素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

GENTOS パトリオ GP-6は分解できなくなっていた

GENTOSのパトリオ6 GP-6BKを買いました

GP6BK2016 01
GENTOS パトリオ6 GP-6BK


GENTOS パトリオ GP-6はこれまで10本くらいは購入したと思います
3、4年前には安い所だと900円くらいで買えたので送料を無料に
したい時の価格調整でよく使ってたんですけど、2016年現在だと
通常1500~1800円で推移していて2200円くらいまで高騰している時もある

小生はずっとAmazonカートに入れていて今年の9月に1182円に価格が下落した
タイミングでポチりましたがこれでも以前に比べると200円も高い
GPシリーズはすでにGENTOSのHPからも消えていてGP-6は2015年の
販売終了製品リストに載っている
2009年に発売されたライトなので結構長いこと売ってましたね


久々のGP-6ですが、どのVer.からかは知りませんが外装がブリスターパックから
紙製の箱に変更になっていてライト本体はプチプチに包まれていました
何かDXのライトみたいです。だいぶコストダウンしてますね


GP6BK2016 02


外観上で大きく違うところはありませんが、GENTOSのロゴが
変更されてますね


安っぽいストラップとテスト用電池が付属している所は相変わらず
なのですが、現在のGP-6は大きな変更点としてテール部以外が
分解できない構造になっているようです


GP6BK2016 03


上が旧GP-6で下のが今回購入したもの

旧Ver.はテールはおろかヘッドのベゼルやレンズ、LEDに至るまで
工具なしで分解できていました

確かに普通に使う分には電池を装填するためにテールが
外れてくれれば不便はありません。むしろテールを緩める時に固定軸の
ヘッドも同時に回ってしまう事で後々接触不良などトラブルになる事も考えれば
テール以外は分解できない方が使い勝手が良く防水性の面でも
有利なのかもしれませんが、液漏れで電池が固着した時に反対側から
押し出したり、部品取りしたりする人にとってはちょっと残念になったんじゃないかと


まぁ本気で部品取りするような人はどんな手でも使って分解するから
あまり関係ないか


GP-6がどれだけコスパ優秀なライトで、どれだけ多くの人に愛された
ライトなのかはAmazonのレビュー数が物語っている
SG-325やSG-355には及ばないものの、この記事を書いている
時点でGP-6には397件のカスタマーレビューがある


もうこんなライトは生まれてこないかもしれないな

自分にとってもこれが最後のGP-6になる事でしょう



GP6BK2016 04



〔追記〕2017.3.6
今回購入したGP-6を自宅で点灯させてみたら、LEDの色温度がかなり高くなって
いるのに気付いた、いや気付いたというようなレベルではなく以前のは製品バラツキが
あってもニュートラルホワイトが基本で個体によって緑がかっているような色味でしたが
今回のはかなり青白い光が照射されます、しかもかなり安っぽい青白さです

さらに1m位の距離で白い壁に照射すると配光も何か変です
以前のVer.のと比べてみると全然違うライトのように配光が変わっています
以前のは中心光から緩やかに周辺光に繋がりそのまま外周に消えていくような
自然な配光でしたが、今回のは中心光→準中心光→周辺光→スパッと暗闇と
いうような木の年輪のような配光で汚い
しかもコメの光軸がズレているのか周辺光と中心光の光の中心もズレている
GP-6は気に入りのライトだったのでネガティブな事はあまり書きたくないのですが
あまりにも酷いコストダウンですね

スポンサーサイト
2016-12-21 : GENTOS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。