきます



・どのサイズを選んだら良いのか?


ビクトリノックスに限った事ではありませんが、基本的に収納した時の
サイズ(ハンドル長さ)が、ツールを展開して使用する時の
使い勝手に直結します

つまり最も小さい58mmのモデルは機能が少なくサイズを考えると限定的な
使い方しか出来ませんが、111mmモデルのようにハンドルのサイズが
大きくなれば搭載するツールもひとつひとつが大きくなり本格的な用途に
耐え得るようになると言う訳です

小さい58mmモデルのメリットとしては、軽量なので持ち運びが容易であり、
元々取り出すツール数が少ないので、短時間で必要な機能を
展開できる事でしょうか


また例外はありますが、基本的にはサイズが大きくなり機能が増えるに
比例して値段も高くなる傾向にあります

なので自分が想定する用途等を良く考える必要があります

男性なのか女性なのか?手は大きいのか小さいのか?
特に使う予定は無いが保険で持っていくだけなのか?
大量の具材を切り分けるのか?竹トンボなどの工作などもするのか?
といった具合です

使い勝手に直結する問題なので機能以上にこのサイズ選びというのは重要です
自分にあったサイズをチョイスしましょう

ただいくら何でも「山奥でツリーハウスを作る」みたいな本格的な建築作業で
マルチツールのノコを使おうなんて思わないで下さい、絶対後悔します



では小さい方から説明していきます


58mmモデルの代表的なものは「クラシック」になります

写真は「クラッシック SD」


VICTORINOX 03
クラッシック SD


小型のナイフ、ハサミ、ヤスリを搭載する軽量モデルです
58mmモデルにはどれも缶切りが無いのが残念なところ
あまり多くの事はできませんが、もしもの時にこれが
有るのと無いのでは大きな違いです
Amazonでの価格は1200円前後でしょうか

こんなナイフでも軽犯罪法で検挙されてしまうので
明確な目的なく日常的に屋外携行するのはNGです

ちなみにどうしても小さいサイズで多くの機能があるのが欲しければ
17機能/58mmのミニチャンプDXというのが有ります
(3800円前後)



次にやや大きくなって84mmモデルです

ぐっと実用的なサイズになるこの中で小生のオススメは9機能の「ウェイター」


VICTORINOX 04
ウェイター


84mmにもツーリスト(2200円前後)など上のサイズの91mmスパルタンと
同じだけのツールを搭載したモデルも有りますが、小生個人としては
84mmまでは機能もサイズも「スリム」にこだわりたいのです
そもそも大小2個のナイフ機能が本当に必要か?
という疑問にもブチ当たります
基本的に大小ナイフは作業の細かさで使い分けるのですが
道具の使い分けが必要なら最初からサイズ違いのナイフを
別々に持って行ったほうが良い

軍隊などの携行品としてなら「ナイフは折れるもの」として考えれば
大小2つのナイフの搭載はバックアップの意味合いもあると思いますが
一般人がキャンプなどでナイフが折れたからと言ってそれが生死に直結するような
事態はあまり想定できない
そんな余計なものをつけるくらいならヤスリとか別の機能を割り当ててくれた方が
役に立つように思えて仕方がありません

91mmよりも大きなモデルにはその小ナイフが無いくらいですから
プロゴルファー猿じゃないですけど、一つの大きさのナイフで色々な事が
出来るように使う人間の方が変わっていくべきだと思います

なので84mmではナイフ、栓抜き、缶切り、コルク抜きと潔く機能を絞った
ウェイターを推したいと思うのです
何より1600円前後で財布にも優しい
メインの111mmを紛失した場合などのサブとして持っていくのも良いでしょう



・91mm

91mmモデルですが、これがビクトリノックスの基本となる
「オフィサー」と呼ばれるサイズです
大きさと機能、操作性のバランスが良く初心者が最初の1本に
購入しても大きな失敗をし難いのではないかと思います

キャンパー、トラベラー、ハントマン、アングラー、スタンダード・スパルタンなど
ビクトリノックスを代表するナイフがここに顔を揃えます

スタンダード・スパルタンを軸に考えて、ノコギリが欲しければキャンパーを、
さらにハサミが必要であればハントマンといった具合に検討すれば宜しいかと


VICTORINOX 05
スタンダード・スパルタン


大きさ、機能ともビクトリノックスの基本中の基本がこのスタンダード・スパルタン


VICTORINOX 06
キャンパー


VICTORINOX 07
ハントマン



スタンダード・スパルタン (2100円前後)
キャンパー (3000円前後)
ハントマン(3400円前後)


キャンパー、トラベラー、スタンダード・スパルタンにはコルク栓抜きが
プラスドライバーに換装された「PD」があります

この他にもトラベラーやコンパクト、マウンテニア、ハンディマン、レインジャー、
エクスプローラーにライト付きなど91mmは数も多いのできっと自分に最適な
マルチツールが見つかるはずです

91mmの中にはスイスチャンプという33機能を搭載する変態モデルも存在します
ただスイスチャンプは収納ツールが多すぎてハンドルが肥大化してしまい
逆に使い辛いという弊害を生んでいます
もちろん根性でこれを実戦投入する人もいますが、どちらかと言うと
所有欲を満たすコレクション色が強いモデルと言えます
ビクトリユーザーでも好みの分かれるところです

まぁ昔あった141機能のWENGER Giant Swissより大分マシではありますが...
スイスチャンプの価格は他の91mmモデルの約2倍で6500円前後




・111mm

111mmでイチ推しなのはソルジャーナイフ


VICTORINOX 08
ソルジャーナイフ


1891年よりスイス陸軍に納入され続けているソルジャーナイフの最新モデルで、
この型は2008年より納入が開始されている

ナイフブレードは先端から2/3程度が波刃タイプになっています
ブレードにはサムホールがあり片手で展開が可能(ワンハンドオープン)
ソルジャーのブレード根本部には製造年の刻印がある
ナイフブレードとマイドラ兼栓抜きはライナーロック方式で固定され
内側の板を押すことで解除できます
これで価格が3700円前後なのでかなりお買い得です



111mmの中で最多となる21機能を有するのはワークチャンプII NL


VICTORINOX 09
ワークチャンプII NL


ブレードはスライドロック式でハサミ、ノコギリ、ヤスリに加え
プライヤーを搭載します
細かいところですがこのモデルにはコルク栓抜きの螺旋部分に収納する
メガネドライバーが標準装備なのは嬉しい

お値段もぶっ飛んでいて8000円前後となっています


111mmのサイズで基本機能だけのスッキリしたものが好みでしたら
ピクニッカーNLがオススメです(3200円前後)
ナイフにはロック機能が搭載されています



番外編として冒頭で除外した93mm、130mmからと、プラスもう一品


VICTORINOX 10
ソルジャーCVAL (8機能/93mm)


これはスイス陸軍で2007年前まで納入されていた旧型ソルジャーの民生品です
旧型ソルジャーALからはキーリングが追加されています
ハンドルがチェッカリング仕様(ギョーシェ加工)のアルミ製で質感が高い
91mmよりも僅かに大きな93mmで最小限の機能が欲しいと言う方には
最適なツールではないかと、価格も2400円前後と手頃
新型になっても名前を変えて旧型が販売されるのは長年使い続ける
人にとっては嬉しい限りだと思います



130mmはビクトリノックスのアーミーナイフでは最大のサイズになります
12機能/130mmのレンジャーグリップ 78です


VICTORINOX 11
レンジャーグリップ 78 


130mmモデルの中では唯一ブレードにサムホールがあります

使い勝手を考えるなら大きいサイズこそ機能を絞ったシンプルなものにして
使用性を向上させるという考え方もあり、レンジャーグリップ78は
それを体現するモデル
価格は6500円前後です

130mmサイズになるとただただデカさに驚きます
ポケットに入れて携行するには無理があるのでナイロンケースなどに
収納してベルト等に装着して運搬した方が良いでしょう



そしてここまでマルチツールを紹介してきて本末転倒だとは思いますが

「余計な機能は要らん!ナイフだけあればイイ」

という考えの方にオススメなのは


VICTORINOX 12
フローリストナイフ カーブ


実にあっさりとしたフォールディングナイフです
カランビットナイフのようにブレード先端がカーブしているので、宅配ダンボールの
テープを切る時など使い易くなっています

ストレートタイプもありどちらも価格は2200円前後です




ここまで、如何だったでしょうか?

マルチツールは釣りや狩猟、防災などのイメージがあるかと思いますが
自宅で普段使いするのも大いにアリだと思います
買ったらどんな用途でもイイので兎に角工夫して使ってヘビロテして
使い倒してこそのマルチツールなんじゃないかと

なんて言ってる小生も普段はほとんどキャンパーしか使ってないんですが...


マルチツールも使ってると何やかんや文句をつけて新しいのが欲しくなってきます
小生の場合、「スイスアーミーと言えば赤だ」という固定観念があって
ソルジャーなど強制的にハンドルカラーが決まってる以外は全て赤を
選んで購入してきました

VICTORINOX 13


しかし数が多くなってくるとパッと見た目での区別が難しくなってくると言う
弊害が出てきました、特に91mmなんかはツールを出してみないと
それがキャンパーなのかハントマンなのか良く分からないので、失敗した
小生からのささやかなアドバイスなんですが、黄色とか黒、青など
カラーをチョイスできるものは積極的に他に持ってるヤツと違う色を
選択したほうが見た目で認識できて便利だと思います

(上の写真に写ってるのは所有するビクトリの中の3分の1くらいです)



ビクトリノックスが欲しいけど、どれを選んで良いか分からずにいる
人にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです


※記事中の値段は2016年10月時点でのAmazon価格



VICTORINOX 14


参考写真 レザーマン スケルツールとスタンダード・スパルタン


2016-10-10 : VICTORINOX : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ThruNite MCC-4S充電器

MCC4S 01
ThruNite MCC-4S充電器


MCC-4Sは以前にあったMCC-4がモデルチェンジしたものです

大きく変わった点としては、LiFePo4という次世代の安全なバッテリーに対応した事、
液晶表示が充電電流、電池電圧、充電時間の表示に増えた事、そして充電の
進行具合を示す電池アイコンの表示が3段階から5段階になった事でしょうか

外観上ではディスプレイの周囲がThruNiteのイメージカラーの
赤色の枠で装飾されています


対応する充電池はLi-ion、Ni-MH 、Ni-CD 、LiFePo4になります
Li-ionは26650、18650、17670、18490、17670、17335、16340、14500、10440
が充電できるようです
※注意 LiFePo4(LiPO:リチウムポリマーではない)

フラッシュライトにLi-ion充電池を使う人にとって頻度が高い充電池は
18650、14500、16340になるかと思いますが、もうひとつややマイナーながら
16650を忘れて欲しくないと思います
自己責任でSUREFIREを社外充電池で使用する人にとってはCR123Aと
同じ外径で2本分の長さの16650は非常に重要な電池です
(16340を2本だと電圧がオーバーする)

実際問題18650と14500が充電できるチャージャーであればその中間の
16650も問題なく充電できるのがほとんどだと思いますが、その対応可不可を
表記するだけでかなりセールスに影響があると思います

小生の場合、16650に対応していると言うその為だけで
KEEPPOWER L2 LCD USB高速充電器を購入したくらいです

ここんトコはどのメーカーさんにも要望したいポイントです



MCC4S 02


家庭用100V用と車のシガーソケット用の充電コードが付属しますので
使用する方を充電器本体の端子に差し込みます

充電池を表示されている通り極性を確認してセットしますが
ここで逆にセットすると“Err”表示がでます

4つのそれぞれのスロットの赤いボタンを1秒間押すと500mA出力と1000mA出力が
切り替わり、10秒長押しすると、Li-ionとLiFePo4が切り替わります



MCC4S 03


リチウムイオン、Ni-MH、Ni-CD電池かの判別は自動で行われます

充電中は「経過時間」、「電池電圧」、「充電電流」が約3秒間隔で
切り替わりながら繰り返し表示される

ちなみに充電電流を1000mA(1A)で選択しても充電の進行次第で
850mAだったり750mAだったりの表示になりますが、これは電池を
充電器側できちんとモニタリングしているからなので故障ではありません



MCC4S 04


このMCC-4S充電器を使ってみて一番感動した事は
液晶画面が非常に見易い事です

液晶の種類によっては少しでも斜めから見ると暗くなって表示内容が
見えなくなる(視野角が狭い)ものも多いですが、MCC-4Sは
斜めから見てもよく見える。と言うか電池セットのマイナス側からなら
むしろ斜めから見た方が良く見える


充電の進行具合を示す電池型のアイコンの表示が5段階になったのは
多くの人にとって嬉しい事でしょう

以前は33%、66%、100%と極めてザックリな表示だったので
使用するため満充電を待っていられない時、2段階目の点滅は

「66%~99%のどこまで充電できとるのだオマエは!」

と地団太を踏んで充電電圧を目安にして判断していたものが、
MCC-4Sは表示が5段階に細かくなりましたので

4段目の点滅なら60~79%のどこかなので

「あと少しで8割なのでちょっと待つか」

とか

5段目が点滅しているなら

「80%以上、いや9割かもしれん。これならここで止めて使えるな」

という判断がし易くなりました



過電流/過電圧保護機能、電池の逆接続保護機能と基本性能は
おさえてありますし、4つあるスロットは別々に制御できる
認証はUL、cUL 、TUV、GS、PSE、FCC、CE、C-TICK、CB、ROHSが取得されています

何よりこれからの事を考えるとLiFePo4に対応しているのが
一番の大きなポイントかもしれません

今現在別のチャージャーを使っている人はあえて積極的に乗り換える必要は
ありませんが、買い替えを考えるなら選んで損は無い充電器だと思います


ちなみに2016.10.1日時点でAmazonではMCC-4S充電器単体の
販売は在庫切れになっています
ThruNiteでは新製品が出ると人気のためか直ぐに在庫切れという
状況がパターン化しています
まぁ気長に待てばその内解消するでしょう

〔この記事はThruNiteから商品の提供を受けて執筆しています〕



/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄

〔以下の文章 依頼元からの要望で記載しております〕

限定期間中に、スルーナイト公式サイトでクーポンコード THRUNITE と入力すると
スルーナイトの商品を5%割引で購入できます。

ThruNiteのHPはこちら↓
http://www.thrunite.com

ThruNite@Directはこちら↓
http://amzn.to/14Vi3gs

2016年の年末までアマゾンのショップ ThruNite@Direct では全製品10%割引です。

2016-10-01 : ThruNite : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。