素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

LUMINTOP SD75

LUMINTOPよりSD75の提供を受けて本記事を書いていますが
SD75は以前より気になっていたライトでした

SD75 20
LUMINTOP SD75


チェリーコークとDr.ペッパーに大きな意味はありません
SD75との大きさ比較です(355mlと350ml)


色んな理由でいつの間にか小生の周辺にもリチウムイオン充電池を
使うライトが増えてきましたが、単三電池のフラッシュライトと違い
18650などの充電池は基本的に他に流用して使用する事は出来ない
(厳密に言えばノートPCのバッテリーなどは18650が使用されていますが)

せっかくの大電流を利用できないものかとずっと考えていました


SD75 03


モバイルバッテリーにはライト機能がついているものが結構あるのに
フラッシュライトの方には給電機能があるものはこれまでほとんど
有りませんでしたが、このLUMINTOP SD75はUSB端子を介して
他の機器に給電することが出来るのが大きな特徴です

つまり明かりが欲しい時はライトとして、携帯やスマホに充電したい時は
モバイルバッテリーとして機能します
緊急の度合に応じてどちらを優先させるかをユーザーが選択できる訳です
充電できる電力量やライトとしてのランタイムは本体に装填する
18650リチウムイオン充電池の性能によります


SD75 02


SD75はアルミケースに収納されて手元に届きます
ただ家庭用100Vコンセントに挿して充電するACアダプタはPSE認証が
取れないみたいでこのタイミングではセットから外されていました...残念
なので現段階では毎回ライト本体から充電池を外して充電する手間が発生します


SD75 18


SD75 04


左からミニマグ2AA、LUMINTOP SD4A、FENIX TK45、LUMINTOP SD75

8AAの超変態ライトFENIX TK45よりひと回り以上大きい超ヘビー級ライトです


SD75 05


大きなOPリフにCREE XHP70が鎮座します

SD75がSUNWAYMAN T60CSやThruNite MINI TN30など
他のモンスター級ライトと違うのは多灯LEDではなくXHP70という
大型のLED1灯で4000ルーメンを発揮するところです


SD75 06


テール部のキャップには窓があり電池残量インジケーターが
確認できるようになっている


SD75 07


キャップを外すと電池残量インジケーターに1A、2AそれぞれのUSB端子、
それに給電開始スイッチがあります


SD75 08


ヘッドのくびれの所には頭にランヤード孔があるボルトが装着されていて
外すとネジ山1/4インチ(径6mm)が切ってあり、これは共通規格なので
多くの三脚に装着できるものです

しかしこの穴の中心から10mmの所からヘッドの放熱フィンが立ち上がっていて
干渉するので事実上どんなカメラ用の三脚雲台も装着することができません
1/4オスメス変換アダプタなどを介して嵩上げしてやらないとダメです


SD75 09
1/4オスメス変換アダプタ



SD75 10


三脚に装着するとこんな感じです
屋外照射テストもこの穴を利用して三脚に載せて実施しました


SD75 11


ちなみにこの穴を利用すれば工夫次第でハンドルをつける事も可能
長時間移動しながらの使用が楽になります


SD75 12


基本的な部材はヘッドとボディ、その中のバッテリーキャリアで構成されます


充電池は同一モデルの新旧を混同させないことが鉄則なので
今回SD75に合わせて別途新しく調達しました


SD75 13
KEEPPOWER 18650 3500mAh 保護回路つき



SD75 14


バッテリーキャリアとの相性(長さ方向)はバッチリでした


SD75 19


手に持った感じは想像通り重量級です
太くて指が回りません

ハンドライトとしてではなく三脚を利用して広範囲を照らし続けるとか
「照明」としての用途が合っているよな気がします
手に持って使うなら落下防止のランヤードは必須ですね


SD75 15


操作方法はサイドスイッチ長押しでON/OFF
スイッチ短押しで明るさ変更
点灯状態でWクリックでストロボへ移行
非常にシンプルな操作系ですね


SD75 16


モバイルバッテリーとしての機能ですが、小生のガラケーは問題なく充電してくれました
3500mAhの18650が4本なのでスマホでも2~3回分フル充電できると思います


SD75 17


USBライトが付属しているので、災害時はこれを用いて電池の消費を
最低限にして耐え凌ぐ事も出来るでしょう
(USBライトの消費電力がどの程度なのかは調べてませんが)



写真が多くなってきたので屋外照射は別の記事で


LUMINTOP SD75 屋外照射テスト → クリック (別ウィンドウで開きます)


スポンサーサイト
2016-07-02 : LUMINTOP : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

SD75が提供してもらえるなんて羨ましいです。
Amazonを見ると、在庫切れなのかは分かりませんが取り扱っていないみたいです。LED1つで4000ルーメンとなると発熱が凄そうですが、触れないくらいに熱くなるものですか?
2016-07-26 22:52 : つくし URL : 編集
Re: Re: Re: タイトルなし
こんにちは つくしさん

正規品のSD75はamazonでは一時的に品切れのようですね
元々あまり数が出るライトじゃないので在庫も少なかったんでしょうね
まだ新しいライトなので気長に待てばその内入荷すると思いますが

Hiで連続点灯させると5分くらいで放熱フィン辺りが暖かくなってきますが
素手で触れない程ではないですね。体感で41、42℃くらいでしょうか
2016-07-27 00:49 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。