素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SWISS+TECH マイクロテック 6-in-1 ST50022

スイステックのマイクロテック6-in-1は小型のプライヤーがメイン機能の
マルチツールです

Micro_Tech_03.jpg
SWISS+TECH マイクロテック 6-in-1


マルチツールを選択する時に大きな分岐点となるのがレザーマンのような
プライヤーがメインツールのマルチプライヤーか、ビクトリノックスに代表される
アーミーナイフかのどちらにするかというのがあると思います


元々レザーマンは創業者が旅行をした時に故障したホテルの水道などを自分で
修理出来るようにする事等を目指して開発された「工具」であり、アーミーナイフは
軍隊の個人装備が源流のサバイバル装備なので、両者が開発された背景は
まったく違うものです

レザーマンのほうは針金を切ったり工具がない状況でナットを回したりといった
粗っぽい作業を応急的にするのに向く
ビクトリノックスのアーミーナイフは缶切りやコルク抜き、ハサミ、鋸など
アウトドアを最少の道具で乗り切るのを主眼に置かれている


何が起こるか分からないアウトドアではスイスチャンプやスーパーツールのように
出来るだけ多くの機能をもって行きたいところですが、登山などでは出来るだけ
装備の重量を減らさないと自分がバテるだけなので必要最小限を見極めるのが
重要です


Micro_Tech_07.jpg


登山でプライヤーが必要という状況には固くなったジッパーを動かしたり
結び目を解いたり、熱くなったコッヘルの蓋を掴んだりと言う事がありますが、
そうそう頻度が無くフルサイズのプライヤーが必ずしも必要でないのなら
このスイステックの超小型プライヤーで急場をしのぐという手もあります
レザーマンを持つよりかなり重量を減らせるでしょう


Micro_Tech_02.jpg


メインのプライヤーと+-ドライバー、ワイヤーカッターにワイヤーストリッパー、
持ち手のサイドには1/8インチ刻みのスケール機能があります
スイステックには10年以上前に5-in-1という前身モデルがありました
外見上あまり大きな違いはありませんが、6-in-1の方が細部の造り込みが凝っていて
よりロボチックな印象かな

シリーズには6-in-1の他に9-in-1、19-in-1、22-in-1とラインナップがありますが
19、22になると多くのツールを搭載していて可動部ガタが大きく、またビクトリの
スタンダードスパルタンが買えてしまうほど割高になるのであまり満足感は
得られないでしょうね


Micro_Tech_06.jpg

畳んだ状態だとレザーマン STYLE PSよりも小さく単三電池よりも短い


Micro_Tech_04.jpg


小さいうえに持ち手が多少折り畳まれた状態でもプライヤーが使用可能なので
PCの内部とか狭い場所でも物を掴む事が出来ます


Micro_Tech_08.jpg


ちなみに小生がマイクロテックで一番出番が多いのは半田ごての「こて台」ですね
いつもこてを置く台を用意せずに半田作業をはじめてしまうので作業台の横に
マイクロテックが転がっているとしばらく持って貰ってます


Micro_Tech_05.jpg


ハンドル部分をある程度回転させないとプライヤーのノーズ部分が
開かない構造なのでキーリングを咥えさせて鍵束などに装着する
ことが出来ます


Micro_Tech_09.jpg


大きさ比較の写真
マイクロテック6-in-1と右はレザーマンPSTです

これだけ大きさが違いますから常用工具として使おうとするのは無茶だと思います
と言うかそもそもレザーマンでさえ常用とするには使い勝手が悪いと言えますが

Amazonのレビューなどでもこの辺りを履き違えたコメントが散見されますね
ナイフが折れたとか、プライヤーで硬い物を掴んで力いっぱい捩じったら
ハンドルが曲がったとか言われていますが、そりゃそうでしょうって感じです
折り畳みのプライヤーって可動部が1ヶ所多いですし、ハンドル部だって本来中実の所に
スペース設けてナイフとかヤスリとかを収納してる訳でしょう?強度が弱くなってるのは
考えたら分かると思うのですが...
ヘビーデューティーと謳っていても簡易ツールとして限度を超えた負荷を
加えれば破損するのは当然の事です

マルチツールはあくまで短時間の簡易的&応急的な状況に対処するのが正しい使い方です
強度や高い次元の使い勝手を求めるなら専用の工具を使うべきなのは
言うまでない事なんですけどね

10徳ナイフとかマルチツールとかの名称が勘違いさせるのか
「何とかなる」道具を「何でもできる」と勘違いしている人が多いように思います


マイクロテックはこのサイズでナイフレス、鋭利な突起も見当たらないので
EDCして問題になる事はまず無いかと思われます

ちなみにAmazon価格は800~1200円程度で推移していますが、
近所の作業用品店(HODAKA)に行ったら税込570円で売られていました
近場に取り扱っている所がある人はまずはそっちを見てみる事をオススメします


Micro_Tech_01.jpg


いつもの事ですが、気に入ったので2つ買い増ししました

こんな事ばっかやってるから部屋に物が増えるんだよなぁ~ (ToT)


スポンサーサイト
2017-07-23 : 登山 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

SUREFIRE G2X PRO FIRE RESCUE レスキューモデル

sure firerescue 01


単三電池がメインの小生が最後まで手を出さなかったのがSUREFIREのライトでした

ただメーカーからのサンプル提供などでリチウム電池を使うライトが
手元に増えていき、周囲の電池の規格を一本化する事が困難になり
また防災用として考えた時に単三電池の高度な互換性は変わらないものの
自然放電の少ない事や使用環境に制約が少ないなどのリチウム電池が持つ
優位性もあるためハイローミックスを取り入れてリチウム電池と其れを使用する
ライトの備蓄も開始しました
(このケースのハイは勿論リチウムの電池の方です)

〔ハイ・ローミックス〕
価格が高い物と廉価なものを組み合わせて定数を揃える事
例としては米空軍が高価なF-15と安価なF-16を調達する事で
全体の調達費用を抑えている事などがある



最初にSUREFIREを購入したのは2015年末の事でした
その時すでに蛍光色イエローが目立つファイアーレスキューの存在は知っていましたが
タイミングが悪く販売が終了した直後でネットショップのWEBサイト上でも
SOLDOUTばかりで悔しい思いをしたのを思い出します

しかし先月何気なくSUREFIRE JAPANの公式サイトを見ていたら
そのSUREFIREのファイアーレスキューモデルが復活しているではないか
もう待ってましたとばかりに小躍りして 売り切れる前にG2X PRO レスキューYL
(G2XC-FYL)をポチりましたよ


sure firerescue 02
SUREFIRE G2X PRO RESCUE イエロー(G2XC-FYL)



蛍光イエローがイイですネ

SUREFIREは軍や法執行機関御用達の漆黒ボディのイメージなので
違った趣が感じられます


やっと入手できたと部屋で夜な夜な頬擦りしていましたが、別のネットショップの
サイトを見ていたら何と同じファイアーレスキューのオレンジの方も復活しているではないか!
こちらも売り切れる前に入手せねばと値段の事などまったく考えずにポチってしまいました
もう以前に欲しくても売り切れてた時の反動で正常な判断が出来なくなっているようです


sure firerescue 03
SUREFIRE G2X PRO RESCUE オレンジ (G2XC-FOR)



オレンジもイイ

黄色とかオレンジって警戒色なのでちょっと緊張感があるのかと思いましたが
ボディがポリマー樹脂なので程よいトイ感がそれを打ち消している感じがします


スペックは他のG2X PROと同じでHi320ルーメン、Low15ルーメンのデュアルアウトプット
ランタイムはそれぞれ2h、45min、ヘッドがアルミ合金でボディ部はナイトロン
ポリマー樹脂製です

ノーマルのG2X PROの方にもイエローがありますが、FIRE RESCUEのイエローは
蛍光イエローでより目立ちます
前モデルのファイアーレスキューは他のG2Xより高かったと思いますけど
新型(外見は一緒ですが)は他のG2X PROと同じ価格ですね


sure firerescue 07


ちなみにレスキューモデルについて、公式サイトには

「G2X PROレスキューは消防隊員や救急車のEMT(Emergency Medical Technician)、
他対応者のために特別に設計されました。」

とありますがG2Xのヘッドはアルミ合金製であり、ストリームライト プロポリMAXのように
ヘッドまで樹脂製ではないので防爆ライトとしての認証は受けていないと思います
金属部分があると静電気の発生や、落下させた時などに火花が発生する場合があり
防爆ライトとしては使えないでしょう

使うとしたら最前線の現場ではなく関係者の後方支援用途になるでしょうね


sure firerescue 05


小生の手元のG2Xもカラフルになってきました

パーソナルシリーズはこれ以外にも車載している6PX PRO BKがあります


sure firerescue 06


さらにSUREFIRE全体でもだいぶ賑やかになってきました ^^

SUREFIREはカスタムパーツが豊富なのでリングやフックを追加装備したり
モジュールを換えていたりノーマルで使ってるのはほとんどありませんね

小生の所有するライトの総数からするとSUREFIREはまだ少数派ですが
それでもここに写っているSUREの購入価格を計算すると頭がクラクラしてきました

こういうモノはあまり考えるもんじゃないですね
明るく前向きに考えましょ ライトだけに...


2017-07-15 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。