素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ミニマグLED化

小生がまだ10代の頃、購入したライトにマグライトの2AAモデルがありました
正確な呼称はマグ・インスツルメント社の「MINIMAGLITE」です

kuri-magu.jpg
              ゼノン球のMINIMAGLITE

特にアウトドアで使う訳でもなく、就寝時に消灯した自宅の暗い部屋の中で
意味もなく点灯させたりして楽しんでいました
ただアメリカの警官も使っている道具を自分が所有できたことに
喜びを感じていたのだと思います

その頃のキャンプだとか、ツーリングであるとかの個人装備に
このミニマグライト2AAというのは必需品であったように思います
今のように様々なメーカーのライトが百花繚乱ではなかったので
高性能でコンパクトなライトといえば必然的にマグライトしか選択肢が
なかったのかもしれません

2000年代のはじめの頃まではこのゼノン球のミニマグライトを仕事に遊びにと
使っていましたが、その後はLED化したより高性能なフラッシュライトが
各メーカーからリリースされてミニマグライトは小生の中で過去の遺物の
ような扱いを受けて引き出しの隅で忘れられた存在となっていました

そんなミニマグライトを不憫に思い10年ぶりに引き出しの奥から救出し
液漏れしていた乾電池を取り出し清掃したのは2010年のこと
あらためて新品の電池を装填して点灯させてみると

kuri syousya

「暗い...」

現代のLEDライトに目が慣れているのもありますが
よく当時はこんな暗いライトで満足していたもんだと自分で自分に
驚きでした
現代では2AAのライトであっても200ルーメンを超える明るさを実現しているので
無理もありません

小生は1996年に買ったビデオ一体の14型テレビデオを2011年まで使っていたほど
物持ちは良い方ですが、古いだけで低性能なものを我慢して使い続けるような
懐古主義の人間ではありません
テレビを買い替えなかったのは単純に番組が見ることができれば良かったからで
明るいLEDライトをいくつも所有している現在にわざわざ暗くランタイムの短い
過去のフィラメント球懐中電灯を使うようなことはしません

しかしそれでも思い出の詰まったミニマグライトを何とか使ってやれないかと
考えてみました
出した答えは旧代のこのミニマグライトを「LED化」することです

ゼノン球のミニマグライトをLED化するキットは様々なメーカーから販売されていますが
標準的には2000円程度、高いものになるとテールプッシュスイッチとのセットで
4000円くらいのお値段なんですが、そこまでくると新品のLEDミニマグライトが
買えてしまいます

いくらなんでも何千円も出せないので色々と調べて辿り着いたのが
ネットオークションでした

日亜化学のNSPW310DSという交換LED球が単品で販売されており
値段は400円で送料が80円の総額480円! 経済的なお値段です

落札し届いた日亜のLED球をさっそく交換してみました
電球の交換はヘッドを取り外してゼノン球を引き抜いて
LEDを差し込むだけ、簡単で誰にでもできます

led soucyaku

それでは明るさの比較です

ledka syousya
           ミニマグライト 2AA 日亜LED球

比較として現代の最新LED ミニマグライトの照射も掲載します

led mag syousya hi
  LEDミニマグライト 2AA 2ndモデル (最初からLEDのモデル) Hiモード

led syousya low
  LEDミニマグライト 2AA 2ndモデル (最初からLEDのモデル) Lowモード

照射してみた正直な感想は

「それほど明るくないな」という印象

ただLED化したことにより白色の見やすい光となり、大幅に省電力化しました
また基本的にはLEDは球切れの心配がないハズなのでその点でも安心です

(LEDミニマグと比べれば)明るくないと感じた交換LEDミニマグも
普通に部屋で使う分には必要十分な明るさであり、暗闇で地図を見るとか
キャンプのテント内で使うなどの用途ではむしろこのくらいの明るさの方が
見やすいかもしれません

それと照射画像で確認できますが、LEDミニマグライトは明るいのですが
照射範囲が狭いのが分かると思います

今回LED化し現役復帰を果たした旧世代ミニマグライト!
肘の手術をして復帰したプロ野球のベテラン投手のようで
思わず応援したくなります

さて本題とはあまり関係ありませんが、ゼノン球のミニマグライトと
LEDミニマグライト、パッと見た外観は同じに見えますが
実は全長がかなり違います。

kuri-led mag
              右側の赤いのがLEDミニマグライト

このせいでホルダーによっては収納に制限が出る場合があるので
注意が必要です



〔追記〕 2013/2/8

2012/12/5の「マグライト大集合」という記事で
現在所有するマグライトを9本とお伝えしましたが、
この黒いミニマグライトのことをすっかり失念していました

訂正します、現在10本でした



スポンサーサイト
2013-01-28 : MAGLITE(マグライト) : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは
こんにちは。
いつも1AAタイプのLEDライトを検索していて、こちらに辿り着きました。
JESUSと申します。
以後、お見知り置きを。
本記事、大変楽しく拝見させて戴きました。
小生も阪神淡路大震災をきっかけに防災に目覚め、クリプトン時代のミニマグライトを予備校時代に購入し、ずっと腰に装備してました(笑)
その時のことを思い出しました。

最近、レザーマンのミニライト(1AAAタイプ)を紛失してしまい、失くし難いサイズとして、1AAタイプに乗り換えようと、検索をしております。
何かアドバイスを頂けましたら、幸いです。
2013-09-12 15:11 : jesus URL : 編集
はじめまして
jesusさん こんにちは
ご訪問いただき、ありがとうございます

小生は2AAを基準にコンパクトさ重視の時は1AA、ハイパワーが必要であれば4AAと
いった具合に使い分けています
1AAモデルの中でもサイズには結構違いがありますし、飛びと拡散どちらを
重視するかでも変わりますし、色温度も好みがありますよね

小生はライトを収集するのが趣味ではなく、自分にベストなライトを探すための
ベンチマークをしている段階です
つまりまだ自分にとってベストなライトを見つけられていない状態です
個人制作やSUREFIREなどあまり高価なものは興味がなく、どちらかと
言うとコスパ重視です

ライトに興味がおありのようなので、既に色んなメーカーのライトを
ご存じかと思いますが、小生で良ければ何らかのアドバイスをさせて頂きます

宜しくお願い致します


2013-09-12 20:37 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-07-13 10:10 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。