素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Cree社のLED

LYNXxml2.jpg


高性能ライトの多くには砲弾型ではなくCree社のLEDが搭載されていることが多い
(ロゴはCREEですが、会社名としてはCreeのよう)

そのネームバリューは大したもので、ネット販売などでは「軍用CREE」・「米国CREE社LED」搭載などと
謳い性能をアピールするノーブランドライトも良く見かける

T10S LED
                   ThruNiteT10S搭載のXP-G2


数年前まではXR-EやXP-Eを良く目にしましたが、現在の主流はXP-Gで
明るさを追及するものにはXM-L、XM-L2が搭載される傾向があります


T60CS LED2
                 SUNWAYMAN T60CS搭載のXM-L U2


XP-G2とXM-Lの違いは、3.45×3.45mmと5×5mmというLEDのサイズそのもののほかに
MAXドライブ電流が挙げられます


XP-G2 1500mA
XM-L  3000mA


多くの電流を流せるという事は、それだけ明るく発光させることが出来るという事
またLEDに負荷がかかって寿命が著しく短くなっては元も子もないので
伴う発熱に上手く対処しているという事です


D40A LED
                  SUNWAYMAN D40A搭載のXM-L2


XP-E2、XP-G2、XM-L2とLEDの型番の末尾に2が付くものは初代に比較してどれも大体20%の
輝度と効率(LPW:ルーメン・パー・ワット)、2~2.5倍のルーメン・パー・ドル(lm/$)を達成している


それともうひとつ、XP-Gなどの型番とは別に、R5とかU2などを目にする事もあると思いますが
これはLEDのランク(Creeのデータシートではグループ)と呼ばれるもので
LEDの明るさを表しています
その他の工業製品に公差(バラツキ)があるように、LEDも製造した同じ型番すべてに
同じ発光能力があるわけではなく、ランク分けされています


牛肉で例えると、同じ神戸牛でもA5ランクなどと格付けされているようなモノか

SD10 LED
                 LUMINTOP SD10搭載のXM-L2 T6


このランクには幅があって、ひとつのランクの幅は10~20ルーメン前後のようです
(以下ルーメン=lm)

ランクは昔はPというのもありましたが、Cree社に関しては今ではそんな暗いLEDは
滅多に見かけません

P→Q→R→S→T→U という順に明るくなっていくのですが

XP-G2やXM-L2のデータシートからざっくり拾うと

・350mAドライブ

Q3 106lm
Q4 113lm
Q5 121lm

R2 129lm
R3 138lm
R4 147lm
R5 158lm


・700mAドライブ

S4 186lm
S5 196lm
S6 207lm

T2 227lm
T3 250lm
T4 273lm
T5 296lm
T6 318lm

U2 341lm


となっています
プロットミスがあるかもしれませんが、参考までに
LEDの型番によってデータシートでは電流、電圧、温度などが違うので
上記ランクのルーメンは絶対値ではありません
こんな風にランク分けされているのだという程度に思って頂ければと思います

3.11の震災前はR5でも随分明るいランクでしたが、現在はT5くらいはないと
セールスポイントにならない状態です(R5でも用途によっては十分)

puropori Hi1


今現在最高クラスに明るいライトにはXM-L U2、U3ランクを搭載しているものが多く
リフの小さなコンパクトなライトにはまだまだXP-G2の出番が多いよう

小生は搭載LEDに関しては無頓着な方ですが、ランクのことを少し知っているだけで
カタログスペックではT5とあるのに、実際購入して届いたものがT6ランクだったりすると
ささやかながらお得感が得られます(^^



ちなみに今回のLED拡大撮影には通常の等倍マクロレンズでも拡大率が足りなかったので
部屋の肥やしとなっていたNikon PB-6 ベローズアタッチメントを使用しました

PB6.jpg
                 Nikon ベローズアタッチメント PB-6


1:1のマクロレンズ撮影画像からトリミングしても良かったのですが、粗くなりますし
ワーキングディスタンスの関係で立体感に乏しい絵しか得られなかったため
今回数年ぶりに使ってみました


こう言った撮影機材はシステムカメラである一眼レフの醍醐味で、ミラーレスなどには
真似できない芸当でしょう
(仮にミラーレスにこのようなアクセサリーがあっても使う人は本当に限られよう)

しかしフィルムカメラ時代からあったこのPB-6も3、4年程前に生産終了となったと記憶しています

何かカメラの世界が浅くなってゆくようで寂しいです


小生所有のマイクロフォーサーズ


スポンサーサイト
2014-04-02 : ライトの基礎知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。