素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SUREFIRE P2X FURY

今年の夏のはじめくらいにSUREFIRE P2X FURYの新型を正規品で購入しました

P2X FURY 01
SUREFIRE P2X FURY



新型はヘッドのアンチロールデザインが変更されました

なかなか精巧に仕上がってますね


P2X FURYには二段階調光のプロP2XC-Aと、シングルアウトプットの
タクティカルP2XT-Aの2モデルがあります
小生が入手したのは調光モデルの方です

ランコストを考えて小生は16650リチウムイオン充電池を使用していますが
SUREFIREは16650をサポートしていないので自己責任になります


ベゼル径は1.37インチ
CREE XM-L2を搭載してLow15ルーメン、Hi600ルーメンを発揮

点灯はLowスタートになります
テールSW半押しで調光され押し込むと常時点灯します
スイッチを押し込んで常時点灯させた状態では調光できませんので
明るさの切替が必要な場合は一度消灯させる必要があります

テールを緩める事でロックアウト可能です


P2X FURY 02


以前6PX PROに装着していたSKM工房 HKRG-KIT フックを着けてみました

このフックは単独使用型でパーソナルシリーズのような1インチ径ボディの
ライトの多くに取り付け可能です


P2X FURY 03


指がかかって逆手での取り回しが向上します




P2X FURY Low1
Low 15ルーメン


P2X FURY Hi1
Hi 600ルーメン




P2X FURY Low2
Low 15ルーメン


P2X FURY Hi2
Hi 600ルーメン



LEDの色味はSUREFIRE特有のちょっと緑がかった光です

SUREFIRE P2X FURY プロP2XC-Aの点灯はLowはじまりなので
日常的な用途に向きます

SUREFIREだからと言って特別に考えずLowを普段使いして、必要になった時のみ
圧倒的な600ルーメンの光でその場を制するといった用途になるかと

常に大光量を使うならタクティカルの方が良いでしょう


15ルーメンと600ルーメンってかなり極端な設定ですけど
何も考えず屋内はLow、屋外はHiというような使い分けが
できると思えばこれはこれで理にかなっている印象です

今の時代600ルーメンは数値としては特別明るい訳ではないですが
SUREFIREのスペックは誇張が少ないので他社の1000ルーメンクラスの
ライトと比較しても遜色ない照射能力があります

スポンサーサイト
2016-12-17 : SUREFIRE : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。