素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SOLARFORCE P1

ちょっと前の事ですが車載用で緊急時に見つけ易い
視認性が高いライトを探していていました
(ちなみに6本ものライトが既に車載されているのだが...)

Solarforce P1 01


外観が黄色の目立つライトとしては小生すでにFENIX TK20、プロポリMAX 4AA、
BAYCO NIGHTSTICK を所有していますが、TK20はボディがゴムで
覆われており高温になる車内では劣化が心配。プロポリは4AAで
緊急用にはちとセルの数が多過ぎるし、NIGHTSTICKも3AAで
中途半端なセル数
なにより根が貧乏性なので防爆ライトを車内に放置するのは
もったいない気がする

ナックルヘッドやタジマペタも所有してますが
そもそもハンドライトでないので除外

SUREFIRE G2Xのイエローも考えましたが1万円近くするので却下
最終的にSolarforce P1のイエローに落ち着きました


Solarforce P1 02
SOLARFORCE P1



ボディは強化グラスファイバー樹脂製
ストラップ孔はどこにもありません

P1は4年くらい前からその存在は知っていました、SolarforceのHPを見てみると
普通に現役選手として掲載されており、かなりのロングセラーです


Solarforceなので本体のみで3000円くらい、LEDは別売りです
まぁ色々なボディやモジュール、各種アクセサリーを組み合わせる
事ができるのがSolarforceの良い所なんですが


Solarforce P1 03


モジュールはP60互換 LC-XML U2 3MODE 2.7-9Vを組み合わせました

メーカー公証550ルーメンのLEDです


P1はCR123A×2本と18650の両方を使用する事が出来、3Vのリチウム乾電池を
装填する場合は付属のチューブで外径の隙詰めを行う
今回9Vまで対応するモジュールを組み込んだので16340×2本での運用も可能です




一応P1+CREE XM-L 550ルーメンの照射テストです



Solarforce P1 04
High


Solarforce P1 05
Mid


Solarforce P1 06
Low




Solarforce P1 07
Low 近接



グリップした感触はあまり使い易いとは言えない感じです
でもEDCするつもりは無いので特に問題は無し

それよりテールスイッチの反応がやや不安定なのが気になりました
個体差かもしれませんが、ONの状態から再度SWを押してもOFFに
ならない事が数度あってテールの内部を全て分解清掃したら改善しました


車載するライトでリチウム電池を使用するのは
SUREFIRE 6PX PROに続きこれで2本目
他はすべてAAライトです

結局どれだけ信頼性があるライトでも緊急時に絶対に点いてくれると言う
保障はどこにもないので、電池に多様性を持たせたり数を増やす事で
その確率を上げるしか最終的には手段がないように思う

小生のメインは単三電池のライトで普段はニッケル水素充電池とアルカリ乾電池を
使用しながら消費と備蓄を繰り返し、緊急時に備え単三リチウム乾電池がそれをバックアップ
していますが、それでも対応しきれないケースが来る事を考えCR123Aリチウム電池の
ライトで補完する体制になっています


つまりバックアップのそのまたバックアップという位置づけです

スポンサーサイト
2016-07-26 : SOLARFORCE : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

はじめましてこんにちは。
けっこう読ませて頂いてますがコメントは初です。
少し教えて欲しいのですがタクティカルライトでhi-mid-low-点滅と切り替えタイプのライトはhiのみに改造することは可能でしょうか?
ちなみに私は大した技術も知識もありません^^;
ハンダごてなどはあります。
宜しくお願いします。
2016-07-29 21:39 : おざり URL : 編集
Re: タイトルなし
おざり 様 こんにちは


Hi、Mid、Low切り替え式ライトの明るさの固定ですが
小生も数年前に同じ事を考えて廉価なライトを幾本か分解用に
購入してダイレクトドライブさせたりしましたが、乾電池が液漏れ
したり動作が不安定だったりでその内に情熱も失われました

ご存じだとは思いますが、明るさの切替は基盤のICで制御されていて
テールSWをタップ操作で遮断したりする事で明るさ切替の信号となるので
この制御をキャンセルしないとダメです
なので基盤ごと載せ替える必要があります。秋月電子などで部品を別途
購入して組み上げることになるでしょうが、明るさの制御とはつまり
ドライブする電流の大きさなので改造しようとするライトのHiモードが
どれだけの電流なのかをまず把握する必要がありそれに合った基盤に
する訳ですが、電流が少ないとMid固定になってしまうでしょうし、
大きすぎるとLEDそのもののドライブ電流を越えてしまい最悪は
LEDが損傷するでしょう(LEDだけで済めば良いですが...)
1AAなら昇圧回路も必要ですね
LEDの種類が分かってるならCREEなどはメーカーにデータシートが
あるのでそれを参考にできます

サイドスイッチで切り替えるタイプのは、分解した事が無いです
この手の改造は一度も成功した事が無いので、詳しいアドバイスは
出来そうにありません
お力になれずスミマセン

2016-07-30 00:20 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
素敵なライトを沢山お持ちですね!
ところで日本とアメリカ製の部品を使ってカナダで生産されているArmytekというメーカーはご存知でしょうか?
品質も高く値段も安く耐衝撃・耐水性能は他社の追随を許しません、かつ故障時にも使えるように予備回路が付いています、個人的に使用していてとても気に入っているのでもし宜しければ使ってみて下さい、Dobermann Proというモデルがおすすめです。
2016-08-02 07:08 : 秋葉 URL : 編集
Re: タイトルなし
秋葉様 こんにちは

Armytekは存じ上げていますよ
Partner A2やアングルライトのTiara A1が以前一時的に
amazonのカートに入れていました
Tiara A1は蜂の巣みたいな風防が特徴的でしたね

Partner A2は結局2週間くらい買うか買わないか悩みましたが
小生のその時の基準で2AAで6000円近い価格が
結局ネックとなって購入に至りませんでした
FENIX E21などは2000円台で買えた事を考えると
当時は割高に思えました
amazonの販売ページにカスタマーレビューが無かったのも
一因で(今も無い)冒険するにはリスクも大きいと
判断したんですよね

あともう一つ気になったのは、Armytekのライトには
どう検索してもちゃんとした商品のプロモーション画像が
無いんですよ、例えばキャンプで使われているとか
実際を想定して色んな小物と一緒に撮影されているとかの
他社ライトにはある「ちゃんとしたブツ撮り写真」が
皆無なんですよね
あっても苔むした木をバックにしたり単に砂の上に
置いて撮影しただけの素人臭い写真しか見当たらないのも
ちょっと引っ掛かっていました。多分メーカーがそこには
コストを掛けてないんでしょうね

でも秋葉さんのように使われた方がいて、実際に良い評価を
与えてらっしゃるなら購入しても良いかなって思えますね

ありがとう御座いました


2016-08-02 12:24 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。