素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

FENIX LD12


今回ご紹介するのはFENIX LD12です
これは中国ブランドなのですが、メイド・イン・チャイナにありがちな
チープな造りは微塵もなく、ヘビーユースにも対応するものです
FENIX LD12 gaikan
FENIX LD12

このライトは2012年の初頭に購入したのですが、小さい割にハイパフォーマンスなので
信頼できる一本としてメインの防災バッグに常備しています
(我が家には防災バッグが家に2つ、車に一つある)

諸元は以下になります

価格      5000円前後
搭載LED    Cree XP-G R5 LED
防水性能   IPX-8
使用電池   単三電池 ×1

・モード
Turbo
Hi
Mid
Low
SOS
ストロボ

・明るさとランタイム
Turbo  115lm  2h9min 
Hi    60lm    4h51min
Mid   27lm    11h
Low   3lm     97h

Tail switch
ON/OFFはテールスイッチで行います
またスイッチ半押しでの間欠点灯も可能です

side switch
点灯状態でヘッドにあるサイドスイッチを押すと明るさ(モード)がTurbo-Low-Mid-Hiの順で変わります
点灯状態でサイドスイッチを2秒以上長押しでストロボへ、3秒以上でSOS点滅になります
メモリー機能を搭載しており、消灯時の明るさが記憶され、消灯時のモードで次回再点灯します
(SOS、ストロボは除く)

アルミ外装にレンズはガラス製、普段は使わないSOSなどの点滅モードを長押し入力にすることで
日常用途に特化させた使用性はとても便利です
単三電池1本使用(1AA)というのもランニングコストを気にするユーザーにピッタリです
ちなみに公式にはエネループなどの充電池には対応していないようです
Turboモードでの連続点灯は、持てない程ではありませんが10分程度でボディが熱を帯びてきます
またヘッドを上にしての自立は出来ません、ただしヘッドを下にして立てる事は可能です
さらにヘッドベゼルは凹凸のあるデザインになっており、消灯忘れ防止になります
LD12 jiritsu
凹凸の隙間から光が漏れるので消し忘れ防止になる

実はこのLD12以前にLD10という同じ1AAのライトがありました
違いはサイドスイッチの有無で、サイドスイッチでモード変更を行うLD12に対して
LD10はテールスイッチの半押しでモードを変更します
なのでLD10は常に逆手での使用がメインになり、LD12は逆手で点灯後、順手で使用して
サイドスイッチで適宜必要な明るさに変えるような、ある意味合理的な使用方法になります
LD12はLD10の操作性発展型の後継機という位置付けですね

しかしスイッチが増えたということは可動部(部品)が増えたことを意味し、それだけ潜在的な
故障部位が増えたことにもなります、それを嫌うユーザーや逆手持ちでのモード変更を
望むユーザーからは後継機のLD12登場後も依然LD10が支持されているようで
現在もLD10が併売されている模様

値段はLD10もLD12もほとんど一緒ですが、ショップによってはLD10の方が若干高い場合もあるようです
Turboモードでの明るさはLD10が100lm、LD12は115lmで少々LD12の方が明るくなっています

以下は実際に照射した様子です (モード順にTurbo→Low→Mid→Hi)
壁までの距離2m

LD12 Turbo
              Turbo

強い中心光と周辺光が発生する配光です
MAX115lmなので、この配光だと近距離から中距離に適しています

LD12 Low
              Low

LD12 Mid
            Mid

LD12 Hi
            Hi

小生のようにライトに全方位外交をしているのならともかく、一般の人にとってライトというものは
そこまで数を揃えて所有するものではないと思います
そんな人でも「防災の意味も込め、もしもの時に備え頑丈なライトをひとつ」という購入動機でしたら
このFENIX LD12は胸を張ってオススメできるライトです

テールスイッチによる点灯、サイドスイッチで明るさ変更
Turbo 115lmで2時間、実用60lmで5時間弱、暗闇で字が読める程度の3lmで97時間という
明るさとランタイムは貴方に降りかかる様々な状況に対応してくれるでしょう
アルミ製の堅牢なボディに最も汎用性のある単三電池1本使用というスペックは
防災ライトにもピッタリです


スポンサーサイト
2012-10-10 : FENIX : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
僕もこのフラッシュライトを買おうと思っています!
2年経った今でもやはり信頼できる一本としてメイン防災バッグに常備として使えてますか?
2014-12-15 20:41 : URL : 編集
こんにちは

LD12は2014年時点でも通用する基本性能の優れたライトだと思います
サイドスイッチも今の所不具合の話は特に聞こえてきません
ヘッドを少し緩めておけばロックアウトもできるので防災用として
備えておくと安心できると思います


>メイン防災バッグに常備として使えてますか?

防災バッグに入れっぱなしなので頻繁に使っている訳ではないのですが
本日点検したら各モード問題なく点灯しました
ちなみにPanaの液漏れ防止製法のアルカリ電池を装填してロックアウトしています
ただLD12も良いですけど、サイドスイッチにこだわらなければ
FENIXだとLD09、E12などはもっと安価に購入できますよ
LD12は5000円くらいすると思うので
(ちなみにamazonのLD09の商品写真はミスでLD01になってます)

でもLD12はカッコイイですよね

他ブランドではNITECORE MT1Aや、ThruNite T10Sなんかもオススメです
2014-12-15 21:46 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
No title
お返事ありがとうございます。

今でも現役で防災バッグに入っているのですね!

教えていただいたフラッシュライトを色々調べてみたのですが、やっぱりLD12にする事にしました。
E12と迷ったのですが、E12にはメモリー機能が無いようなので。
それに肥後ノ守さんの仰るとおりLD12はかっこいいです!!

>メモリー機能を搭載しており、消灯時の明るさが記憶され、消灯時のモードで次回再点灯します

とありますが、電池を一度抜いて入れなおしても消灯時のモードで点灯されるのでしょうか?

度々質問してしまいすみません><;
2014-12-16 00:40 : URL : 編集
今でも小生の防災バッグに入っています
ただ信頼性が高いとはいえ絶対ではないので一応バックアップとして
別の1AA、2AAライトも備えていますけどね

LD12は電池を抜いても前回の明るさは記憶されていて、同じ明るさで
次回再点灯しますよ


2014-12-16 06:37 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる