素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

LUMINTOP SD4A

LUMINTOP(ルミントップ)よりライトの提供を受け届いたSD4A

SD4A 01
LUMINTOP SD4A



単三電池4本か単一を1本で使用できるこのSD4Aは実質SD10の後継でしょう


SD4A 09



SD4A 02


左からLUMINTOP SD4A、同SD10、大きさ比較の185g缶コーヒー


SD4A 03


3AAのSD10(後期型は4AA)より全長が8.3mm短くなっていますが
実数以上にコンパクトになった印象です

4AAサイズは2AAのようにボディが細くないので常時手に持って機動するのに
丁度良いサイズですね
ただ手の小さい女性にはややグリップし辛かったり重量がネックになる場合が
あるかもしれません


SD4A 04


SD10と大きく違うのは操作がデュアルスイッチになりON/OFFと明るさ切替が
別のスイッチで行うことができるようになった事です


SD4A 05


それとランヤードストラップ用の孔がテール部から本体中央部に移動しています

ん~ 小生はどちらかと言うとストラップはテール側に装着したい派なんですが
ポケットからストラップを持って取り出す際に、本体中央に孔があるタイプは
引っかかるんですよね
まぁ個人の好み次第ではありますが


SD4A 06


リフレクターはスムース

光源は最新のCREE XP-L HI白色LEDが搭載されています
このXP-L Hiの特性か、SD4Aはスポット配光にさらに磨きがかかったように感じます


SD4A 07


搭載LEDのXP-L High Intensityを拡大

SD4AにはXM-L2仕様のものもあり、そちらはMAX1000ルーメンと微妙に明るい


SD4A 08


電池は単一電池と単三電池の2種類が使用できます
1D(単一1本)ならそのまま挿入、4AA(単三4本)での使用は
付属のカートリッジに電池を装填します
カートリッジのバネがある側に単三のマイナス側を合わせて
ハメこみますが、カートリッジ自体に向きは無いようですので
方向は気にせず本体に格納できます

公式にeneloopなどのニッケル水素充電池が使用可能です



・操作

電源スイッチを押すとON、点灯状態で再度押すと消灯します
モードスイッチ(M)を押すごとにLow-Mid-High-Turboでサイクルします
消灯時の明るさで次回再点灯するメモリー機能があります

消灯状態で電源スイッチを長押しするとLowより暗い微光モードが使用できる

消灯中に(M)長押しでストロボ
点灯中に(M)長押しでAviation Signal
Aviation Signal状態で電源スイッチ長押しでSOSモード

ON状態で2つのスイッチを同時に2秒以上長押しすると5回点滅して操作ロックアウトになります
再度2つのスイッチを2秒長押しでロック解除です

ちなみにボディを緩めることでもロックアウトが可能です





照射テスト

eneloop 4AAで実施


SD4A 10
Low



SD4A 11
Mid



SD4A 12
High



SD4A 13
Turbo






SD4A 14
Low



SD4A 15
Mid



SD4A 16
High



SD4A 17
Turbo



屋内ではLowでも十分な光量
屋外でもMidで大抵は事足りる

特にHighとTurboの違いは微々たるもので、よほど遠方を照射しない限り
違いは感じられない



SD4A 18
Low 近接照射



中心光がスポット過ぎてこの距離でははっきり言って使い難い
基本身の回りのものを照射する用途のライトとは考えない方がいいでしょう

6Vの大電圧によりリチウム電池ライトに負けない超絶な屋外照射を楽しむ
それが4AAライトの醍醐味ってものでしょう

1000ルーメンの変態ライトなので、外での使用の際は
近所迷惑にならないようにしましょうね



興味がある方は↓

Amazon


スポンサーサイト
2016-04-29 : LUMINTOP : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる