素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

SWISS+TECH マイクロテック 6-in-1 ST50022

スイステックのマイクロテック6-in-1は小型のプライヤーがメイン機能の
マルチツールです

Micro_Tech_03.jpg
SWISS+TECH マイクロテック 6-in-1


マルチツールを選択する時に大きな分岐点となるのがレザーマンのような
プライヤーがメインツールのマルチプライヤーか、ビクトリノックスに代表される
アーミーナイフかのどちらにするかというのがあると思います


元々レザーマンは創業者が旅行をした時に故障したホテルの水道などを自分で
修理出来るようにする事等を目指して開発された「工具」であり、アーミーナイフは
軍隊の個人装備が源流のサバイバル装備なので、両者が開発された背景は
まったく違うものです

レザーマンのほうは針金を切ったり工具がない状況でナットを回したりといった
粗っぽい作業を応急的にするのに向く
ビクトリノックスのアーミーナイフは缶切りやコルク抜き、ハサミ、鋸など
アウトドアを最少の道具で乗り切るのを主眼に置かれている


何が起こるか分からないアウトドアではスイスチャンプやスーパーツールのように
出来るだけ多くの機能をもって行きたいところですが、登山などでは出来るだけ
装備の重量を減らさないと自分がバテるだけなので必要最小限を見極めるのが
重要です


Micro_Tech_07.jpg


登山でプライヤーが必要という状況には固くなったジッパーを動かしたり
結び目を解いたり、熱くなったコッヘルの蓋を掴んだりと言う事がありますが、
そうそう頻度が無くフルサイズのプライヤーが必ずしも必要でないのなら
このスイステックの超小型プライヤーで急場をしのぐという手もあります
レザーマンを持つよりかなり重量を減らせるでしょう


Micro_Tech_02.jpg


メインのプライヤーと+-ドライバー、ワイヤーカッターにワイヤーストリッパー、
持ち手のサイドには1/8インチ刻みのスケール機能があります
スイステックには10年以上前に5-in-1という前身モデルがありました
外見上あまり大きな違いはありませんが、6-in-1の方が細部の造り込みが凝っていて
よりロボチックな印象かな

シリーズには6-in-1の他に9-in-1、19-in-1、22-in-1とラインナップがありますが
19、22になると多くのツールを搭載していて可動部ガタが大きく、またビクトリの
スタンダードスパルタンが買えてしまうほど割高になるのであまり満足感は
得られないでしょうね


Micro_Tech_06.jpg

畳んだ状態だとレザーマン STYLE PSよりも小さく単三電池よりも短い


Micro_Tech_04.jpg


小さいうえに持ち手が多少折り畳まれた状態でもプライヤーが使用可能なので
PCの内部とか狭い場所でも物を掴む事が出来ます


Micro_Tech_08.jpg


ちなみに小生がマイクロテックで一番出番が多いのは半田ごての「こて台」ですね
いつもこてを置く台を用意せずに半田作業をはじめてしまうので作業台の横に
マイクロテックが転がっているとしばらく持って貰ってます


Micro_Tech_05.jpg


ハンドル部分をある程度回転させないとプライヤーのノーズ部分が
開かない構造なのでキーリングを咥えさせて鍵束などに装着する
ことが出来ます


Micro_Tech_09.jpg


大きさ比較の写真
マイクロテック6-in-1と右はレザーマンPSTです

これだけ大きさが違いますから常用工具として使おうとするのは無茶だと思います
と言うかそもそもレザーマンでさえ常用とするには使い勝手が悪いと言えますが

Amazonのレビューなどでもこの辺りを履き違えたコメントが散見されますね
ナイフが折れたとか、プライヤーで硬い物を掴んで力いっぱい捩じったら
ハンドルが曲がったとか言われていますが、そりゃそうでしょうって感じです
折り畳みのプライヤーって可動部が1ヶ所多いですし、ハンドル部だって本来中実の所に
スペース設けてナイフとかヤスリとかを収納してる訳でしょう?強度が弱くなってるのは
考えたら分かると思うのですが...
ヘビーデューティーと謳っていても簡易ツールとして限度を超えた負荷を
加えれば破損するのは当然の事です

マルチツールはあくまで短時間の簡易的&応急的な状況に対処するのが正しい使い方です
強度や高い次元の使い勝手を求めるなら専用の工具を使うべきなのは
言うまでない事なんですけどね

10徳ナイフとかマルチツールとかの名称が勘違いさせるのか
「何とかなる」道具を「何でもできる」と勘違いしている人が多いように思います


マイクロテックはこのサイズでナイフレス、鋭利な突起も見当たらないので
EDCして問題になる事はまず無いかと思われます

ちなみにAmazon価格は800~1200円程度で推移していますが、
近所の作業用品店(HODAKA)に行ったら税込570円で売られていました
近場に取り扱っている所がある人はまずはそっちを見てみる事をオススメします


Micro_Tech_01.jpg


いつもの事ですが、気に入ったので2つ買い増ししました

こんな事ばっかやってるから部屋に物が増えるんだよなぁ~ (ToT)


スポンサーサイト
2017-07-23 : 登山 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
旅先で迷子になって、廃村のようなところに迷い混み、道を尋ねようにも人の姿が見えない。辺りはだんだん暗くなり携帯電話も通じない。こんなとき、どんなライトをポケットに忍ばせておけば心強いでしょう。
2017-09-04 12:27 : 煮汁 URL : 編集
Re: No title
とんちのような質問ですね

ちょっと考えてみましたが気の利いた答えが見つかりませんでした

真面目な回答だとランタンになるでしょうが、ポケットに忍ばせるとなると
大きいので一晩中微光のFireFlyが使える2AAライトでしょうか?
2017-09-06 19:07 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
お返事ありがとうございます。
僕は家の鍵にマグライトソリテールを着けて常時携帯しています。他に財布に予備の単4電池一本とスイスカードを入れてます。廃村で夜明かしするには少々不安です。 
2017-09-07 15:17 : 煮汁 URL : 編集
Pagetop
ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。