素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

NITE IZE LITE HOLSTER STRETCH

以前にSALTEXのフラッシュライトホルダーという商品を紹介したことがありましたが
あれはバックパックなどのショルダー部に装着することが前提であるため
登山でバッグを背負った状態か夜釣りでライフジャケットを着用していなければ
使用することは出来ない代物でした

さて「ホルダー」という言葉があります

HOLD=持つ、支持する

という意味ですがこれに○○する人というerを付けると
「Holder」となります

Key Holder(キーホルダー)とかRecord Holder(記録保持者)とかに使われますね

フラッシュライトに関連してホルダーと言えばライトを保持して持ち歩くためのものです

通常多くのタクティカルライトは購入時に専用ホルダー(ケース)もしくは
ハンドストラップが付属します
しかしその多くは申し訳程度のチープな造りのモノが少なくありません

Holder GP9
                 GENTOS GP-9付属のホルダー

極稀にLED LENSERのように縫製がしっかりした造りのモノもありますが...

Holder P6
                 LED LENSER P6に付属のホルダー

ただ造りが良かろうと悪かろうとあくまで付属のホルダーは使い易いとは限りません
そこで自身が想定する使用方法に合わせた形状の「社外品ホルダー」を探す事になります
もちろんホルダーやストラップを使用せずにポケットやカバンに入れて運搬し
必要になった際は手で保持して照射するオーソドックスな使い方もありますが
女性と違い男性の場合バッグを持たないことも多く、運搬方法に悩むことも多いのも事実
それにライトは運用方法次第でパフォーマンスが劇的に向上する道具でもあります

下の写真は小生が今までに購入してきたホルダーの一部

Holder 5
                   購入してきた社外品ホルダー


この中で小生が強くオススメするのが写真右端の
「NITE IZE LITE HOLSTER STRETCH」です
NITE IZE(ナイト・アイズ)というメーカーはフラッシュライトの周辺アクセサリーを
多く手掛ける有名なブランドです

nite Ize holder
                NITE IZE LITE HOLSTER STRETCH

このホルダーの秀逸なところは、AAA(単四)のようなペンライトように細いライトから
AA(単三)、Cセル(単二)、はてはマグライトDセル(単一)モデルのような
ハンドライトとしてグリップするのに最大と思われる径まで対応していることです

秘密は側面のゴムバンド!

Nite Ize side

この強力なゴムバンドにより様々な径のライトをガッチリ保持するので
余程上下運動の激しいスポーツをしない限りは抜け落ちることは
ないでしょう
ホルダーのタイプとしては蓋や底面の無い「貫通式」です
なのでライトの全長によるホルダー使用に制限はありません

さらにこのホルダーの最大の魅力は何といっても360°回転する
ベルトクリップにあります

Nite Ize 360crip
                   360°回転するベルトクリップ

これにより腰にライトを装着したまま足元を照らしたり地図を確認したりと
ライト自体をハンズフリーで使用できることにより様々な恩恵を受けられます

テールスイッチモデルよりも写真のFENIX E25のようなサイドスイッチモデルの
ほうが操作性の相性が良いです

小生は夜間に車で外出する際に2AAのライトをこのホルダーと組み合わせ
タイヤの空気圧(潰れ具合)を目視確認するのに重宝しています

Nite Ize soucyaku
                    ハンズフリーで照射可能

またベルトクリップ部自体の造形も非常に凝っており、釣り針のような
いわゆる「返し」が備わっていて、逆立ちしてもベルトから脱落しない構造に
なっています

crip side

樹脂製のクリップ部や本体の縫製もかなりの質感で耐久性も期待できそうです

ホルダー側面のゴムバンドによりホルダーからライトを頻繁に抜き差しするような
用途には向いておらず、また放熱フィンの凹凸があるようなライトも迅速な装着には
少し難がありますし、高ルーメンモデルのHiモードでホルダーに装着した状態では
放熱性能にも影響がでるのは必至ですが、Midモード以下で手元足元の
せいぜい10m程度の範囲内での作業であれば非常に実用的です


あまりに気に入ったのでメーカーは違いますがOEM供給と思われる同製品を
もう一つ購入しました (いつもやってる備蓄です)

OEM.jpg

当たり前ですがホルダーを使おうが使うまいがライトの照射性能に
変化はありません
しかしこのホルダーを使えば明らかに「照射の幅」が広がったことを
実感します

小生にとって今のところこのホルダーがベストアイテムです


スポンサーサイト
2013-01-13 : 関連アクセサリー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる