素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

富士見台高原へ行ってきた

2013年 4月 13日の土曜日に中央アルプス本稜と南端恵那山との
間に位置する「富士見台高原」へ行ってきた
この山へはこれで3度目になります

林道が3月いっぱいまで冬季閉鎖され、4月末には開山祭りがあり
多くの人で賑わう高原なので、そうなる前の静かな山を
楽しむためにこのタイミングになったわけです

前日に降雪があったのか神坂峠へアクセスする林道も雪に覆われ
歩いていて何度か滑って転倒しそうになったが、朝日に照らされた
山肌の美しさに息を呑んだ
危険が伴うが、やはり悪天候後の山は美しい姿を見せてくれる

fujimi rindu
朝日に輝く富士見台の山肌


林道からそんな調子なので当然神坂峠からの登山道は
普通に雪山登山となる
ただとても雪崩が起きそうな雰囲気ではない、穏やかな斜面に数十cm程の根雪があり
その上に20cm程度の新雪があるような感じです

misakagoya.jpg
山頂手前の神坂避難小屋周辺の状況(奥に見えるのは恵那山)


見下ろす南側の尾根にもまだたっぷりの残雪がありました

fujimi ryosen

林道歩き2時間、神坂峠から1時間で富士見台高原の山頂に到着

fujimidai.jpg
山頂付近からの中央アルプスの高峰


山頂からは北方には木曽谷をはさんで御嶽、乗鞍そして遠く北アルプスが、
南方には南アルプスのすべてが屏風のように座しています
さらに空気が澄んでいれば北には白山まで見ることができます

そして北東方向には3000m近い中央アルプスの本稜が間近に迫ります

富士見台高原という山名ですが、残念ながら富士山を見ることは出来ません

また、この富士見台高原に登った登山経験者が山頂から
北方の北アプルス穂高方面を仰ぎ見て

「あの尖ったのが槍ヶ岳だね」

と言っているのを見かけますが、これは勘違いです!

この恵那山・富士見台は穂高のほぼ真南に位置しているため
南北に連なる穂高においてほぼ真北に位置する槍ヶ岳を
見ることは出来ません
槍ヶ岳のように見えるのは「前穂高岳」です
この日は空気があまり澄んでいなかったので穂高方面を鮮明に見ることが
出来ませんでしたので、2007年に撮影した同位置からの写真を掲載します

hujimi hotaka
富士見台高原からの穂高連峰 (2007年4月撮影)


中央の高峰が奥穂高、左に痩せ尾根の西穂、右に吊り尾根から前穂高が
確認できます。南方から見た穂高の典型的な山様です
多くの登山者はこの前穂高岳の尖峰を槍ヶ岳と勘違いしているのです

この富士見台高原は8合目付近から視界を遮るような高い木が生えておらず
熊笹が生い茂っているので、非常に展望の良い山として有名です

バーナーで温かいココアをつくり、軽い昼食をとり下山します
正午に近くなり気温が上がってきて、苦労して登ってきた登山道や林道に
もうほとんど雪はありませんでした
春山であることを実感します


fujimi sakura

麓の中津川市は桜が満開!小生の住む愛知県豊田とは2週間くらい盛りが
違うようです


アクセス良し! 展望良し!富士見台高原は登山の楽しさを凝縮したような山です


スポンサーサイト
2013-04-27 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。