素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

御嶽山の噴火


ご存じの通り27日午前11時53分、長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067m)が噴火した


ontake01.jpg
                   中央アルプス宝剣岳よりのぞむ御嶽山


アクセスも比較的良く、割と気軽に登れる3000m峰として小生も何度か登った事がある

火山としては富士山に次ぐ日本第2位の標高を誇り広大な裾野が広がる巨大な山だが
木曽の山岳地帯にあるせいか山好きか地元の人しかその名を知らない事も多い
不遇がちな山でもある
(日本三霊山に数えられることもあるが)


人気のある山であり、しかも噴火が正午前と言うことで山頂付近に居る人も多かったであろう
27日22時点での情報だと30数人が怪我をしており十数人が意識不明で未確認ながら女性一人の
死亡の情報もある
また6人が火山灰に生き埋めの状態で別の場所でも4人が倒れているようだ
山頂付近の山小屋には40名余りが避難していると言う


死傷者が出た状況でこう言う言い回しはどうかとも思うが、山頂付近に推定250名もいて
不幸中の幸いだったのは今回の噴火では溶岩の流出を伴っていない事、
小規模な火砕流が発生したが登山道に沿って流走しなかった事だろう


今回の噴火以前に火山性地震が続いていたようだが、気象庁は噴火警戒レベルは据え置いて
警戒情報のみ出していた(現在は3の入山規制に引き上げられている)
火山性地震だけでは判断が難しく、今回の件では気象庁を責められないだろう


そもそも御嶽山は長らく死火山だと思われていたが、1968年に活動を再開して
1979年には水蒸気爆発を起こし、死火山、休火山、活火山の定義を見直す
きっかけになった火山でもあるのだ
なので御嶽に登山に行こうとするならば、ほとんど予兆がなくいきなり噴火することもある
特性をもった火山だという事を肝に銘じておかなければならない


ontake02.jpg


この写真は2007年に撮影したものですが、その当時でも山頂近くの山肌からは
轟音とともに絶えず噴気が立ち上っていた


2008年頃から桜島の活動も活発になっていて、3.11の前には新燃岳が、
昨年末には小笠原諸島の西之島が噴火し、数年前から富士山の周辺でも
湖の水位が下がったり道路に亀裂が走る等の異常が観測されている
日本列島全体が再び活動期に入ったとも言われている


特に富士山は登る人も多いため、今回のような噴火がいきなり起きれば
被害は甚大なモノになろであろうことは想像に難くない
(宝永火口からも分かる通り山頂からの噴火の可能性は低いが)


御嶽山の噴火は、火山に登るという事について、考えるひとつのきっかけになるかもしれない



スポンサーサイト
2014-09-28 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。