素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

食糧の備蓄

大規模災害に備え小生が普段から備蓄している食糧です

bichiku food
                      備蓄している食糧


日持ちするビスケットや賞味期限の長い食糧、それに缶詰がメインです
缶詰は基本的に缶切りがなくとも開けれれるリングのついたものを購入していますが
全てではないのでマルチツール(WENGER)を隣に置いています

これに非常時不足するであろうミネラル分を補給する塩味の飴と飲料水を
セットで保管しています

bichiku water
                    備蓄している飲料水と塩飴


水は特に防災用のものではありません
常温で保存すれば2~3年の消費期限があるのでそのタイミングで
入れ替えれば良いからです、わざわざ高い防災用の保存水を購入する
必要はないからです

塩分(ミネラル)は人間が行動するために重要な栄養素です
以前に登山で幾度か脚が痙攣する症状を経験しました
日本アルプスなどでは一日の行動時間が6~8時間になります
こまめな休憩と水分補給はしていましたが塩分は汗として体外に排出されて
いくので梅干しや塩飴などでミネラルを補給してやる必要がありましたが
それを怠っていたので行動不能になってしまいました

被災して接種できる栄養素が限られる場合には、このミネラルというのは
健康と体力の維持に特に注意して服用することが大切です

備蓄の量としては、小生の三日分+αを想定しています
また仮に食糧が無い人と出会っても少しくらいは
分けてあげられるかな?と考えています

今回紹介した物は被災し物流がストップしてスーパーなどに食糧の在庫が
無くなった場合に食いつなぐための備蓄です
防災袋の中にはこれとはまた別の水・食糧が保管されています


これが過剰な備蓄なのか、これでも足りないのかは分かりませんが
活動期に入ったと言われ巨大地震と隣り合わせの日本列島で生活をおくる
日本人として個人で行う最低限の備えかと思います

よく災害が発生すると支援する行政の対応が遅いだとか、役所の縦割りが足枷だとか
マスコミは悪口しか報道しませんが、自然災害に備えておくのは本来個人の責任です
もちろん仮設住宅などは行政の支援なくして建設できませんが
被災して最初の数日間を生き延びるのは個人の責任以外の何物でもありません

この期に及んでも何の備えもしていない人は考えを改めた方が良いでしょう

他力本願は必ず痛い目をみます、「自己完結」することが大切です


スポンサーサイト
2013-03-30 : 防災 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
肥後ノ守さん、こんにちは。

初めての投稿となりますが、以前からこちらのブログは拝見させて頂いておりました。

肥後ノ守さんの防災に対する考え方は、私も同様に思っております。

防災面でのリスクコントロールを甘く考える他力本願な方や、テレビでお門違いなコメントをする評論家が多すぎますね。

以前の記事で「防災袋は買うな」も読ませて頂きましたが、私も全く同意見です。

それぞれの目的に特化した信頼性の高いアイテムを揃えるのが最善であると思います。

私は東日本大震災以前から、ライフラインが断たれた場合を想定し、食糧、水、生活必需品等を備えておりましたが、当時とは考え方が大分変ってきました。

こちらは都心部なので、ライフラインが回復するまでは防犯も最重要な課題となってきます。



LEDライトは防災面で考えれば、高出力よりもランタイムを重視した物の方が重宝しますよね。

私もLEDライトは多数保有していますが、普段携帯するライトとしてはLED LENSER VキューブをCree XR-E R2ランクに換装した物を選んでいます。

このライトは10年近く使用しているので、愛着もあります。

単3電池を1本使用した小型軽量ランタイム重視のライトって、いつのまにか市場からなくなってきているんですよね。

携帯できるライトは、ほとんどが単4でランタイムが短いし、単3ライトは高出力重視な物が多くなっていますし。

サイズ面でフォーカスは不要、ICスイッチも信頼面から不要なんですが。



長々とコメント書き込んでしまいましたが、これからの記事も楽しみにしております。
2013-03-31 06:02 : ZAN URL : 編集
こんにちは
はじめまして ZANさん

>LEDライトは防災面で考えれば、高出力よりもランタイムを重視した物の方が重宝しますよね
>単3電池を1本使用した小型軽量ランタイム重視のライトって、
>いつのまにか市場からなくなってきているんですよね。

一頃よりは落ち着きましたが、デジカメの画素数競争と同じく、フラッシュライトも
ルーメン競争で明るさ重視のモデルが多数ですね
明るさ、ランタイムで単三は背伸びしても単一、CR123には敵わないのですから
単三の利点である小さいこと、つまりコンパクトさによる普段からの持ち歩きに
難なく携帯でき防災用途にランタイムを重視させたモデルを実現させることは
理にかなっており、少なくとも選択肢にあって良いと思います

ただ一方で防災用途に特化させると普段使いの頻度がなくなるという
ジレンマがあり、数がさばけないしタクティカルが売りのメーカーでは
ブランドイメージを損ねるという懸念もあるかと思います
現在メーカーはその任をLowモードで凌いでいるように思います

防災用のライトというとラジオ付で携帯の充電機能にソーラーや手回し充電のできる
「多機能ライト」が思い浮かびますが、配光は汚いし信頼性の低いものばかり
真に防災用のライトというのはあまり見たことがありませんね
大きな問題は技術をもつ国内外の一流メーカーが本腰で本当の意味での防災用ライトを
造っていないことですね

これからも宜しくお願い致します




2013-03-31 10:03 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。