素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Energizer LED コンパクトライト ハードケース HCCOMP23

Energizer_hardcase_01.jpg
Energizer LED コンパクトライト ハードケース HCCOMP23


2016年の7月に購入しました(購入金額1382円)

エナジャイザーは1896年に世界で最初に消費者向けの乾電池を発明し、
2年後には世界で最初に手に携帯するタイプのライトを発明した
伝統ある会社です


HCCOMP23はエナジャイザーのハードケースシリーズの中のひとつで
単三電池を2本を使用するライトになります

ハードケースシリーズは工事現場などタフな環境で使われる事を想定して
耐久性を前面に押し出したライト群で、ほかにヘッドライトやワークライトなどが
ラインナップされている


Energizer_hardcase_04.jpg
Energizer WEBサイトより



明るさはHi・Lowの2段階
MAX250ルーメン、Low点灯時のランタイムは50Hですが
実質ランタイムはスペック数値から大分少ないでしょう

対衝撃性能7m落下試験パス、「全天候型対応防水」と記載されていますが
詳細読むと全方向からの10分間の水しぶきに耐えるIPX4対応とのこと

全天候? 雨というのは毎回10分で止むものだったかな...?


全体がラバー素材で覆われていて確かに耐衝撃性能は期待できそうです
オレンジ色の所がスイッチなんですが、ボディの造りと比較すると比較的
ソフトな感触で、もう少しカッチっとした押し感があった方が頼もしく思える


Energizer_hardcase_03.jpg


スイッチを押すとHi点灯してもう一度押すとLow点灯になり、再度押すと消灯します
難点はHiで使用していると1発消灯が出来ません
Hiで何分使用していてもスイッチを1回押しただけではLowになるだけで
2度押ししないと消灯してくれない。この操作系はハードケースシリーズの良くない所です

別の作業をしながらLEDライトを使う時にこの操作系はハッキリいって煩わしくて、
そんなんだったらシングルアウトプットにしてくれた方が100倍マシだと
思うのは小生だけでしょうか


Energizer_hardcase_02.jpg


あとボディの断面が四角い形状しているのでテール部分について
ユーザーの力加減による「締め込み」が出来ません、常に同じ所まで回って
止まるので、あまりトルクが掛かっていない状態で組み付けられる事になります
テール部分にランヤード孔がありますが前述のようにトルクがあまり効かない
状態なのと四角い断面で摩擦による回転の影響が大きいので
常に緩み・脱落の可能性をはらんでいるので注意が必要です
知らない間にテールが緩んでロックアウト状態になっている事があるようです
当然緩み過ぎると最悪はテールを残しライト本体が脱落します

まさかそのための耐衝撃性能か? ある意味納得です


そんな状態まで緩む事なんてよっぽど無いでしょうけどネ




照射テスト



Energizer_hardcase_05.jpg
Hi点灯


Energizer_hardcase_06.jpg
Low点灯



色味はかなり暖色系に近いニュートラルホワイト
このクラスのLEDに個体差はありますが作業に適した色温度してます
ThruNiteのウォームホワイトに近い

配光はコリメータなので集光かと思いきや近距離から広角の中心光で使い易い
距離が伸びても同じで割と広い範囲をまずまずな明るさで照らしてくれます
中々良く出来た配光です

Hiで連続点灯してもヘッドがほんのり暖かくなるだけ
ラバー素材なのである程度乱雑に扱ってもライト本体はもちろん
周囲にもキズをつける心配がなく、寒い季節に素手で扱っても
手が悴む事がないのは良い
この材質なら地面に置くのにも躊躇しない


スイッチの操作性は設計思想なので兎も角、テールの締め込みさえ
改善してくれたらかなり理想的なんですが...惜しい

まぁこの価格なのであまり多くを求めるのも筋違いでしょうね
価格からするとガンガン実用に使える良いライトだと思います


スポンサーサイト
2017-03-17 : Energizer : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

VICTORINOX SWISSCARD Support Our Kids

あれから6年の月日が過ぎました

アウトドア好きならこんな形で復興の力になる事もできます

swisscard_01.jpg
ビクトリノックス スイスカード Support Our Kids


売上の一部が被災児童の自立支援活動プロジェクトに寄付されます


swisscard_02.jpg


2017-03-10 : VICTORINOX : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SOLARFORCE L2MとSUREFIRE 6P

SOLARFORCE L2MはSUREFIRE 6Pとそっくりだ
特にヘッドのアンチロール形状なんかは偶然の一致とは思えない
明らかに(L2Mのほうが)デザインをコピーしてると言って良いでしょう


L2M_6P_01.jpg
SOLARFORCE L2MとSUREFIRE 6P


各部の造り込みはもちろん本体価格が5倍以上の6Pの圧勝なんですが
L2Mのほうはボディが分割できてCR123単セルで使用できるなど
6Pの方にはない使い方も可能です


L2M_6P_02.jpg


小生の手元にあるL2Mと6PにはそれぞれH2T 燈 P60互換 6V LEDモジュール
電球色の「拡散」と「集光」がドロップインされています


とくに「拡散」の方の超広角なフラット光は感動モノ
この衝撃はZEBRALIGHT H502以来です


H2Tの燈(ともしび)シリーズは実用最低限までパワーを抑えている代わりに
圧倒的なランタイムを提供してくれる


LEDとはいえ電球色なのでキセノンの温かみのある光はそのまま


2017-03-09 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

NITEIZE DOOHICKEY QUICKEY TOOL&LEATHERMAN BREWZER


QUICKEY_BREWZER_01.jpg


タイトルがアルファベットばかりでパっと見何が書いてあるのかサッパリかもですけど、
NITEIZE(ナイトアイズ) ドゥーヒッキークイックキーとLEATHERMAN ( レザーマン ) の
ブリューザーという一枚板のマルチツールです

それぞれ小出しにするほど凝った造りのツールじゃないので
2つまとめての紹介です


QUICKEY_BREWZER_02.jpg


NITEIZE ドゥーヒッキークイックキーとレザーマン BREWZER


クイックキーの方は4つあるNITEIZEのDOOHICKEYシリーズのひとつで
先端よりマイドラ、梱包カッター、ロープカッター、栓抜き機能が鍵の形で
コンパクトにまとまっています
サイズは64mm×25mm 最大厚5mm 重量19g


QUICKEY_BREWZER_03.jpg


片方の側面部分は親指で押さえた時の滑り止めなのかギザギザになっている
板厚は持ち手部分が最も厚く、先端にいくほど細くなるテーパー形状です
鍵の形状してますけどマルチツールとしての強度を持たせるためか
けっこう板厚が有り、見た目以上の重量感です


QUICKEY_BREWZER_04.jpg


内側のロープカッター部は刃渡りは極短いながらも綺麗な波刃がついています
その両側には鋳肌(いはだ)が残っていて、これはマニアにはタマらんでしょうw




QUICKEY_BREWZER_08.jpg


レザーマン BREWZERは数年前までPOCKET TOOL Xの商品でしたが
レザーマンに買収されてモデル名はそのままレザーマンブランドとして
販売されているもの
サイズ 62mm×14.5mm 最大厚2.5mm 13.5g

成形はプレス打ち抜きなのかレーザーカットなのか分かりませんが
角のRはエッジの効いたフォルムしてますね

スペック上の機能は小型テコと栓抜きの2つだけ
ただPOCKET TOOLX時代には、スクリュードライバー、BOXリッパー、
栓抜き、1/4レンチ、酸素ボンベレンチの5機能があって、このレザーマンの方も
除外された機能は事実上使えそうです


QUICKEY_BREWZER_07.jpg


確かにRAPTORやZ-REXなど他のレザーマン酸素ボンベ用レンチと比較すると
若干ですが形状が違うし精度も粗いように見える
機能として明示されなくなったのはレザーマンとしての品質基準を満足して
いないからなのかも知れませんね


QUICKEY_BREWZER_06.jpg


サイズ比較

手前はレザーマン Wingman、右奥はビクトリノックス クラシックAL

Wingmanはレザーマンではフルサイズよりひと回り小さいんですが
こうやって並べると巨大に見えますね
Wingmanを5万tクラスの戦艦とするなら差し詰めクラシックALは駆逐艦、
クイックキーはフリゲイトと言ったところでしょうか


ビクトリノックス クラシックSDなどは小さくとも日常的に携帯するのは
問題がありますが、さすがにこのクイックキーとBREWZERくらいになると
サイズ、形状から考えてまず大丈夫かなと思います
ただここまで小さく機能も限定されると何かの時に果たしてどのくらい
役に立つのかなと疑問もあります
欲しいレンチのサイズがピッタリ適合するのは奇跡的でしょう

もはやお守り代わりと言うか、それ以上に何が何でもマルチツールを
日常携帯してやるという意地を感じるアイテムです


2017-03-01 : LEATHERMAN : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。