素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

ThruNite Ti4

ThruNiteのペンライトTi4はこれまでのペンライトの常識を覆す
252ルーメンの明るさを実現しています

Ti4 1


ペンライトとはつまりペンタイプのフラッシュライトの事で
オフィスのOA担当が調子の悪くなったデスクトップPCの本体を
開けて内部の状況を確認したり、机の下やちょっとした隙間に
落ちてしまったものを確認するために、胸ポケットからサッと
取り出して使用する、そんな用途が思い浮かびます

明るさも10~50ルーメンくらいが主流だったので
その性格上、屋外であまりアクティブに使うジャンルのライトでは
なかったと思います

しかしこのThruNite Ti4はMAX252ルーメンの明るさを誇り
2AAライトのHiモードに引けを取らない照射能力だ


ライバルはSTREAMLIGHT スタイラスプロやGENTOS Floox Neoに
なると思われますが、スタイラスは65ルーメン(6h)で3500~4000円、
Floox Neoは90ルーメン(10h)で2000円弱となり、単純な明るさで言えば
Ti4の圧勝です (Flooxはeneloopを使用すると暗くなるようです)

Ti4の価格はスタイラスとほぼ同じなので、特段ブランドにこだわりが無ければ
Ti4を選ばない理由が見当たらない



・諸元
搭載LED   Cree XP-G2
明るさ    Firefly:0.3ルーメン、Low:24ルーメン、High:252ルーメン、 Strobe252ルーメン
ランタイム  Firefly:137時間、Low:12時間、High:51分、Strobe:90分
動作電圧  0.9-3 V
使用電池   2本x単四電池
防水性能  IPX-8
重量     22.3 g (電池除)
ザイズ    132.9 x 14.2 mm
付属品    予備oリング×2、説明書
照射距離   67 m




Ti4 3


テール部のプッシュSWでON、OFFと明るさの調整を行います
押し込んで点灯、消灯
半押しでFirefly→Low→High→Firefly→Low→High→ストロボ→Firefly...
の順でサイクルします

至近距離で使うことの多いペンライトだから、消灯後10秒を経過すると
明るさのメモリー機能がキャンセルされ、常にFireflyからなのは
非常に理にかなっていると思う。いきなりHi照射されて目が眩むことがない

ちなみに点灯中にヘッドの緩-締でも明るさの切り替えが出来ますけど、
回転させるストロークが大きいのであまり実用的ではないと思う
テールSWが壊れた時の非常用にはなるかもしれませんが

ヘッドを緩めておくとロックアウト出来、誤点灯を防止できます


Ti4 4


LEDは小型のCree XP-G2

小型のLEDと径の小さなリフですが、広角な配光を実現しています(後述)


Ti4 5


電池はヘッドを部分を外して先端のほうから装填します

eneloopなどのニッケル水素充電池が公式に使えるようです




照射テストです



Ti4 Firefly1

Firefly


Ti4 Low1

Low


Ti4 Hi1

High





Ti4 Firefly2

Firefly


Ti4 Low2

Low


Ti4 Hi2

High





Ti4 Firefly3

Firefly


Ti4 Low3

Low


Ti4 Hi3

High



前述しましたが、あくまでペンライトとして使うのなら、点灯が基本的にFireflyスタート
なので、近距離で使い易くなっていると思います
反面屋外使用だと必要な明るさまでもっていくのに少々もどかしい

Low24ルーメンがペンライト本来の明るさという感じです
ランタイムも10hと実用的
広角な配光で使い易い

High252ルーメンは2AAAのペンライトとしては規格外の明るさと言える
2AAライトのHighモードと比べても遜色のない明るさ
ただカタログスペックほどランタイムと明るさは維持できないはず

そもそもペンライトを屋外に持ち出して200ルーメン以上の明るさを出力させる
ような使い方は、最初の時点でライトの選定を間違っていると言える

あくまで非常用の位置づけでしょう


通常のペンライトのサイズの中に使い易い明るさと非常用の超絶性能を
内包するTi4は、ペンケースにひとつ入れておくともしもの時も安心できると思います


「もしもの時? っていつだよ?」


と言う反論がお決まりのように返ってくるのですが、ピンからキリまで考えられる
強固なライフラインが整備されている日本においてさえ、落雷やクレーンの事故で
局地的に停電する事はまま有ることであり、鉄道がトンネルの中で止まってしまい
暗闇の中を徒歩で避難を強いられることも1度や2度ではない

思考停止にならないで普段から最低限の備えをしておきたい

Ti4 2

スポンサーサイト
2015-06-21 : ThruNite : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる