素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

火事に備える

12月22日に新潟県糸魚川市大町の商店街で発生した大規模な火災では
知事が陸上自衛隊に災害派遣を要請し、市は周辺の363世帯(744人)に
避難勧告を出した
政府も首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置
最終的に延焼は140棟に及んだ

この寒い師走に家を失った人達は本当に気の毒だ
せめてもの救いは今の所人的被害の報告が無い事であろうか


小生は数年前にEIKO(エイコー) 耐火・防水プロテクターバッグを購入して
通帳や印鑑、保険証書、年金手帳やスペアキーなどの貴重品はこの中に
保管するようにしています


EIKO2013 01
エイコーEIKO 耐火・防水プロテクターバッグ2013



サイズ W355×D281×H153mm
重量 6.0kg


小生の場合は、部屋が散らかっているので耐火目的の他に貴重品が
散逸するのを防ぐ目的もあります

SUREFIREの保証書もこの中に保管しているんですけど、良く考えたら
火事になって保証書が残っても肝心のライト本体は丸焼けになって
意味が無い事に最近気づきましたが...

取っ手が付いていて持ち運べるタイプなので防犯の面では何の期待もできません


EIKO2013 02


この耐火プロテクターは840℃に加熱した状態で庫内温度を177℃以下に保つ
基準をクリアしているようですが、本当の火災を考えるとちと短いと思う
ボヤくらいの被害で何とか気休め程度に保護してくれると考えた方が良い

金庫の耐火性能にもランクがあります
本当はゴツい本物の耐火金庫が良かったんですけど、充分な信頼のおける
本格的な耐火金庫は本当に相当な対価を払わないと入手できない
そもそもどんなに資金をつぎ込んでも完璧というのは達成できないと思う

リスクと投入できるコストを考えた時、小生の場合はEIKOの耐火プロテクター
という答えになったと言う事です



火事は本当に怖い
集合住宅や住宅が密集している場所では自分がどんなに気をつけていても
漏電や近所で火の不始末があれば延焼してしまう
最近では難燃素材が使われていたりして住宅そのものの耐火性能は
一昔よりも向上していますが、スマホやモバイルバッテリー、デジカメなど
危険なリチウムイオン充電池を使用する機器は増えており、充電機器が増えれば
無茶なタコ足配線をしている人も多いでしょう、潜在的なリスクは
むしろ大きくなっているかもしれない

地震と一緒で個人では完璧に防ぎようがないので、火災保険は勿論のこと
もし火災に遭っても被害を最小限に抑えることを考えねばならない


誰にでも重要な書類はひとつやふたつ有るでしょうから、火事に対して
何らかの対策は取っておくべきでしょう

経済的に余裕があれば高価な耐火金庫を購入するもよし
地方銀行だと年間1万円程度から貸し金庫を借りられる所もあるようですので
これを利用するのもひとつの手でしょうね


スポンサーサイト
2016-12-23 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。