素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

JETBeam BC40SE

JETBeam BC40SEはCR123リチウム電池4本か18650充電池2本で使用する
遠方照射系のライトです
以前にBC40というモデルがあってその後継機になり「SE」はSecond Editionの略

2016年の秋くらいに5000円ちょっと越えくらいで購入しました


BC40SE_01.jpg
JETBeam BC40SE


コンバットリングは樹脂製で取り外し可能です

明るさは980ルーメンと200ルーメンの2モード
ON/OFFはテールスイッチで操作します
半押しでの間欠点灯が可能
ヘッドを締め込んだ状態がTurbo980ルーメンで少し緩めるとLow200ルーメンとなる

ランタイムは980ルーメンが3h54min、200ルーメンで8h24min
200ルーメンを常用して必要な時のみヘッドを締め込みTurbo980ルーメンで
遠距離照射をするような使い方になろうかと
最大照射距離は350mとなっています


BC40SE_02.jpg


ヘッド下の放熱フィン部にはLED表示灯があり電池の残量を示してくれる
通常は緑で点灯し残量が少なくなると赤に変わります




照射テスト


距離 約80m


BC40SE_Turbo1.jpg
Turbo 980ルーメン


BC40SE_Low1.jpg
Low 200ルーメン





BC40SE_Turbo2.jpg
Turbo 980ルーメン


BC40SE_Low2.jpg
Low 200ルーメン



200ルーメンは屋外で使い易い明るさです
「使い易い」とはあくまで捜索や警備など数m~十数mくらいの距離を想定したもの
元々18650×2本のライトは近場の作業で使うものではないと思います
ただ18650を2本使って200ルーメンならランタイムは10h以上欲しいところです

Turbo980ルーメンは良く飛びます、100mくらい余裕です
実用性は兎も角飛び系のライトには浪漫が有りますね
強い軸をもつ中心光が飛んでいきますが周辺光もしっかりあります


BC40SE自体にはホルスターは付属しないので購入する人は何らかの
運搬方法を考えた方が良いです


BC40SE_04.jpg


ちなみに小生の場合、以前に明確な用途なく購入したJETBeamホルスターが
偶然にもBC40 / PA40 / RRT15対応だったようで好都合でした
ただ2017年1月現在JETBeamのサイトを見てもアクセサリはグリスのみで
ホルスターの類は見つからない、生産を止めたのだろうか?


遠方照射にシフトした飛び系のライトは買ってはみたものの
結局は使わずに部屋に放置する結果になる事が多いのですが、
JETBeam BC40SEに関しては小生自身結構持ち出す機会があります
夜景撮影でナイトハイクする時などメインはシルバのヘッデンなんですが
腰にはいつもBC40SEをブラ提げています


遠方照射ライトとしてはヘッドがそこまで肥大していないので扱い易い
他メーカーの遠方照射ライトは概ね1万円を超えますがBC40SEは
5000円程度で購入できるのでアウトドアでガンガン使うのに何の躊躇もない

このクラスにありがちなベゼルもタクティカルなものではなく
ボディも18650を使用して細身に仕上がっているので車載できる
ギリギリのサイズ、重量なのかなと思います
(マグライト2D以上になると日常携帯するのに若干問題がでてくる)


単三ライトが主力の小生ですけど、もしこのBC40SEに同じような価格で
後継の3rdモデルが出たら間違いなく入手するでしょうね
それくらい現在愛着を持って使ってるライトです


BC40SE_03.jpg

スポンサーサイト
2017-01-26 : JETBeam : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。