素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

NOBRAND Focus adjustment Flashlight

DXで扱っているような格安ノーブランドライトって怖くてメインに据えることは出来ませんが
遊びのつもりで購入すると結構感動するんですよね

NFAF 1
               NOBRAND Focus adjustment Flashlight


このライトはDXではなく、国内ネットショップで購入したものですが、スタイルが気に入ってます

勘が良い人は気付いたと思いますが、TITANというブランドのZM1というライトの
そのまんまノーブランド品です


NFAF 2


TITAN ZM1は本体価格が2100円前後で送料数百円を+すると3000円弱になり
遊びで買うのには少し高く、それならばFENIX E11をもうひとつ買う

しかし外観・性能は同じでロゴが無いだけのノーブランドの本ライトであれば
1000円程で購入できる
送料が540円掛かりましたが他の商品と同梱発送したのであまり気にならない


・諸元
搭載LED Cree Q5?
使用電池 単三電池 or 14500 1本
サイズ   ヘッド29、ボディ20~23、全長110mm
ランタイム Hi 約1.5H 、Low 約6H 、ストロボ 約3H (アルカリ電池)




NFAF 3


外観はゴテゴテしていて男子が好みそうなスタイルです

やはりテールスイッチのゴムは肉厚があまり厚くはないですが、こういったライトでは良くあるコト!
クリックすることで点灯/消灯 半押しでモード切替えができます


NFAF 5


基本パーツはヘッド・ボディ・テール部から成っており
テール部から電池の+極をヘッドに向けて装填します


NFAF 6


さらにヘッドは放熱フィンを兼ねたベゼルを外すことで風防ガラスを外すことが可能


NFAF 4


レンズはこの手のライトに良くあるムーンレンズ

風防レンズを外してLEDを見てみます

NFAF 7


ショップの説明分にはCree Q5としか記載がありませんでしたが、これは多分XP-EかXP-Gでしょう


NFAF 8


このライトの特徴はヘッド手前のシルバーのベゼルを回す事でフォーカスを
ワイド→スポットへ調整できる事です
回転させるとチキチキと言う子気味好い音がします、回転角は約360°
ただ回しきった所は最スポットではなくややオーバーラン気味になります

小さなボディに中々のギミックがあり楽しめます




それでは屋外照射テスト


NFAF 9
                            Hi


NFAF 10
                           Low


NFAF 11
                         Hi スポット


フォーカスをワイドにした時はLEDLENSERとまではいきませんがフラットで見易い配光

絞ってスポットにした時の配光はお世辞にも綺麗とは言えません、お約束のLED素子の形が
そのまま照射されます。基本はワイド側で使用するライトでしょう

Hiはこの明るさを1時間以上維持しますが、点灯から10分ほどでボディはかなり熱を帯びてきます
1AAのライトを屋外に持ち出して遠方照射をメインにする事は稀でしょうから、屋内での使用などは
部屋の壁が光を反射する事もありLowでも十分だと思います


ちなみに購入したショップを積極的には紹介しませんが、対応はかなり良かったです



スポンサーサイト
2014-05-28 : レビュー(その他のライト) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。