素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

明るさとランタイム(持続時間)

小生が所有する多数のライトでその中核をなすのが1AA、2AAの
単三電池を使用するものです。
参考のため以下に小生が今までライトを購入した時の値段と明るさ、ランタイムの
目安を記載します

※モードとは: 普通タクティカルなライトには3段階の明るさを任意に選択できる機能があります
  さらにモデルによってはSOSモード点滅があるものもあります
  Lowモードにすると暗くなる分ランタイムを長くすることが出来ます

Akarusa-2.jpg

1AAと2AAで値段の違いはほとんどありません
見ると分かるように、1AAと2AAの違いは電池の容量によるランタイムの増加と言うよりも
Hiモード時の明るさの向上に向けられていることが分かると思います
もちろんランタイムも伸びていますが、1AAから2AAで単純に電流が倍だから
ランタイムも倍と言うわけではないようです
先にタクティカルライトには3種類のモードがあると記述しましたが、モノによっては
別にTurboモードといってブーストモード機能があるモデルがあり、これはランタイムは短くなりますが
Hiモードの約1.5~2倍ほどの明るさを出すことが可能です

またLowモードの他にMost-LowというLowよりもさらに小さい蛍の光ほどの明るさのモードを
備え100時間以上のランタイムを実現しているものもあります
Turboモードは短時間でも良いから兎に角明るさを確保したい場合、例えば夜間山中で
道迷いした時に一時的に出来るだけ遠くを照射してルートを確認したい
ケースなどに役に立ちます

逆にMost-Lowは地震で倒壊したビル内部の空間に取り残された場合などに、
救出を待つ数日間少ない光量ながらも連続して発光させることが可能になります
人間は完全な暗闇に長時間おかれると「ブラック・アウト」して己の存在が
認識できずに生きているのかも感覚的に分からなくなり時には錯乱状態になることも
珍しくありません。そういったケースではこのMost-Lowモードが命を繋ぐ光となります。

被災し助けを待ち救助されるまでのデッドラインは72時間と言われています
それと照らし合わせると100時間以上の照射時間は十分なランタイムと言えます
ただしこれは電池が新品の場合です、予備の新品電池も常にセットで
持ち歩くようにすると安心です


※表の左上の1Aとあるのは1AAの記載間違いです



スポンサーサイト
2012-09-30 : ライトの基礎知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。