素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

砥石台の自作

小生はアウトドアで使うビクトリノックスなんかの他にも郵便物の開封とか
ネットショップを利用した際に届くダンボールの解体作業に
フォールディングナイフを使っていて、切れ味が悪くなると当然ながら
砥石で砥ぎ直します

今まではフローリングの上で片膝立てて座りシャコシャコ砥いでいたんですが
歳のせいか今冬は床からの冷気にとうとう我慢できなくなり、立って砥ぐ事にしました
洗い流せる水も近くにあるのでシンク周辺でやるのが一番なのですが
小生のアパートのシンク横の平面部には既に食器や調味料が鎮座していて
砥ぎ作業が出来ない


toishidai_01.jpg


と言う事でシンクに橋渡しするような恰好で砥石台を作ってみました
既製品でそういう製品が無い訳じゃなかったんですが、自分トコの
シンクに大きさ的に適合するかどうかを考えている内に面倒くさくなって自作するに至りました
作ったと言ってもホムセンで木材を購入して切って角を削って釘を打っただけですけどね
(青いトレーはあらかじめ砥石を水に浸しておくためのものです)


形状的には二本歯の下駄を間延びさせたような上に砥石のストッパーを
付けたようなデザイン
ちょっと古いタイプのシンクなので上から見た形状が角のとれた楕円ではなく
辺が微妙に膨らんだタイプなので下駄の「歯」の部分は実際に合わせながら
固定しました。濡れて乾いてを繰り返す用途なのでなるべく反りが出ないように
かなり板厚が厚い板をチョイス

材料費は木材と釘を含めても1000円以下でした

作って実際に使用してかれこれ2ヶ月くらい
これまで10回程度使用しましたが、今の所「反り」は確認できないですし、
それによるガタつきもありません


最近になって何気なくネットで「砥石台 自作」などのワードで画像検索してみたら
同じように砥石台を自作している人が大勢いた
中には小生が今回作ったものとほぼ同形状なのもある

みんな考える事は同じなんだな


〔追記〕
図書館で包丁研ぎなどの専門書を読むと、砥石台を自作するなら
前方向に傾斜をつけたものが力が入って良い事が記述されている


スポンサーサイト
2017-04-15 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。