素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ThruNite Ti

ThruNiteより新製品の1AAAライトTiのモニター依頼がありました

Ti 1


このThruNite Tiは単四電池を1本使用する一般的には「キーリングライト」と呼ばれるライトです


Ti 3
ThruNite Ti



Ti3の実質後継機だと思いますが、材質がチタンになっている
価格は2倍近くになっているが、それでも¥3,600程度なのでチタンモデルとしては
安価な部類ではある

でもTiって1年くらい前にThruNiteで良く似た別の単四ライトがあったような気がします

〔追記〕2015/2/3
このTiは外観がほぼ同じでステンレス仕様XP-G2を搭載するTiSを
XP-L チタンモデルにした「Limited Christmas Edition」という位置づけのようだ



・諸元

搭載LED   Cree XP-L V4
明るさ     Firefly 0.5 ルーメン、 Low 12 ルーメン、High 162ルーメン、Strobe 162ルーメン
ランタイム  Firefly 115時間 、Low 6.3時間 、High 0.5時間 、Strob 1時間
重量      16 g(電池除).
防水性能   IPX8
材質      Titanium alloy(TC4) ポリッシュ仕上げ
バッテリー  単四電池×1本 (動作電圧: 0.9-3V)
サイズ    70mm(長さ)×14mm(ヘッド直径)
価格     ¥3,558 通常配送無料 (amazon 2015.2.1時点)




Ti 2


最初開封した時には???となってしまった
なにしろ外箱が「Merry Christmas」と書いてあるギフトボックスだったからです
手元に届いたのは1月中旬だったので、おそらくはクリスマス商戦の在庫品だと
思いますが、3週間遅れで届いたクリスマスプレゼントと言った感じで複雑な気分でした(^^)

ライトそのものはT10Sなどと同じく金属製の上下分割式の箱に収まっている

付属品はキーチェーンリングと予備Oリング、着脱式クリップ、英語の取り扱い説明書です


持った印象は兎も角軽いと言うことに尽きる

これは小生が普段AAセルライト以外に触れる機会があまりないのも影響しているのかもしれないが
電池を装填しない状態だと16gと言う軽さ、これは主材質がチタニウムだからであろう
比べるのがお門違いなのは分かっているが、同時に手元に届いたMINI TN30は
本体重量が384.3gでなのでギャップが凄い


Ti 6


LEDはCREE XP-L V4が載っている
このサイズのライトであれば通常はXP-Gだと思うが最新型の大型のLEDが搭載されている
さらにリフレクターは拡散光を生み出すOPが採用されている

バリバリに遠方照射をする性格のライトではないので大きなLEDとOPリフの
組み合わせは正解だと思う


Ti 7


ボディとヘッドにローレット加工が施されているのでグリップは問題ない
ローレットの上にポリッシュの仕上げ面が確認できる


Ti 4


テール部にはキーチェーン装着用の孔がある
勿論付属のキーチェーン用の孔なのですが、出来れば通常のストラップも楽に装着できるように
もう少し径を大きくしてもらいたいと思う


Ti 5


皆が皆付属のチェーンを通してキーリングライトとして使う訳ではないと思いますので。
小生は爪楊枝を使ってなんとか通常のストラップを装着することが出来た


Ti 8


電池の装填は、ヘッドを外して単四電池1本を装填する


Ti 9


ネジ山の精度は上出来です
締め込みもストレスなくスムーズ



・操作

ヘッド部を締め込むと点灯し、緩めると消灯します

2秒以内のヘッドを緩める、締めるの操作で明るさ切り替え Firefly→Low→Hi
消灯後2-10秒以内なら消灯時の明るさで再点灯できる
消灯後10秒を経過するとFireflyからの点灯になります

点灯時にヘッドの締め込み操作を6回繰り返すとストロボ(120Lm、13Hz)に移行します






照射テストです


注) 個々のモニタ環境により見え方に違いがでる場合があります


Ti 11
Hi 162ルーメン




壁に向け照射 距離約1m


Ti 12
Firefly 0.5ルーメン



Ti 14
Low 12ルーメン



Ti 15
Hi 162ルーメン



小生個人的にはこの明るであれば一発点灯は常にLowが良かったと感じます
それかFireflyを1か2ルーメンの明るさにして欲しかった
それ程Lowの明るさが実用的で、何に使うにもFireflyはやや暗い


Ti 17
Firefly 0.5ルーメン



Hi162ルーメンは1AAAライトとしては充分過ぎるほどの明るさです
元々1AAAライトは100ルーメン以上を常用するようなライトではないですが
これくらいの明るさがあれば日常生活でアクシデントがあっても一時的ではありますが
心強いでしょう


一応ヘッドのツイスト操作は片手でもできますが、かなりやり辛く即射性も低い
基本はやはり両手操作になるでしょう
それもヘッドをツイストするよりもヘッドを固定してボディの方を動かした方が
遥かにやり易いし光軸のブレも少ない





Highモード 162ルーメンでのランタイムテストです

1.2V min.750mAh eneloop ほぼ新品を満充電で実施  距離1m 初期電圧1.47V


Ti 16


スペック通り開始から30分までほぼHighと言って良い程度の照度を維持する
33分を過ぎたあたりからみるみる減光していき、37分を過ぎるとかなり
暗くなるのを実感します
45分を過ぎるとまったく実用にならない程度の、まさにFirefly(蛍の光)の明るさに落ち
52分で完全に消灯しました

ちなみに消灯時の電圧は0.88Vでした

ランタイムがスペック通りのライトにはここ最近出会ってなかったのですこし驚きです



チタン材質という事で電池を装填してもあまり重さを意識することがないくらいに軽量で
まさにキーリングライトとして最適だと思います

ただ小生の場合は単三電池の使用に固執している事もあり積極的に運用することは
なさそうですが...

明るさも充分なので一般のセルの種類にこだわりが無い人には
是非EDCにオススメしたいライトではある


Ti 10


スポンサーサイト
2015-02-02 : ThruNite : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは、しんこうです!
ご無沙汰してマス
最近少々ショックなことがありまして、我家にもeneloopを十数本所有していますが、うち2本の下部に茶色のシミが出てきて、液漏れではないかと。長期間使用するeneloopは液漏れしないような処置が施されていると勝手に思い込んでいましたが、違うんでしょうかね。それとも保管方法に問題があったのか?
XTAR UL1の記事も興味深く拝見させて頂きました。最近スマホ用のバッテリーを所有する人が多くなって(僕もそう)、こういう製品もでるんだなぁと。もしかしたら、パソコン以外でもUSBが標準インターフェースになるのではないかと考えた次第です。
それでは、
2015-02-08 14:49 : しんこう URL : 編集
しんこう殿 お久しぶりです

eneloopの液漏れの件ですが、小生も2年ほど前に1度だけ経験が御座います
一般には液漏れしにくいと言われるニッケル水素充電池も内部では電解液が
使われていて、液漏れする原因も内部圧力を逃がすために弁が開放されるもので
実はアルカリ電池とほぼ同じ理屈のようなのです


宜しければ以下のPanasonicのページをご参考までにご覧になって下さい

http://csknowledge.panasonic.co.jp/app/answers/detail/a_id/23004/session/L2F2LzEvdGltZS8xNDIzMzkwMjI2L3NpZC8xTEI1VHRlbQ%3D%3D









2015-02-08 19:25 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
No title
しんこうです。
頂いたリンクのパナソニックのサイトによると、どうやら長期間の放置が影響した可能性があるようです。時々使用するようにしないといけないようですね、ありがとうございました。
2015-02-11 16:51 : しんこう URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。