素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

何となく集めてしまうモノ ~フィルムコンパクトの救出~


以前に少し言及しましたが、小生一般の人よりも少し多くカメラと交換レンズを所有しています

頭の中で整理してリスト化してみたところカメラが約50台、レンズが40本程あるようです

カメラはデジタル一眼レフが5台、コンパクトデジカメが11台でそれ以外は全てフィルムカメラ
フィルムカメラはF3、F4、F5にはじまりFE2、FM2、マニアックな所だとF-501なんてのもある
それと二眼レフのヤシカフレックスやオートコード、中判一眼レフのブロニカSQなどが続く


・・・


さて小生は色んなものの収集癖がありますが、カメラもそのひとつ

しかし上記の50台の頭数に入っていないカメラがある

それはコンパクトフィルムカメラです


conpact1.jpg


小生が中学生の頃、写真に興味を持ち始めたのですが、一眼レフなど今ほど一般的ではかった
そこでコンパクトカメラが選択肢になった
1980~90年代、一家に一台はあったあのカメラです
幼少期の写真をこのタイプのカメラで撮ってもらっていた人も多いでしょう

ビューファインダーにレンズシャッターの簡易な造りですがそれでも最低1万円くらいはして
中学生には高い買い物でした
それにフィルムカメラは撮影の度にフィルム代と現像・プリント代が掛かり
中学生が維持するには経済的な負担が大きかった

スマホもカメラ付き携帯電話も普及しておらず、携帯ゲーム機にカメラも搭載されていなかった当時
子供の身分で写真を撮るというのは非常に敷居の高かった時代でした

※「敷居が高い」 ↑ の用途では本来誤用


その後社会人になり自由に出来るお金も増えて余剰とも言える程のカメラを所有するに至った訳ですが
コンパクトカメラを買いたくても変えなかった中学時代の想いからリサイクルショップで
コンパクトカメラを見かけると、使うアテもないのについ購入してしまう


conpact2.jpg


デジカメ時代になって使われなくなったコンパクトカメラが数百円で売りに出されている
10数年前までは1~3万円もしたカメラがですよ?

そして機能的には当時と遜色なく電池とフィルムを装填すれば今でも立派に写真が撮れる


ただコンパクトカメラの収集は単に小生の趣味の他に、人助けならぬ「カメラ助け」の要素も強い
機械としての能力は少しも衰えていないのに、より利便性の高い物に取って代わられた無常さと言うか...
憧れだった存在が社会の隅に追いやられて朽ち果てていくのを黙って見ているのは
心情的に非常に辛いもの

ジャンク品同様の扱いでワゴンに無造作に重ねて販売されており
一時代を築いた功労者に対してこの扱いは悲しく感じてしまう

なのでリサイクルショップで状態の良いフィルムコンパクトを見つけると
今でもついつい「救出」してしまう


コンパクトカメラを購入したからと言ってそれを今でも小生が実戦投入する事はありません
やはり写真を思い通りに撮るという用途においては所有するハイエンド一眼レフの
F3、F4には遥かに及ばない


conpact3.jpg


小生が引き取り、防湿庫の中でせめて穏やかな余生をおくって欲しいのです

フィルムコンパクトの方は台数を数えていませんが、ここで写真に収まっている数の
3~5倍はありそうです


コレクションにしても金額的な価値はほぼ皆無ですし、見る人によっては単なるガラクタでしょうが
フィルムコンパクトカメラには何というか混沌の中でもエネルギッシュだった90年代のエッセンスが
詰まっているようでひとつひとつのデザインの違いを見ているだけでも飽きない
そして其のデザインの一部は初期のデジタルカメラに受け継がれている


スポンサーサイト
2014-07-20 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは、
長崎はすっきりしない天気です-_-;
それにしてもなつかしいカメラですねぇ。我家にもフィルムコンパクトは何台かまだありますが、僕の場合貧乏性なので単に捨てきれないだけなんですけどね^_^;
2014-07-26 13:50 : しんこう URL : 編集
こんにちは しんこうさん

小生も基本アウトドア派なのですが、最近の夏の殺人的な酷暑は
こんな人間でも外出するのを躊躇させます

デジカメの実用一般普及が2000年代初頭とすると、その頃乳幼児だった世代が
そろそろ大人になる年齢なのでフィルムコンパクト自体の存在も知らない
かもしれませんね

写ルンですだけは修学旅行などで使う機会もまだあるかと思いますが


2014-07-27 10:05 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。