素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

また買ってしまった

また買ってしまった...

と言ってもフラッシュライトではなくカメラの話です


小生カメラに関しては二眼レフのミノルタ オートコードからNikon F3、F4、ニコマート ELに
中判6×6ブロニカ、デジタルではコンデジから一眼レフまで全方位外交をしています

比較的新しいジャンルのミラーレス機も例外ではなく、2014年末の時点で3台の
ミラーレス一眼を所有していました

MFS 11


左からOLYMPUS PEN E-P1、Panasonic LUMIX DMC-GH2、Panasonic LUMIX DMC-G1


G1は2008年に登場したマイクロフォーサーズ規格の初号機で、その2年後くらいに中古で
購入しました。たしか1万5千円くらいだったかな?ただし購入したのはカメラボディだけ

なぜかと言うとアダプタを介してNikonの古いMFレンズを装着して遊ぶのが
目的だったからです

MFS 2


こんな感じ


PEN E-P1は2012年頃にオークションで購入。こちらも1万5千円くらいで落札したと記憶する

E-P1は兎に角「PEN」という名を冠したカメラが登場した事が単純に嬉しかったが
発売当初はそれなりに高額で、小生にとって新品では手が出せなかったのですが
3年後くらいにたまたまオークションを覘いてみたら何とか用意できる金額で
即決価格が設定してあったので落札しました
日常使っていたコンデジの画質が一眼レフに近づくのを期待しての購入でしたが
レンズを含めるとやはりそれなりのサイズになり結局持ち歩くのを止めてしまった


ちなみに製品サイクルが早いマイクロフォーサーズはカメラボディの中古価格が
新品に比較して異常に安い
2年もすれば安いコンデジと同じような価格で購入できる
いや新品でさえ在庫処分なのかつい最近も楽天のとあるショップでは
LUMIX DMC-G5W-S ダブルレンズキットの新品が2万円台で販売されていて驚いた


真ん中のGH2は2014年の夏くらいに購入
小生スチルがメインですが、稀にコンデジで記録動画を撮影することがあった
しかしコンデジの動画機能は満足のいく画質ではなかったので
GH2でのハイビジョン動画撮影のために購入
すでに4年落ちだったがボディの購入価格は3万円くらいとやや高値だった


ただカメラを何台も(本当は何百台)持っていても、使う人間は一人なので
結局は使うカメラは限られてくる
マイクロフォーサーズ機で言えばGH2以外は防湿庫の肥しと化している



そして2015年


あるカメラのオークションにて、終了1時間前くらいで当然高値更新されるくらいの金額を
遊びで入札したら、小生の入札額を最後まで上回る者が現れずに
落札してしまった

(誤って)落札したのはPanasonic LUMIX DMC-GX7

MFS 3
                       Panasonic LUMIX DMC-GX7


落札価格は34000円くらいでしたが、消費税や送料、Yahooかんたん決済の手数料などを
含めると最終的な負担金は4万円近くになってしまった


しかし落札してしまったものは仕方がない

手元に届いたGX7は何とか用途を見出して稼動させねば金を捨てた事になるので
数日考えた末にコンデジの代わりに普段持ち歩く事にしました

しかしGX7に装着するレンズを持っていない
唯一所有しているPanasonicレンズの14-140mm F4.0-5.8は高倍率ズームで
サイズ的に普段持ち歩くには辛い

という事でGX7に常用することを目的として
Panasonic 14-42mm F3.5-5.6 電動ズーム搭載レンズを新品で購入しました(20,300円)

MFS 4

MFS 5


このレンズはパンケーキタイプでコンパクトなマイクロフォーサーズ機に最適な
レンズなのですが、レンズキャップのデザインがダサイと評判のレンズです

コンデジの代わりとして普段使いのレスポンスを向上させるために
同時にパナソニック GXレンズ 対応 オートレンズキャップ Z-CAPも購入
(2,400円くらい)

MFS 8


このキャップは社外品ですが、レンズに装着するとコンデジのように電源に連動して
自動開閉するのでレンズキャップをを外す手間や紛失の心配から解放され
俄然撮影フットワークが良くなる(ハズ)

MFS 9


左が電源OFF 右がONにした状態


MFS 6


あらためてGX7を見てみると各部の質感も高く写欲の湧くデザインです


MFS 7


背面液晶がバリアングルではないがファインダーがチルトするので
撮影の幅も広がるかと思う (背面液晶もチルトは可能)

しかし4万円のカメラの元を取るためにすでに2万円も追加投入している
これから撮りまくって減価償却できるかは小生のヤル気次第です



...


それと銀塩カメラの時代には無かった悩みとして
デジタルカメラは台数が増えるごとにあるものも同時に増えてくる

それはカメラの電源であるリチウムイオン充電池の充電器です


MFS 10


きっとカメラを何台も持っている人は同じく頭を悩ませていると推測する

兎に角この充電器の整理が悪いとどれか一つを使いたくても
芋づる式に色んな充電器が引っ掛かって持ち上がり収拾がつかなくなる

充電器はこれ以外にもガラケーの充電用ACアダプタや電動シェーバーの充電スタンドに
eneloopや18650リチウム充電池等のチャージャーもあるから、もう部屋中充電器だらけの状態


何とかならんのかな?


ならんだろうなぁ


スポンサーサイト
2015-03-01 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる