素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

GENTOS PATRIO 9 GP-9

小生は常に手元にフラッシュライト(懐中電灯)がある生活をおくっています
トイレだろうがお風呂であろうが手を伸ばせば届く位置にライトが置いてあります
元々ライトが好きなのもありますが、以前アクシデントがあり暗闇で
行動せざるを得ない状況に陥った経験から非常用の灯りを重要視
しているためです

小生が買い求めてきたライトは基本的に一般の店舗では取り扱っていない
「タクティカルライト」と呼ばれるもので、ネット通販で購入してきました
数としては60本以上所有しているのですが、5000円以上のものが多く
日常的に使うには少し勇気がいる金額のものもあります

なので気兼ねなく使えることから職場では胸ポケットに単三電池を1本使用する
GENTOS GP-6を忍ばせており、活躍しています
GP6 300
GENTOS GP-6 1AA

しかし最近このGP-6では照射能力に不足を感じる場面があり、バージョンアップが
急務となりました
可及的速やかにGP-6にかわる後継ライトを選定し、備えを万全にしたいと思います

後継ライトに求める条件は以下の3つ

・胸ポケットに収まるコンパクトさ。できれば1AA
・十分な照射性能と耐久性
・気兼ねなく日常使いできる価格帯

廉価で高性能と言えば直ぐに思い浮かぶのが「GENTOS」ですが
SG-320は100lmと明るいですが2AAで胸ポケットに常備するには大型です
GTR-132Tはランタイムが長いのが魅力でしたがシングルアウトプットの
スポット配光なので近距離作業に難があるのは目に見えています
ということで本命は1AAでHi80lmワイド配光のGP-8なのですが
調べてみると生産中止のようでした
仕方がないので2AAだがコンパクトにまとまっているGP-9に決定しました
一般的なペンライトと相違ない大きさなのが良い

ネットで価格を調べてみると1200~2500円と結構幅があります
1300円と最安値ではないが、これまで何度か利用させてもらったショップで
購入することにしました
そこは購入金額が3500円以上になると送料が無料なので
多少値段が高くとも相殺してもお釣りがきます

普段5000円くらいのライトを良く購入していると1300円というのは
非常に安価に感じられましたので、スペアを兼ね2本購入することにしました
GP-9 Fr
ということで購入しました GP-9
GP-9 Rr
諸元は以下です

明るさ   80ルーメン
実用点灯 約12時間(Highモード)
実用点灯 約36時間(Lowモード)
実用点灯 約30時間(クイックフラッシュモード)
使用電池 単3形アルカリ電池×2 (エネループ可)
重量    約99g

ローテーションモードスイッチ/点滅機能/防滴仕様

本体の色は緑がかった黒でこれは好き嫌いが分かれるかと思いますが
昔のカメラなどのオリーブ色のハンマートーン限定モデルのようで
小生は嫌いではありません
GP-9 Gyakute
               逆手操作が前提のライトです

まずテールスイッチを一回押すとHi点灯からはじまります
ローテーションモードスイッチの使用方法は消灯の状態からテールスイッチの半押しで
モードを選択し、全押しすると決定されます
テールスイッチを連続して素早く全押しすることでも順に好きなモードを選択できますが
消灯してから7秒を経過すると必ずHiからの点灯になります
スイッチの感触は高級感はないもののクリック感は悪くありません
ライト本体はほぼ全面に滑り止めのローレットが刻まれていますので
グリップも問題ありません

本体は一応アルミ外装ですが、肉厚は薄く(一流ライトに比べれば)強度に一抹の不安が
ありますが、その分非常にスリムなので取り回しは楽だと感じました
あとこれは購入者の口コミ投稿にも多くあるのですが、電池を装填した状態で
ライト本体を軽く振ると内部でカタカタと音がします。電池と本体の間に隙があるようです
機能にはさほど影響ないでしょうが、気になったので紙を丁度良い大きさにきって
隙を埋めました

それでは屋外で照射テストをしてみます

とその前に、この日は満月だったので少し遊んでみました
下の写真を見てどう思いますか?
GP-9 10sRokou
昼間の写真ではないですよ、実際小生の目の前は真っ暗です
これは長時間(長秒)露光と呼ばれるもので、今回はカメラをマニュアル露出にして
シャッター速度を10秒に設定しました
つまり10秒間シャッターを開きっぱなしにして多く光を取り込んでいる訳です
カメラに少し詳しい人なら何でもないテクニックですが、御覧のように夜でも
昼間のような写真を撮ることが出来るので、夜景を撮ったり、星空を撮ったり
色んな場面で使えます(三脚の使用が大前提ですが)

実際の見た感じは以下のようほとんど真っ暗です
GP-9 view

GP-9Hi.jpg
                     Hiモード  80lm

GP-9 low
                     Lowモード

照射している路面までの距離は約10m
Lowモードの明るさは公表されていませんが、20lmくらいかなと感じました
屋外では足元を照らすくらいに丁度良く、手元の作業にも最適な明るさです
近接用途の多い小生の場合は最初にLow点灯してくれた方が使い勝手が
良かっただけに少し残念...

Hiモードは公証80lmに恥じぬ明るさで10~15m離れた場所も
結構ハッキリと照らしてくれます

場所を変えて水門の管理塔に向けて照射します(距離30m)
GP-9 suimon view
                     無灯火状態

GP-9 suimon Hi
                     Hiモード  80lm

GP-9 suimon low
                     Lowモード

管理塔の壁面が白いので思ったより良く飛んでいます
ただ強い中心光しか届いていないので、10m以上の距離になると
照射角度が狭くなります

GP-9の様にそれなりの堅牢性と信頼性、そして良好なランタイムに
ワイド・スポットを高次元で両立したライトが1000円台で入手可能というのは
かなり魅力的です
コストパフォーマンスは小生が今まで見てきた中で1、2を争います
安価でスペアも購入したことですし気兼ねなく仕事にプライベートに
活躍してくれそうです

実際の耐久性や詳しい使い勝手で特筆すべきことがあれば
これから追記していこうと思っています

〔追記〕2012.12.6

購入前から薄々分かっていましたが、ローテーションモードスイッチは
かなり使い辛いです
Hi点灯から始まるのはまだ我慢ですが、消灯して間髪入れずに
Hiで再点灯したい場合に半押し2回のひと手間が
ありストレスがたまります




スポンサーサイト
2012-12-02 : GENTOS : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-15 12:53 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。