素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

タクティカルライトとは?

TacticalLight20140812.jpg


タクティカルライトとは?


以前も同じような題名で記事を書きました

今回は定義の観点から


物事の定義には「広義」と「狭義」があります

例えば「車」の場合ですが


「私は車で通勤しています」


と言った場合、普通は自家用車(自動四輪のマイカー)で通勤するのだと受け取ります
これが狭義です。車=自家乗用車という常識的な暗黙の了解があるからです
しかしバスや電車や自動二輪も「車」には違いありません
自転車も同じです。これが広義の意味での「車」です
さらにイジワルな解釈をするとその範囲は馬車やリヤカーにまで広がるでしょう



タクティカルライトとは?

以前の記事では停電などで仕方なく使用する防災用の懐中電灯と違い
「積極的」に機動する運用思想の違いにあると申し上げました


今回は性能面から考察してみます

タクティカルライトの条件として一般的に以下のものが挙げられます



条件1

レールマウントを介して銃火器に装着できること
一発操作でHiモード点灯が可能
ストロボ点滅モード搭載
テールスイッチ操作でコンバットリングが装着できること
リチウム電池を使用する
軍隊や法執行機関が認める性能を有すこと



条件2

信頼性(強度・耐久)の高い金属ボディであること
複数の点灯モード
一般的(ホムセン)なライトよりも高性能であること


※上記条件は小生が勝手に考えたものです


条件1に適合するのはSUREFIREやストリームライト TLRシリーズなど一部のライトしかない
ウェポンライトと呼ぶことも多いこの括りは「狭義」と言える


条件2まで範囲を広げるとSUNWAYMANやFENIXなど該当製品は多い
小生が当ブログで紹介しているライトは専らこの「広義」の意味でのタクティカルライトになる

またTactical = 戦術の、戦術上の が意味するように防災用途とは一線を画す
特別な任務に特化したライトも含まれてくるかもしれない(極端な遠方照射モデルや防爆ライト等)



10万tの正規空母でなくともその国が主力空母と言えばV/STOL空母でも主力空母になるのと同じで
結局のところ条件1に該当せずとも各社がタクティカルライトと言ってリリースすれば
タクティカルライトの扱いになるのが現状
そう言えばボスポラス海峡を通過するため空母を「重航空巡洋艦」と言い張った国もありましたね



...



そして

Yahoo検索で「タクティカルライト」と入力するとかなり上位に当ブログがヒットするようです

覘いてみてみて


「なんだ、ウェポンライトは無いのか」


とガッカリした方がいたら期待に沿えず申し訳ない


ウェポンライトならばサバゲー関連の方のブログの方が情報量は豊富だと思います
当ブログの場合ホムセンには置いていないタクティカルライト(AAセル高性能ライト)を
防災用途に利用することを推奨しているに過ぎない


そこんトコの趣旨を寛容にご理解頂ければと思う


TacticalLight20140812A.jpg



スポンサーサイト
2014-08-12 : ライトの基礎知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる