素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

MANKER T01

縁あってMANKER T01という1AAライト(単三電池1本)のモニターをする事になりました

特筆すべき性能は、Ni-MH(ニッケル水素充電池)で500ルーメン、
14500型リチウムイオン充電池だと900ルーメンもの光束を発揮する点です

T01 01
MANKER T01



AAの単セルでもついに500ルーメンの時代になりましたね
これでもう3Vリチウム電池にデカい顔はさせませんヽ(^o^)v


T01 12



外観は、通常の1AAライトのスタイルとは全く違うデザイン
ヘッドは大きく、ボディはスリムな頭でっかちな印象です


T01 02


もしこれで2AAだったなら貫通型のホルダーに収まりが良さそうですが...


T01 03B


頭でっかちなんですが、順手で保持した時には中指を段差部分に
回り込ませる形になり意外と掌中でしっくりきます


T01 06


MAX500ルーメンですからヘッドには放熱フィンが刻まれています


T01 04


付属のクリップは肉厚で頑丈です
頑丈すぎてコレに何かを挟むのに逆に苦労しそうです

クリップは簡単に外せますが
ランヤードストラップ装着用の孔はありません


T01 10


LEDはCREE XP-L HIでスムースリフとの組み合わせ
最近XP-Lが増えてきましたね


T01 07


ボディの奥まったデザインの所に安全適合のCEマークなんかがプリントされてますが
面白いのは電池の装填方向も記載されています
色んな種類のライトに慣れている人からするとヘッドの方に電池の+をもってくるのは
ほとんど「常識」みたいなものですが、初心者にとってはあれば助かる情報ですね


T01 05


操作系はサイドスイッチだけなので、テールには何もありません

なのでヘッドを上にしても安定して自立します

T01 09



T01 11


ヘッドは外れず、テールだけが分離します
ここから電池を装填しますが、前述のクリップがテールの回転操作をするのに
指に当たるので、電池を頻繁に出し入れする人はクリップは取っておいた方が
ストレスなく電池を装填できます

ちなみにテールを少し緩めるだけでロックアウトが可能で誤点灯を防止できます



・操作

サイドスイッチの長押しでON/OFF
クリックする毎にLow→Medium→High→Turboと調光します
点灯状態でスイッチをWクリックするとStrobe→SOS→beaconへ移行し
再度Wクリックで常時点灯に戻ります
ひとつ注意するのは常時点灯で明るさを変更する時にあまり早くスイッチを押して
調光しようとすると当然ですがストロボに移行するので、落ち着いて操作しましょう

メモリー機能はありますが、どうやらLowだけはメモリーしてくれません
ただ裏操作になるかと思いますが、Lowがメモリしない替わり?に消灯状態からの
スイッチ早押しでLow点灯するようです
しかしこの機能は動作がやや不安定で5回に1回は点灯してくれないので
オマケ機能と思っておいた方が良いでしょう


あとちょっと分かり難いですが、ジェネラルモードとスペシャルモードと言うのが
選択できるようになっていて、スペシャルモードではLow、Med、Hi、Turboのそれぞれ
3つの明るさから選択できるようになってます
モードの切り替えは消灯時からスイッチを10秒長押し(小生の個体は5秒だった)すると
2回点滅しますのでそれでモード切替完了です
その後点灯させWクリックでストロボへ移行してそのままクリックしていくと
3つの明るさが繰り返し切り替わっていくのでLow、Med、Hi、Turboのそれぞれ
好みの明るさでクリックしていくとその明るさが設定されます

ただスペシャルモードで設定した明るさは通常のジェネラルモードにも引き継がれるようなので
あえてモードを2つ用意する必要性があったのかは疑問が残るところです





照射テスト



T01 Low1
Low



T01 Med1
Medium



T01 Hi1
High



T01 Turbo1
Turbo





T01 Low2
Low



T01 Med2
Medium



T01 Hi2
High



T01 Turbo2
Turbo



Low、Medium、High、Turboそれぞれスペシャルモードで一番暗い明るさに設定して実施

Medが通常のホムセン1AAライト程度の明るさでしょう、自宅室内であればこれで
何をするにも十分な明るさです
Highになると屋外でも頼もしい明るさ、TurboではSUREFIREなどリチウムライトに
負けない照射性能で、ある程度遠方照射もできます


肝心の「本当に500ルーメンあるの?」って疑問ですが
手元にある400ルーメンのSUREFIRE G2X LEと比較するとほぼ同等レベルで
メーカー公証550ルーメンのバルブを組み込んだSOLARFORCE L2Tよりは
若干暗い感じですので実際は390~460ルーメンくらいかなと
それでも1AAとしては必要充分すぎる、超絶性能です


実際Turboでのランタイムはそれほど持続はしないでしょうが
一時的でもリチウム電池なみの照度を発揮できるというのは
それだけで価値がある
例えるならば国産の軽自動車でも1分間限定でF1カーなみのスピードが出せるようなものか
その対価として燃料タンクがほぼ空状態になる訳ですが...

今まで1AAライトと言えばホムセンではGENTOS パトリオ6、
高性能ライトではFENIX LD12やLEDLENSER P5.2などがメジャー
だった訳ですが、MANKER T01はその牙城を崩してEDCライトの
新たなスタンダートと成り得るだろうか?

個人的にはMANKER T01は魅力的なライトだと思いますが
万人に受け入れられるためにはもう少し操作系を簡素化した方が
良いかもしれないと考えます


それにしても1AAで500ルーメンとは凄い時代に突入しました
LEDライトはどこまで高性能になるんでしょうか



スポンサーサイト
2016-05-21 : MANKER : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。