素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ミニマグライト2AA LED デジタルカモ

ミニマグライト2AAは既に何本も手元に有るのに性懲りもなくまた購入してしまった


MINIMAG_2AA_KAMO_01.jpg


入手したカラーはデジタルカモ

2AAで97ルーメンと最新フラッシュライトに比較するとルーメン競争では
ぶっちぎりで負けているミニマグライトですが、マグライトならこの明るさでも
なぜか許せてしまいます


MINIMAG_2AA_KAMO_02.jpg


写真上は15年以上前から所有しているゼノン球ミニマグライトのカモで
下が今回購入したLEDミニマグライトのデジタルカモ(ACUカモ)


LEDの間延びしたデザインも大分見慣れてきましたね
ゼノン球のウッドランド風迷彩もデジタルカモと並べて見ると
ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています
これに限った事じゃないですけど、物のデザインってこうやって少しずつ
過去のものになっていくんですよね



余談ですがもともと小生は洋服でも小物でもOD(オリーブドラブ)とかグリーン系の
ものを好んで身に着けています
もちろん登山用のヤッケとか非常用のライトなどは被発見性を考慮して見た目が
目立つものを選びますけど、特別な事情がない限りは深緑色など落ち着いた
色合いのものをチョイスする事が多い


MINIMAG_2AA_KAMO_04.jpg


もっともいくら好きでも全身緑だとバッタみたいになるので、デニムとそして足元だけは
昔からレッドウィングのオロ・ラセット(赤茶)が小生の定番カラーなのですが


MINIMAG_2AA_KAMO_03.jpg


常々もっとグリーンカラーのライトが増えれば良いのにな~と思っています


スポンサーサイト
2017-02-27 : MAGLITE(マグライト) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

18650 Li-ion充電池の容量選択

高性能フラッシュライトに良く使用される18650リチウムイオン充電池
高容量でより安全性の高い充電池の開発も急速に進んでいますが
まだしばらく主流の電池として使われていくと思われます


18650_Liion_01.jpg


リチウムイオン充電池の中でもKEEPPOWERの充電池は中身がパナ製のセルで
信頼性が高く人気のバッテリーです

ただ容量が

3500mAh
3400mAh
3200mAh
3100mAh
2600mAh

などがあり、初めて手を出す人はどれを選ぶべきか悩ましい事もあると思うので
よく使われる3500、3200、2600mAhで考えてみます


18650_Liion_02.jpg


Amazonでの販売単位は1本、2本、4本になっており、通常本数が増える毎に
お得になるので4本買いを前提に話を進めます


あるショップの2017.2月時点での価格は

・KEEPPOWER 18650 3500mAh 4本 6900円
・KEEPPOWER 18650 3200mAh 4本 5600円
・KEEPPOWER 18650 2600mAh 4本 4160円

となっています



・3500mAhと3200mAh


とにかく大容量で少しでも電池の持ちを長くしたいというような
用途では当然3500mAhの選択になろうかと思う、3200mAhとの単セルの
容量差は300mAh、価格差は約320円です

18650を4本束にして使用する機器では計14000mAhと12800mAhで
容量差が1200mAhになり、価格差は1300円
これは容量的にみれば3500mAh4本で使用した場合には
電圧は同じで3200mAh 4本+0.37本分の容量と言う事になり
この差に1300円が見合うかという判断になるかと思います

個人的にはこの程度の差であれば安い3200mAhの方が
コスパが高いかと思います




・3200mAhと2600mAh


3200mAhと2600mAhの単セル容量差は600mAh、価格差は360円です
4本束にした容量差は2400mAhで価格差は1440円になる
3200mAhを4本まとめて使用した場合は2600mAh 4本+0.92本分になり
つまりほぼ5本分と同じと言う事になります

これくらい容量差がでてしまうと機器によっては目に見えてランタイムが
変わってくるので2600mAhよりも3200mAhを選択したほうが
お得感があると言えそうです

それに2600mAhだとワンサイズ下の16650に2500mAhがあり
サイズと容量のバランスから見ても見劣りしてしまう



まとめると

絶対的な容量を基準にするならば3500>3200>2600mAh
当然ながらこれは揺るぎ無い

3500と3200mAhなら、値段と相談になるが3200のほうがコスパが良い

3200と2600mAhなら、値段差以上に容量差があるので3200のほうが
費用対効果が高いが兎に角価格を抑えて18650使用環境を構築したければ
2600mAhという選択肢もあり

ただし2600と3500で比較すると、4本束にした時の容量差は1.4本分(3600mAh)に及び
それだけランタイムは短くなるし充電回数は多くなる

これは主流の18650単セル1000ルーメン タクティカルライト1本分以上の
パワーがそのまま削られているという見方もできる


18650_Liion_03.jpg



これとは別にメーカーによる違いはあるにせよ、大容量になると
規格内ギリギリの中で電池のサイズも大きくなりライトによっては
物理的に装填できなくなるような問題が出てくるものもあるので
事前にリサーチして購入するのが良いでしょうね

Amazonでは他メーカーで3800mAhを超える大容量の18650も
散見されますが、信頼性がイマイチなので避けた方が無難です
不良品を掴まされるだけならまだマシですが、取り返しがつかない
事態に成りかねません


2017-02-17 : ライトの基礎知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

NITECORE The TUBE LED キーライト

THE TUBE 01


鍵束にライトがあると車内で探し物をしたり暗い所で落し物をした時など
何かと便利で、もともと小生は1AAや1AAAライトを鍵束に着けてカラビナで
腰から提げているんですけど、駐車場で他人の車と車の間を通り抜けて歩く際に
電池が入った重い金属ライトが振れて車にキズをつけてしまう可能性から
ここ1年くらいはNITECORE The TUBEという充電式のキーリングライトを
使っていました


THE TUBE 02
NITECORE The TUBE LED キーライト



High 45ルーメン、Low1ルーメンとあまり明るくはありませんが自分の周囲1~2mの
近場を照らすだけの用途なので特に不便はなく、外装がプラスチックで軽いので
仮に他人の車に触れてもキズがつく心配がいらず結構気に入っていたんですが
ここ1、2ヶ月で誤点灯している事が何回かありました

スイッチを誤操作したのかとも思い気をつけていたんですが、
やっぱり意図せず点灯してしまう
タイミングが何れも車を降りた直後なので原因は静電気では
なかろうかと考えています

Amazonのカスタマーレビューを見ても同様の現象が発生したユーザーが
いるみたいので小生の手元の個体だけの事ではなく、ある一定の
条件が揃うと静電気で誤点灯してしまうのはこのライトの持病なんでしょう

先日などは誤点灯しただけではなく、その後スイッチを長押ししようが
Wクリックしようが何をしても消灯させる事ができず、その内に本体が
素手では握っていられないほど熱を帯びてきましたが、バッテリー内蔵式なので
どうする事もできず、ライトが電池の容量をすべて使い尽くすまで放置するしか
ありませんでした

最終的にはNITECORE The TUBEは元々ランタイムが短いのが幸いして
10分程度で消灯しましたが、その後USBコードを接続し充電させようとしても
ライトが点きっぱなしになりキャンセルできず事実上使用不能となりました


ライトが熱を帯びてきた時は正直かなり焦りましたね
18650のリチウムイオン充電池を使用するライトも高ルーメンで連続照射すると
本体は熱くなってきますが、暗いモードに移行したり消灯させることで
対処できるし、仮にスイッチが故障して消灯できなかったとしても
電池を抜いてやれば済むのですが、The TUBEのようにリチウムイオン充電池内蔵型の
ライトは今回のように静電気などで誤点灯状態になった上にスイッチで消灯操作も
できない場合にユーザーが出来る事は何もありません
ただ電池の残量が無くなるのを待つしかない

45ルーメンと比較的暗いライトなので事なきを得ましたが、もし200ルーメンとか
もっと明るいライトだったと思うとゾッとしますね
5mm砲弾LEDだとちょっとナメてました


もともと小生は本体充電式のライトを好んで使う方ではありませんが
今回の件でリチウムイオン充電池内蔵式のライトに対しての考えが
180度変わりましたね、危険なのでもう二度とこの手のライトを使う事はないでしょう


THE TUBE 03


NITECORE The TUBEは予備でもう一つ色違いのオリーブが手元にあるのですが
可哀想ですが使われる事なくお役御免です


鍵束のほうには以前に購入して登山のザックに着けていた同じくプラ外装の
単四電池装填式のライト冨士灯器 ZEXUS LEDライト POINTER ZX-S130を
鞍替え配置させました

THE TUBE 04
冨士灯器 ZEXUS LEDライト POINTER ZX-S130



THE TUBE 05



NITECOREにはThe TUBE以外にもTIPやThumbなどリチウムイオン充電池を内蔵した
USB充電式キーライトがあり、しかもこれらはThe TUBEよりもハイパワーの
ライトなので使用中の方やこれから購入を考えている方は充分注意して下さい

他メーカーの充電池内蔵型のUSB充電ライトも同じです


最悪はサムスンのスマホみたいになりますよ (ToT)



〔追記〕 2017/3/24

予備で持ってたオリーブ色の方も勿体ないのでまた性懲りもなく鍵束に着けて
しばらく使ってたんですが、ドラッグストアで買い物中にまた誤点灯してるのに
気付きました
そしてOFFさせようとしてもスイッチが反応せず点灯したまま本体がどんどん
熱を帯びてきました、まったく同じ症状です
誤点灯の原因は降車時の静電気で間違いないと思います

まったく危ないライトですネ


2017-02-09 : NITECORE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。