素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

単体露出計での試み

現代(いま)のデジタル世代は一眼レフ使いといえども、露出の決定には
カメラ任せの絞りやシャッター優先AEを使い、とりあえず撮影してみて
背面モニタで結果を確認した後、必要に応じて露出補正をするやり方が
一般的かもしれないが、一昔前の銀塩マニュアルカメラでは内蔵露出計の
結果と己の経験から露出を決定していた

しかし内蔵露出計が算出する値はメーカーどころか同じモデルであっても
個々に微妙に違うため、数種類のカメラを使う人間にとってはカメラの内蔵露出計に
頼る撮影方法では結果にバラツキが発生した
そこで数種類のカメラを使用しても結果を安定させるため、露出の決定には
手持ちの露出計に一本化する事とした
これをカメラの内蔵露出計と区別して「単体露出計」と呼んだ

L508 hoji
        単体露出計 SEKONIC L-508 ZOOM MASTER


デジタル時代になっても単体露出計の重要性に変わりは無い
(使っている人は確実に少ないだろうが)

注意せねばならないのは、いくら単体露出計といえども「適正露出」を
導き出してくれる訳ではない。
あくまで計測した部位の露出値が算出されるだけ、撮影者にとっての
「適正露出」とは別の話である

・・・


さてライトの明るさの計測には通常は照度計(ルクスメーター)を使うが
その道の職業に就いてでもいなければ、一般人が所有するものではない

そこで前述の単体露出計である

tanntairosyutsukei.jpg
                所有する単体露出計


単体露出計も明るさを計測する機器には変わりない
ライトの明るさと言うのは官能的なものが重要で、数値として把握するのが
果たして意味があるのかは分からないが、とにかく実験的にやってみた
使用したのは写真左の SEKONIC L-508 ZOOM MASTERです

テストしたのはSUNWAYMAN M40A
別にどんなライトでも良かったが、Low・Med・Hiで明るさの違いが大きい方が
結果も判断し易いと思ったからである


・テスト方法

距離1mから白い壁に向け照射し、中心光の明るさを単体露出計の入射光式にて計測する

L508 test
                   テスト風景

結果は以下になった

L508 kekka


写真に興味の無い人のために説明すると、明るい屋内がEv7~9くらいで
夏の屋外がEv14~16程度、Evが1違うと明るさは2倍(もしくは1/2)で
2違うと4倍、3違うと2倍×2×2で8倍の違いがある

カタログスペックを信頼するとM40Aのルーメン値はLow 35 、Med 200、Hi 645 となっている
Lowに対してMedは5.71倍、Medに対してHiは3.22倍のルーメン比となっている

単体露出計でのテスト結果では、Ev値の小数点は切り捨てると、Low:Med = 1:4
Med:Hi = 1:4 という結果だ

Low-Medはスペック上のlm値とは少し開きがあるが、Med-Hiには大きな違いはない。
もともとルーメン値とEv値を比較することに無理があるのかも知れないが、
単体露出計の精度自体は信頼できるので、壁に当たる光の強さについては
テスト結果の通りだと思う


まがりなりにも明るさを数値として出力する事ができたので
フラッシュライトのランタイムテストと並行して、照度の減衰を計測するのに
参考程度ながら利用できるかもしれないな


スポンサーサイト
2013-07-08 : 関連アクセサリー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。