素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SUNWAYMAN D40A

小生の部屋にはまだレビューしていないライトがゴロゴロ転がっていて収拾がつかない状況です

今回はその内のひとつ、今年の夏頃に入手した4AAハイパワーライト「SUNWAYMAN D40A」

D40A Fr
                 SUNWAYMAN D40A


外観は同じく4AAの変態ライトNITECORE EA4に良く似ている
ただEA4のほうは持っていない

小生がEA4を購入しなかったのはいくつか理由がありました
スマートな外観が小生好みでなかった事と、一番の理由はLowモードの明るさでした
以前も言及しましたが、Lowの明るさって結構重要な要素なんですよね


D40AとEA4の明るさ/ランタイムの比較

D40A lm runtime


お互いにTurbo、Hi、Midまでは似たような明るさですが、暗いモードでもEA4のほうは
かなり明るめに設定されており、最弱でも65lmもあります
ためにランタイムは最長で22時間がリミットとなっています

一方D40AではLowで30lm、Moonと呼ばれる微光モードでは1lmとなっています
何が何でもハイパワーなライトが欲しいと言う用途ならば兎も角、防災などを考慮すれば
4AAの大容量を生かすためにも暗黒中で冷静さを保つため、僅かな光でも命を繋ぎとめるため
微光モードでの長ランタイムは重要な機能だと思うのです
D40AはLowで31時間、Moonモードでは480時間(20day)もの連続点灯を実現しています


反面EA4の方はLEDへの負荷や放熱にうまく対処すればTurboモードでの
連続点灯が可能となっています

ハイパワー持続系のEA4、高ルーメンでありながらランタイムも両立するD40Aと
考えれば良いでしょう
あとはカートリッジの有無やスイッチの操作性、値段で好きなほうを
チョイスすることになりそうです


・D40A 4AA COMPACT THROWER LIGHT 諸元

LED Cree XM-L2
Turbo 980lm  3分でHiに自動減光
Hi   550lm  1.7h
Med  220lm   4h
Low   30lm   31h
Moon   1lm  480h

全長×ボディ径×ヘッド径 120.6mm×42mm×40mm
防水性能 IPX-8
ボディ素材 エアクラフトアルミ合金
重量 約165.4g (電池除)
使用電池 単三×4



D40Aの大きさ比較

D40A BOSS

缶コーヒーのサイズは185gです


D40A rifu


D40A BAT

使用電池は単三を4本
同社のM40Aと同じくドラム配列のカートリッジを使用します


D40A hoji2

D40A SW


基本操作は手前のメインスイッチで点灯/消灯を行い、M(モード)切り替えスイッチで
Turbo→Hi→Med→Low→Turboの順に切り替わります
点灯時にMスイッチの二度押しでストロボ点滅になります
消灯時の明るさを記憶するメモリー機能が搭載されています
点灯時にメインスイッチの長押しでSOS点滅になります
Mスイッチ長押しで3点バースト点滅に切り替わります

消灯状態でMスイッチの長押しで長い間隔で点滅し、
メインスイッチを長押しすることで微光1lmのMoonモードへ移行します



kumamon 60pic

照射テストだモン


D40A Turbo1
                     Turbo

D40A Hi1
                      Hi

D40A Med1
                      Med

D40A Low1
                     Low


中心光が強烈で周辺光も同時に発生する配光です
FENIXやSUNWAYMANはこういうタイプの配光が好きですね
Turbo980lmは3分間の連続点灯で自動的にHi550lmへ減光されますが
ルーメン値程明るさの差は感じません


D40A Low3
               Low 30lm 照射距離50cm


D40A Moon
               Moon 1lm 照射距離50cm


30lmでも近接用途には必要十分の明るさだと思います
明るい1AAで評判のGENTOS GP-6でさえ26lmですからね

Moonの1lmも実際は結構な明るさで、そん定そこらのキーライトなんかよりは
断然明るく使えるモードです


一般に非力と呼ばれる単三電池
4本組み合わせた結果とはいえ、M40Aで500ルーメンを超え、今や1000ルーメンに
到達しようとしています

掌に収まるサイズに秘められたサーチライト並みの超絶性能
4AAライトはこの先どこまで行くのだろうか...



屋外照射画像追加 → こちら


↓ [画像追加]2014/3/30  Turboモード

D40Atsuika20140330.jpg

D40Atsuika20140330B.jpg


スポンサーサイト
2013-12-08 : SUNWAYMAN : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

素晴らしい
要所を突いていて素晴らしいレビューですね!!
2013-12-13 23:23 : クワデリ URL : 編集
ありがとうございます
クワデリさん こんにちは

レビュー記事を書くのは少し大変です(^^
最近は屋外照射の時、寒くて手が...


2013-12-14 11:32 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
ランタイムグラフ付動画です
ランタイムグラフは 5:26あたりからです。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21586287
2014-05-19 12:40 : mikawabern URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。