素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

LEDの色について(色温度)

以前にフラッシュライト(懐中電灯)の購入を考える時、多くの人が
明るさや使用電池(大抵単1を選ぶ)のことは気にするのに
操作性や配光の事はあまり考慮しないという趣旨で記事を書きました
配光は購入前に確認するのは困難ですが、多機能防災ライトと
タクティカルライトの実際照射した時の配光を比較してどれだけの
違いがあるのかをレビューしました

またあまり言及されることのない順手・逆手持ちでの操作性の違いについても
それぞれの長所・短所を端的にですが説明できたかと思います

ただこれらはやはり実際にキャンプで使用したり、もしくは現実に被災するかして
身を以て体験しないとその重要性は分かり辛いものです

登山でも最近流行の「山ガール」や中高年の団体登山者に、たとえ日帰り高尾山登山でも
昼飯とは別の非常食や、コンパスと地図(これで1セット)、ビバークのためのツェルト携行の
重要性を諭しても馬の耳に念仏です

そんな中でも少しでも防災についてリアルに考える気概にある人に向けて
自分の経験からくる「よい道具」を選択するための知識を、これからも
この場にて公開したいと思っています

今回取り上げるのはLEDライトの「色温度」です
色温度って 何?と思われる方もおられるでしょう
別に光源のLEDが熱かったり冷たかったりして火傷する訳ではありません

ちなみに写真の世界では露出と同じくらい重要な要素のひとつです
意味は分からなくてもデジカメの中に「ホワイトバランス」という機能があるのを
目にした人も居るかと思います。 それが色温度です

色温度の単位はK(ケルビン)になります
一般的に昼間の太陽光を5500K周辺と規定し、それよりも色温度が高くなると
青白くなり、低くなると黄色~赤味がかって見えます
実際には朝焼け夕焼けが色温度が低い状態、曇天や晴天の日陰が
色温度が高い状態です

それがライトと何の関係があるのかと言うと、プロフェッショナルな用途に対応する
タクティカルライトには多のメーカーに色温度が異なるモデルがラインナップされており
自身が必要とする色温度のフラッシュライトを選択できるようになっています
これは購入するときの重要な要素になり得ます

車のヘッドライトやフォグランプに少し凝ってらっしゃる方はご存じでしょうが
色温度の高いHID(ディスチャージ)は夜間雨天での道路状況が非常に見辛く
霧中では黄色のフォグランプが一番遠くまで視認可能です

一般の人の多くはLEDライトに青白いLEDライト特有の色を好む傾向があります
青白い光は高級感がありますし、従来のハロゲンとの違いが一番実感できる
色温度でもあります
しかし一時的に使うならともかく、倉庫で探し物をする時や障害物の多い所を
照らす場合は影が出来易くコントラストも高くなりストレスを感じさせるケースが
あるのも事実です
また極端に青白い光では照射して反射してくる物体の正しい色を返してくれません

そこで登場するのがより自然な白さを追求したものや従来のガソリンランタンの色を
模した暖色系のLEDを搭載したモノです
特に暖色系は停電や被災して救助を待つ間などでは、その温かみのある光で
不安な心を少しでも和らげる事に一役買ってくれます
どの色温度が良いという訳ではなく、用途に応じて最適な色の光源を
選択するのが重要になります

特に色温度を強調してラインナップされるものに以下があります

・Cool White クールホワイト
・ニュートラル・ホワイト
・ウォーム・ホワイト
・暖色LED

Cool Whiteは蛍光灯などに近く、同じルーメン値でもかなり明るく感じられます
ニュートラルホワイトは白熱電球に近く雨天時や霧中などのアウトドアシーンで有効です
ウォームホワイトはニュートラルホワイトよりも黄色がかっているか、またはメーカーによる
ニュートラルホワイトの呼び名の違い程度のものと考えて差し支えないと思います
暖色系を売りにしているLEDライトはランタンに多く、キャンプなどテント内で
従来のガソリンランタンに代わるものとして温か味のある雰囲気が特徴です

以下はそれぞれ色温度の違うLEDライトで実際に照らした様子です
(個々のパソコンのモニタ環境によっては違いが分かりにくい場合があります)

Futsu LED
                    通常のLEDライト

Cool White
                  Cool White (クールホワイト)

Natrai White
                  ニュートラル・ホワイト

Dansyoku.jpg
                  暖色系LEDランタン

いかがですか?
結構印象が違いませんか? 個人的にはニュートラルホワイトの自然な色が好みです
Cool Whiteは好みによりますが、写真のように地図でルートを確認するような用途では
長時間だと目が疲れそうな感じがします
最後の暖色LEDはテントの中で仲間と一日の反省や明日の予定を語らい合う
ような場面で良いムードを演出してくれそうです

明るさ・配光・操作性の次は搭載LEDの色温度まで気にして購入を考える
ところまでくれば、フラッシュライト道の「中級者」と言えるかもしれません

色温度とは別に「演色性」というのがありますが、長くなるのでまた次の機会に


スポンサーサイト
2012-10-15 : ライトの基礎知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。