素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

LUMINTOP TD16

LUMINTOP(ルミントップ)よりフラッシュライトのモニターを受けまして
タクティカル色の強いTD16をレビューしたいと思います

TD16 01
LUMINTOP TD16 CW



かなり攻撃的な外観をしていますね
まさにタクティカルライトと言った感じです




・諸元
TD16 runtime





TD16 02


ヘッドにはこの手のライトのお決まりである放熱フィンが幾重にも刻まれている
特徴の一つはヘッド横のサイドスイッチでしょう
明るさ切替専用のこのサイドスイッチがある為に、テールでどんな操作をしようと
光の強さが変わる事はない


TD16 03


テール部分もステンレスのアクセントでデザインが引き締まっている


TD16 05


標準装備のクリップは回転せず、使用するならこの位置でしか装着できない
クリップ自体はテールを緩めてコンバットリングをズラすと取り外す事ができます

リングはゴム製でアンチロール性能を考慮した形状になっていますね


TD16 04


タクティカルライトらしくコンバットリングを利用して「注射器持ち」での運用が可能

※LUMINTOPではタクティカルリングと呼んでいる


TD16 06


搭載LEDはCREE XM-L2 T6

最新ではありませんが、数年前より各社のハイルーメンライトに搭載されている
安定の高性能LEDです

日本で販売されているか分かりませんが、TD16にはMAX920ルーメンと
若干値は落ちますがXP-Lを載せたモデルもあるよう
ルーメン値は劣りますが、XP-Lモデルの方が遠方照射が得意なようです


TD16 07


基本パーツはヘッド、ボディ、テールから成る


TD16 08


ヘッド側、テール側ともにネジ山まで綺麗にコーティングされており
どちらを緩めてもロックアウトが可能です


TD16 09


KEEPPOWER 18650 2600mAh 3.7Vを装填した状態
電池室のサイズには十分な余裕があります
ちなみにThruNiteの3200mAh 18650は余裕でした、参考までに



・操作方法

テールスイッチのプッシュでON/OFF
半押しでの間欠点灯が可能

ヘッド横のサイドスイッチで明るさ切替

点灯中のサイドスイッチ長押しで高速、中速、低速のストロボモードに移行します
ストロボの速度変更はサイドスイッチ短押し、常時点灯モードへ戻るには
再びサイドスイッチの長押し

メモリー機能が搭載されており、消灯時の明るさで再点灯します
ちなみにストロボ機能もメモリーされます





照射テスト


TD16 10
High



TD16 11
Mid



TD16 12
Low





TD16 13
High



TD16 14
Mid



TD16 15
Low




TD16 16
Low 近接照射




タクティカルライトなので、やはり強めの中心光が発生します
よく飛んでいますね

Midが220ルーメンと2AAライトのHi並みの光量ですから屋外の常用も
大抵はMidで事足りるでしょう

Low35ルーメンは近接用途で使いやすい明るさです
一般的な家庭用懐中電灯の明るさがこのTD16のLowくらいで室内で
使用するぶんには十分な照射能力




前述したように明るさの変更はサイドスイッチで独立して行うので
使用中に不意に別のモードで点灯するといったような事が極めて少ない
メモリー機能も搭載されているので、いつも決まった明るさで使用する
人向けのライトですね

使用する18650リチウムイオン充電池は保護回路つきの信頼できるメーカーの
ものを使用するようにしましょう


TD16 18




興味がある方は↓ 

Amazon



スポンサーサイト
2016-04-16 : LUMINTOP : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる